転職してよかったかどうか

就活は失敗したけど未経験からIT転職した20代女性の体験談

転職してよかったかどうか

IT業界は20代だと未経験でも転職することは他の年代に比べると、はるかに簡単で求人も多いです。

今回は、20代の大卒女性の転職体験談を紹介します。

大学時代の就活は大失敗

就職活動に失敗

転職する前の私の状態を簡単に紹介します。

20代後半の女性です。

四年制大学(理系、私立、工学系ではない)を卒業しました。

研究室や転職前の仕事で忙しかったこともあり、プログラミングについての学習は最低限(テキストを読む、ITパスポートの取得など)大学時代からIT関係の仕事を志しており、将来的にはプログラミングや設計に携わることのできるシステムエンジニアを目指しておりました。

そのため、新卒の就職活動の際もシステム系(ユーザー系、メーカー系)を中心に就職活動を行っておりましたが、見事に失敗しました。

そのため、何とか残っていた求人だった、実家の近くの接客業(飲食系)の内定を獲得し、就職に至りました。

未経験なのにIT業界に転職しようと考えたきっかけ

未経験なのにIT業界に転職しようと考えたきっかけ

自分自身、接客業の安定しないシフトの中での再就職は厳しいかな…と考えていましたが、自分の中で煮え切らない感情が強くありました。

自分自身、人と接することと比べると何か物を作ったり、それをよりよくするためにどのようにしていくのがいいのか考えることが好きな方でした。

そのため、接客業で人と接したり、クレーム対応などで頭を下げたりを繰り返しているうちに、自分の本当にやりたいことは何だったのか考える機会が増え始めました。

そうしているうちに、自分の中でこんな思いが徐々に強くなり始めました。

「やっぱりIT業界に行きたい」

「プログラミングをやりたい」

「ものづくりをしたい」

何より、「訳の分からないクレームで文句付けられるならまだ好きな仕事がいい」

そう思ったことをきっかけに就職活動を開始しました。

転職の際に重視したこと

転職活動の際は以下のような点を重視して就職活動を再開しました。

1.未経験歓迎、サポート体制がある

未経験歓迎、サポート体制がある

自分自身、実質未経験からのスタートだったこともあり、就職してからしっかりとプログラミングについてなど指導をしてくれる体制が整っている会社を最も大切な条件にしました。

初めての就職活動の際は、「メーカー系・ユーザー系はホワイトが多い」というネットなどの情報に流されて、独立系の企業の面接をほぼ受けに行かなかったため、〇〇系は気にしないで口コミなどを基に初心者にも丁寧な指導をしてくださる会社を探しました。

2.週休二日制、シフトが固定

週休二日制、シフトが固定

前職ではシフトが不安定なこともあり、時にはバイトが来なかったために自分が出勤するということも多かったため安定した勤務が可能な会社を条件としました。

転職活動の際に苦労したこと

転職活動の際に苦労したこと

やはり一番大きかったのは「未経験」であるということでした。

せめて、前職が少しでもパソコンなどが絡んでいる仕事である、基本情報や応用情報などのかなり比重の大きめな資格を持っている、大学が工学部…一切そのような売り出しポイントがなかったのです。

そのため、自分で我武者羅に求人を探すことは無理だと思い、転職をサポートしてくれるサービスを探しました。

私の場合は、「doda」です。

dodaを選んだメリット、デメリット

dodaのロゴ引用元:doda

利用して感じたメリットは以下の通りです。

 

・ITやWeb関係、20代をターゲットとした求人が多い

自分自身の現状を踏まえたうえで、理想的な求人が一番多かったというのが最大の理由です。

自分自身に合った求人を回してやすそうだと思ってdodaを選びました。

求人自体が豊富なこともあり、上記のような求人も相対的に多いのだと思います。

…が、実際上記のような求人自体はかなり多く、自分自身選択肢がかなり豊富だと感じました。

ただ、自分だけだと何を選べばいいかわからない…という方向けに2つ目のメリットを紹介します。

 

・キャリアカウンセラーの方が丁寧なアドバイス等をくれた

前職のことやプログラミング未経験のことを素直に伝えると、過去の実績などを基に自分のような未経験の人が就職して、あまり辞めていないかつ積極的に採用してくれる企業の求人を選んでくれました。

現職(独立系、転勤なし、ITエンジニア)の求人もその方に選んでいただきました。

また、IT業界であろうと大切なものはコミュニケーション能力であるため、前職で培ったコミュニケーション能力を押していくといいなど、面接や履歴書などのアドバイスも色々としてもらえました。

 

一方で、デメリットもありました。

 

・IT業界以外の求人紹介メールが多い

とにかく、関係のない求人情報がとにかく多いです。時々いいかな?と思うものもあるのですが、9割程度は関心のないものでした。

メールが来ないように設定すればいいので、その点について大きなデメリットにはなりませんでしたが、ちょっともやっとしたので…。

転職してよかったかどうか

転職してよかったかどうか

転職して、勿論、よかったと感じています。

3か月程度かけて丁寧な研修を実施していただいたうえで、希望通りプログラミングが行える部署に配属をしていただけました。

今はまだプログラミングやテストなどの下流工程がメインですが、それでも毎日が楽しいです。

前職ではそんなに考えたり調べたりするような仕事はできなかったので。

自分で考えて、分からないことを調べて、コーディングができる。

…それがとても嬉しいですし、楽しいです。

これからも技術を高めて、今後は上流工程に携われるように頑張っていきたいです。

まとめ

転職まとめ

就活が上手くいかず望む通りの企業に行けなかったとしても、転職して希望を叶えた人は私の周りにもたくさんいます。

20代であれば未経験でも転職は他の年代よりも容易に出来ます。

他の年代よりも簡単なのですが、転職をするにはある程度準備をしないと残念な結果になります。

そのため転職エージェントとタッグを組んで、しっかりと準備をすることが大切です。

転職エージェントdodaでは、中小企業から大企業まで扱っており、有料で情報を発信している有名講師のセミナーを無料で受講できます。

後悔しない転職をしたくない方は、dodaを利用してみて下さい。

丁寧な転職コンサルタントが優しく対応してくれますよ!

転職してよかったかどうか
最新情報をチェックしよう!