ボイトレの効果を最大限に引き出す

ボイトレの練習曲でおすすめはどれ?自分に合った曲の探し方は?

ボイトレの効果を最大限に引き出す

ボイトレの練習曲で悩んでいる人はたくさんいるでしょう。
自分に合っていない練習曲を選んでしまうと、ボイトレの効果を最大限に発揮することができず、挫折してしまう可能性が高くなります。

そこでこの記事では、ボイトレの練習曲でおすすめはどれなのか、自分に合った曲を探す方法はあるのかということについて、詳しく解説していきます。

ボイトレの練習曲ってどうやって探せばいいの?

ボイトレの練習曲ってどうやって探せばいいの

では早速、ボイトレの練習曲の正しい探し方について、詳しく解説していきます。

自分の音域に合った曲

ボイトレの練習曲を探す時には、自分の音域に合った曲を選ぶことが大切です。
自分の音域に合っていない曲を選んでしまうと、どれだけ頑張っても上手に歌うことができなくなってしまいますし、自分の課題を解決すること自体も難しくなってしまいます。

そのため、練習曲を選ぶ前に、まずは自分の音域を確かめるところから始めることが大切です。

歌いやすい曲

次はシンプルに歌いやすい曲です。
難易度が高い曲を選んでしまうと、上手に歌うことだけを意識してしまうようになりますので、中々細かい部分にまで意識が届かなくなってしまうのです。

そのため、初心者でも比較的簡単に歌えるような難易度の低い曲を選曲してみることをおすすめします。

メロディが複雑でない曲

メロディが複雑な曲を選んでしまうと、音程を掴むことができず、ボイトレの練習どころではなくなってしまうことがあります。
そのため、最初はメロディができるだけ一定で音程の差があまりない曲を選ぶようにしましょう。

女性におすすめのボイトレ曲とは?

女性におすすめのボイトレ曲とは

次に、女性におすすめのボイトレ曲をいくつか紹介していきます。

AKB48 365日の紙飛行機

この曲は合唱曲としても採用されていて、初心者でも比較的簡単に歌いきることができます。
キー自体もそこまで高くないため、高音が出せずに苦戦している人でも安心して練習することができるでしょう。
この曲を練習曲として選ぶ場合は、
「笑顔でいられるように」
という歌詞のところで抑揚をつけながら歌ってみると、より高い練習効果を得ることができますので、意識してみてください。

アンジェラ・アキ 手紙

「手紙」という曲は、NHKの合唱コンクール課題曲として設定されるなど、かなりの人気度を誇っています。
この曲は、
「今負けそうで、泣きそうで」
という歌詞のところで、一気に音程が低くなりますので、練習を繰り返すことでピッチコントロールのスキルを高めることができるでしょう。

綾香 三日月

ボイトレの効果を発揮するためには、歌唱力だけではなく、表現力を身に着けることも大切です。
表現力を身に着けたいと思っているのであれば、綾香の三日月を練習曲に設定してみましょう。

この曲は、音程の差がかなり激しく、裏声を使う部分などもありますので、ボイトレのレベルを1ランク上げたいと思っている人におすすめできます。

男性におすすめのボイトレ曲とは?

男性におすすめのボイトレ曲とは

次に、男性におすすめのボイトレ曲をいくつか紹介していきます。

英人 香水

まずは少し前に流行った、英人の香水という曲です。
この曲は思っているよりもキーが高くなく、初心者でも簡単に歌いきることができます。
また、喉を開く練習にもなりますし、リズムキープ力を鍛えることもできますので、これからボイトレデビューをするのであれば、まずはこの曲から挑戦してみましょう。

MONGOL800 あなたに

この曲は、若干キーが高いところもあり、若干歌いきるのに苦労する人もいます。
ただ、複数回練習することで、喉を開きながら高音を出せるようになりますので、あきらめずに挑戦してみてください。

サビの部分は更に高音になりますが、できるだけ裏声を使わずに歌いきってみましょう。

スピッツ ロビンソン

最後は比較的難易度の高い、スピッツのロビンソンという曲です。
この曲を歌ったことがある人ならわかると思いますが、キーがかなり高いです。
そのため、ボイトレをしている人の登竜門として知られていて、この曲を完璧に歌いきることができれば、ボイトレのレベルが一気に向上するとまで言われています。

この曲を完璧に歌いきるためには、ボイトレの基礎をすべてマスターする必要があり、尚且つミックスボイスを使いこなすことも大切になりますので、練習が必要です。
いきなりこの曲に挑戦するのは無理がありますが、少しずつボイトレに慣れてきたら一度歌ってみるといいかもしれません。

まとめ

ボイトレの効果を最大限に引き出す

ボイトレの効果を最大限に引き出すためには、練習曲の選び方が物凄く大切になってきます。
練習曲のチョイスをミスってしまうと、それだけでボイトレの効果発揮スピードが遅くなってしまうのです。

そのため、どの曲を選べばいいかわからないという人は、今回紹介したことを参考にしながら自分にぴったりの練習曲を見つけてみてください。
また、自分のレベルが向上すると同時に、少しずつ練習曲のレベルを上げていくことも、ボイトレ上達の秘訣と言えるでしょう。

ボイトレの効果を最大限に引き出す
最新情報をチェックしよう!