IT未経験からセキュリティエンジニアへの転職

IT業界未経験でもサイバーセキュリティエンジニアに転職できる?

IT未経験からセキュリティエンジニアへの転職

政府にデジタル庁が新設されていますが、IT人材が不足している状況のためIT人材の需要が高まっています。

政府が今後、特に力を入れていきたいと考えているIT分野は、AIとサイバーセキュリティの2つです。

しかし、この2つの分野は特に需要があるにも関わらず人材は不足しており、人材の取り合いが発生しているのが現状です。

そのため、サイバーセキュリティ関連の業務経験が3年程度ある方に関しては、200万程度の年収アップが見込めるという情報もあります。(転職エージェントの方から聞いた話です。)

サイバーセキュリティ人材は、今後さらに人材不足が深刻化するため、年収アップできる分野になると転職業界で予想されているみたいですね。

本記事にては、サイバーセキュリティエンジニアに転職するためにはどうしたらいいかをIT業界経験者と未経験者に分けて紹介します。

IT経験者がセキュリティエンジニアに転職する場合

セキュリティエンジニアへの転職

SIer、サーバー管理者、ネットワークエンジニアなどIT業界を経験されていた方に関しては、セキュリティエンジニアの求人はたくさんあります。

サイバーセキュリティの業務経験が無くても、セキュリティに関してある程度の知識があれば全く問題ありません。
(ある程度の知識とは、情報処理安全確保支援士の午前Ⅱ試験に受かるレベルを意味します。)

例えば、システムの開発経験がある方の場合は、以下のような求人があります。

サイバーセキュリティの求人
引用元:doda

経験があると言えるのは、大体3年以上の業務経験があることが条件になっている求人が多いです。

きちんと集計したわけではないですが、9割以上の求人では上記のようになっている感触があります。

また、システム開発の経験が無くても、IT分野に関して何か得意な分野がある方に関しては以下のような求人もあります。

セキュリティエンジニアの求人2
引用元:doda

必須条件に色々挙げられていますが、2個以上当てはまる項目があれば受かる見込みがあると考えていいです。

IT分野の業務経験がある方に関しては、以下の質問を深堀されても答えられるように準備しておけばそこまで苦労せずに転職出来ます。

・なぜセキュリティエンジニアになりたいと考えたのか?
・セキュリティの技術を学び続けることが出来るのか?

IT未経験者がセキュリティエンジニアに転職する場合

IT未経験からセキュリティエンジニアへの転職

一方、IT未経験者がセキュリティエンジニアに転職するには、かなり大変です。

結論から申し上げますと、IT未経験からいきなりセキュリティエンジニアとして転職することは可能です。

今後、他の記事で紹介しようと考えていますが、私もIT未経験からセキュリティエンジニアへの転職を成功させることが出来ました。

しかし、転職の難易度は高いので、入念な準備が必要になります。

入念な準備とは、主に以下の2つです。

  1. セキュリティの知識だけでなくITの基本的な知識の取得
  2. これまでの業務経験からセキュリティエンジニアの業務に活かせる能力を抽出

「①セキュリティの知識だけでなくITの基本的な知識の取得」に関しては、知識を持っている事の証明として、資格取得がオススメです。

例えば、IPAの基本情報技術者試験/情報処理安全確保支援士試験やベンダー資格のLPIC、CCNAなどが挙げられます。

この中でも特に重要なのが、LPICとCCNAです。

その理由は、この2つを取得していれば、即戦力としての業務を出来る可能性が高いと企業に考えられているからです。

転職エージェントの方に相談した際にも、LPICとCCNAがあれば未経験でもセキュリティエンジニアに転職できる可能性がかなり上がると仰っていました。

LPIC(レベル1~3まである)は最低でもレベル1を取得しておくことをオススメします。

「②これまでの業務経験からセキュリティエンジニアの業務に活かせる能力を抽出」に関しては、求人内容を確認すると分かるのですが、多くの求人はセキュリティエンジニアに以下の能力を求めています。

(1)継続して技術を習得できる能力
(2)コミュニケーション能力(部門間折衝、調整など)
(3)英語力
(4)文章作成能力
(5)調査力
(6)問題解決能力

上記6つの能力をアピールできる経験があれば完璧ですが、アピールできる能力は2~3個あれば問題ないです。

業務経験から能力アピールに繋げることが出来るのが一番ですが、日常生活からアピールする方法もあります。

例えば、「(1)継続して技術を習得できる能力」をアピールしたいのであれば、業務終わりに資格取得の勉強を1年続けていたなどでも大丈夫です。

アピールする際は苦労したことや工夫したことをエピソード形式で伝えると、面接官もイメージが湧きやすくなり説得感のある説明になります。

エピソード形式で伝えると説得性が増すということは様々な研究で立証されており、ストーリーテリングと呼ばれています。

面接が苦手という方は、ストーリーテリングを試して欲しいです。

面接の通過率がかなり上がりますよ!

まとめ

サイバーセキュリティ転職

サイバーセキュリティエンジニアに転職を考えているのであれば、色々な求人を見て自分に合いそうか確認することをまずはやっていただきたいです。

サイバーセキュリティに憧れて入社したが、実際にやってみて自分に合わなかったという方もいらっしゃるためです。

しかし、あなたも応募できそうな求人条件を見つけることが出来ても、実は未経験不可という求人もたくさんあります。

そのため、転職エージェントへの登録をオススメします。

転職エージェントの方は企業の本音を知っているため、この企業は(あなたの条件では確実に落とされるので)応募できないなど裏情報をしっかり教えてくれます。

また、転職エージェントに登録すると転職しないといけないと考える方がたくさんいらっしゃいますが、実はそれは間違った情報です。

「転職する気は今は無いが、自分とは異なる業界も見ておきたい」という方や、「求人内容で条件が良さそうなものがあれば転職したい」という方など様々いらっしゃいます。

転職エージェントに登録して今の会社と他の会社を比較することで、今の会社に居続けるという決断をした方もいます。

その方にお話を伺うと、今の会社に居続けて頑張るという決意が出来て、以前よりも仕事に集中出来るようになったそうです。

そのため、転職に少しでも興味がある方や今の仕事を続けるべきか迷っている方は転職エージェントに登録することをオススメします。

私が転職時に使用して友達にも紹介したい転職エージェントは、dodaです。

dodaは中小企業から大企業まで幅広く案件を扱っており、無料でキャリアプラン相談や面接対策などのセミナー受講も出来ますので、登録だけでもしておくことをオススメします。

IT未経験からセキュリティエンジニアへの転職
最新情報をチェックしよう!