自宅でボイトレをしてしまうと、どうしても騒音問題

ボイトレに最適な場所ってどこ?周りに迷惑をかけずに練習するには?

自宅でボイトレをしてしまうと、どうしても騒音問題

ボイトレに挑戦したいと思っている人の中には、
「自宅だと迷惑がかかるしな・・・」
と、人に迷惑が掛からない練習場所を探している人もいるでしょう。

そこでこの記事では、スタジオ以外で練習に最適な場所について、詳しく解説していきます。

ボイトレをする時に覚えておくべきこと

ボイトレをする時に覚えておくべきこと

まずはボイトレを行う時に覚えておくべきことから、詳しく見ていきましょう。

声のボリュームを抑えてしまうと効果が出ないこともある

自宅でボイトレを行う場合、周りへの迷惑を考えて声のボリュームを下げることがあるでしょう。
ただ、ボイトレというのは、しっかりと声を出して練習をしないと効果が出なくなってしまうことがあります。
この記事を見ている人の中で、
「ボイトレの効果があまり出ないな」
と思っている人がいるのであれば、それは周りを気にして声のボリュームを抑えているからかもしれません。

周りに気を使ってしまい、練習に集中できないこともある

自宅で練習を行う場合、迷惑をかけてしまうかもという気持ちを持つと同時に、「恥ずかしい」と思ってしまいやすいです。
確かに、家族と同居している中で大きな声で歌うのはかなり恥ずかしいですよね。

ただ、この恥ずかしいという気持ちも、ボイトレの効果を半減させてしまうのです。

遠慮なくボイトレができる場所って一体どこ?

遠慮なくボイトレができる場所

では、遠慮なくボイトレができる場所は、スタジオ以外にあるのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

自分の車の中でボイトレを行えば、周りに迷惑をかけることなく練習ができます。
車の中であればオーディオをかけながら練習することができるため、練習環境としても最適といえるのです。

ただし、車の中で練習をする場合、人気が多いと注目の的になってしまいますので、駐車場などに移動してから行うと良いでしょう。

周りに人家の無い公園

都心部ではあまり見つけることができませんが、周りに人家がない公園などで練習をしてみることもおすすめです。
そうすることで、周りの目を気にせず、周りに迷惑をかけることなく練習を行うことができるのです。

ただし、100%人が来ない公園を見つけることは中々難しいと思いますので、なさそうな場合は別の練習場所を探しましょう。

高架下

高架下や、高速道路の下で練習をするのもおすすめです。
このような場所は、常に乗り物の音などが響いていますので、多少声を出したところで周りへの迷惑にはならないのです。

お風呂(一軒家向け)

一軒家に住んでいる場合は、お風呂で練習をしてみることもおすすめです。
お風呂で練習をすることで、自分の声をしっかりと聴きとることができますので、効率的に練習を行うことができるでしょう。

ただし、家に人がいる場合は声が聞こえてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

田舎に住んでいる場合、山に行って練習をするというのもおすすめです。
山であれば、周りへの迷惑を考えることなく、思い切りボイトレを行うことができます。

カラオケ

最後はカラオケです。
カラオケというのは、そもそも歌を歌う場所ですので、どれだけ大きな声で歌っても怒られることはありません。
また、飲み物や食べ物も用意されていますので、一日中練習をすることも可能になるのです。

やむを得ず自宅で練習する場合の防音対策

遠慮なくボイトレができる場所

次に、やむを得ず自宅でボイトレを行う場合の防音対策について、詳しく解説していきます。

防音カーテン

自宅でボイトレを行う機会が多い場合は、防音カーテンを取り付けてみることをおすすめします。
防音カーテンをつければ、声が外に漏れてしまうことを防げますので、迷惑をかけずに練習できるでしょう。

防音シート

床に防音シートを引くことで、できる限り音を外部に漏らさずに練習をすることができます。
特に階下に人が住んでいる場合は、カーテンや壁への対策だけではなく、床下への対策も忘れずに行いましょう。

防音グッズ

最後は防音グッズです。
自宅でボイトレをする人用に、防音機能を備えたボイトレグッズが多数販売されています。
このようなグッズを使ってボイトレをすることで、思い切り声を出しながらボイトレを行うことが可能になるのです。

また、値段も数千円と手ごろですので、自宅でボイトレをする機会が多いのであれば、是非活用してみることをおすすめします。

まとめ

自宅でボイトレをしてしまうと、どうしても騒音問題

自宅でボイトレをしてしまうと、どうしても騒音問題に気を遣わなければなりませんし、恥ずかしいという気持ちを持ちながら練習することになります。
しかし、このような気持ちを抱えながら練習をすると、ボイトレに集中することができなくなってしまうため、効果が出にくくなってしまうことがあるのです。

そのため、余計なことを考えずに練習を行うためにも、今回紹介した場所に移動して練習してみることをおすすめします。
どうしても自宅で練習したいという場合には、防音対策をしっかりと行っておきましょう。

自宅でボイトレをしてしまうと、どうしても騒音問題
最新情報をチェックしよう!