コロナ太りを解消するために辛いダイエットを決意しジムに通って成功した体験談

コロナ太りを解消するために辛いダイエットを決意しジムに通って成功した体験談

コロナ太りを解消するために辛いダイエットを決意しジムに通って成功した体験談

今回はコロナの影響で1年半運動不足が続いて、コロナ太りをした方のダイエット体験談を紹介します。

一生この体形は嫌だと思い色々な辛い方法を試した結果、何が一番効果的だったのでしょうか?

辛いけどダイエットを決めた理由

約1年半前、コロナの影響で家にいることが増え、ふと鏡を見た時、あれ?自分ってこんな体してたっけ?って驚愕しました。

今まで自分の体に対してなにも考えたことがなく、むしろ良い体をしている方だとすら思っていたくらいでした。

学生時代は野球をしていたので毎日体を動かしていたし、勝手に体も絞れていたので食生活も気にしたことないし、筋トレもしたことなかった。

練習での筋トレは軽くやっていたのだが、筋トレは私にとって一番嫌いなメニューと言って良いほどの行為でした。

そんな体に関して何も考えたことがないこんな私が一念発起し生まれて初めてのダイエットに挑戦することになりました。

一生辛いのは嫌なのでダイエットを開始

一生辛い人生を過ごすために試したダイエット方法①食事制限

今までの私の人生の中で継続ができたことが一つもなかったので、今回もどうせすぐに終わってしまうのだろう。

と初めは思ったのですが、こんな自分を変えたくてまずは少しずつでいいから食事を見直していきました。

一気に変えようとするから継続できないけど少しずつなら体も慣れていき自ずと習慣化されていくので結果的にその方がいいことに気づきました。

初めは食事だけ変えていったのですが、いろいろ調べていくと、ダイエットにおいて効率的なのは体を鍛えて基礎代謝をあげることということを知りました。

一生辛い人生を過ごすために試したダイエット方法②筋トレ

それから今まで大嫌いだった筋トレを始めることにしました。

筋トレも初めは公園の鉄棒で懸垂を一回出来るかできないか程度の筋力で、一回を3セットくらいしかできず終わっていました。

しかしそれでは体に何も変化を与えれていないのでとにかく毎日行うようにしました。

昨日の自分を超えるためにとにかく毎日することを日課にしました。

仕事終わりは必ず公園により鉄棒を握る。それを習慣づけることに成功しました。

そうすることで今日も公園に来たんだしどうせならもう1セットしよう、もう一回しておこうとか思うようになり、少ない回数では物足りなくなっていきました。

懸垂を始めて1ヶ月で10回連続でできるようになり、自分もこんなに出来るようになるんだとすごく喜んだ記憶があります。

一生辛い人生を過ごすために試したダイエット方法③マインドコントロール

そして体も徐々に変化してきて、懸垂の数も増えていき、もっと色んなところを鍛えたいという欲求が私の脳裏を巡りました。

人間は本当によく深い生き物ですね。キリがない。

まだいける、もっと良くなりたい、というふうに思うようになるんですね。自分自身のマインドコントロールに成功。

家での自重トレーニングも考えたのですが、自分は己に甘いため家では継続できない気がしたのでジムに行ってみようという選択肢が生まれました。

今までジムに行った経験もなかったのでどんなジムがあって、ジムの相場はいくらとか、器具やトレーニング方法も何もかもしらなっかたので一歩踏み出す勇気が出ませんでした。

一生辛い人生を過ごすために試したダイエット方法③ジム通い

しかし、それはつい前までの私であって、今の私は一歩踏み出しさえすればこんな自分でも少しは変われるということを覚えたので、まずは市が運営しているジムに
いくことにしました。

今ではYouTubeとかネット環境もとても整っているので調べればすぐに出てくるので本当に便利な世の中になったなと思いながら、YouTubeを見ながらジムで筋トレを
はじめました。

まずはマシーンからやって10回出来るくらいの重量を3セットでやっていたのですがすごくきつくて辛い思いしながらもなんとか体全身を鍛えました。

次の日全身筋肉痛でこんなにきついんだと思ったのですが、なぜか体が勝手にジムの方に向かっていました。これだけきつくて辛いことでもやればやるだけ体が変わるということに気づいてしまった私は、きついことが気持ちよくなってしまい、毎日のように筋トレをするようになりました。

生活の一部が筋トレに変わり、そうすることで食生活も健康志向になり、そして普段の生活での無駄な時間も無くなっていきました。

無駄な時間というのは何も目的もなくただ携帯を見たりテレビを見たりする時間のことです。

体を鍛えるにおいて必要なことは時間管理で、体のケアも大事です。

筋トレをこの時間から試合といけないからそれまでに用事を済ましておこうとか、筋肉の回復にこれだけかかるから、この時間までには寝よう。

というふうになるので筋トレをすることによって時間が生まれることにも気づきました。

一生辛いのは嫌と思って頑張るとダイエット大成功

そうこうしているうちに私の体は変わっていき、体重も80キロから70キロまで落ちました。

自分でも驚いたし、私でもやればできるんだという自信がすごく生まれました。

筋トレをすることによっ私は自分のことが前よりも好きになったし、小さな成功体験を得れたことで何をするにも挑戦するようになったし、はじめの一歩を踏み出すのも怖くなくなりました。

仕事でもチャレンジするようになり、明るい性格にもなりました。

筋トレに出会ったことで人生が好転しました。

ダイエットを目的で始めた筋トレでしたが今では体をどうでかくしていこうかとも思っています。筋トレに取り憑かれてしまいました。

ダイエットが目的じゃなくても筋トレは全自類にお勧めしたいと思います。

そして自分一人で家でやるよりジムに行ってやった方が絶対にいいし、もしくはプロに教えてもらいながら筋トレをするのが一番いい方法だと思います。

結局人間は弱い生き物で、意志も弱い。

それを理解すれば人に頼ることは何も間違えじゃないしむしろ、その方が理にかなっている。

最短でいい結果に結びつけられるから絶対ジムがいいし、パーソナリティがもっといい。と私は考えます。

筋トレに出会い、ジムに通うと決めたあの時の自分を褒めてあげたいし、これからもどんどんジムでバーベルを上げていこうと思います。

ジムは大人の遊園地。

 

コロナ太りを解消するために辛いダイエットを決意しジムに通って成功した体験談
最新情報をチェックしよう!