ボイトレは毎日やってもいいの

ボイトレは毎日やっていいの?喉の負担が少ないボイトレメニューとは?

ボイトレは毎日やってもいいの

ボイトレに挑戦している人の中には、
「毎日やってもいいのかな?」
という疑問を抱えている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、ボイトレは毎日行ってもいいのか、喉の負担が少ないトレーニングはどれなのかということについて、詳しく解説していきます。

ボイトレは毎日やってもいいの?

ボイトレは毎日やってもいいの

結論から言ってしまうと、ボイトレは毎日行っても問題ありません。
ただし、喉に負担をかけないようにすることが大切です。

毎日無理をしながらボイトレを行ってしまうと、喉に負担がかかってしまい、声が出なくなってしまう可能性があるのです。
そうなってしまうと、ボイトレの効果を最大限に引き出すことができず、本末転倒になってしまいますので注意しましょう。

毎日できるボイトレメニューって一体何?

毎日できるボイトレメニューって一体何

では、喉に負担をかけず毎日行えるボイトレメニューとは一体何なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

腹式呼吸

腹式呼吸はボイトレの基礎となり、これがマスターできていないとその先の効果を得ることはできません。
腹式呼吸は喉に負担をかけることなく行えるため、毎日やっても全く問題ないのです。

具体的な練習法にはいくつかの種類があるのですが、最もポピュラーなのは、数秒間で息を吸い、数秒間止めて、数秒間で出すという方法です。

少しずつ秒数を上げていくことで、レベルの高い腹式呼吸がマスターできるようになりますので、毎日練習してみると良いでしょう。

リズム練習

リズム練習も喉に負担をかけることなく毎日行うことができます。
具体的な方法は、曲のリズムだけに注目して、歌詞を言葉に出すのではなく、全て「タ」で歌っていきます。
始めのうちは変な感じがするかもしれませんが、やっていくうちにリズム感を鍛えることができますので、毎日のボイトレに取り入れてみてください。

ブレス

ブレスの練習も、喉を傷めずに毎日行うことができます。
方法も非常に簡単で、リラックスした状態で自然に息を吐きます。
そして、肺の酸素がすべてなくなったら、一瞬で息を吸い込むのです。

この練習を繰り返していくことで、一度に吸い込める息の量が増えるため、声量をキープできるようになるでしょう。

タングトリル

タングトリルというのは、下を回転させる練習法のことで、ウォーミンウアップに繋がります。
やり方は、下を口の中の上にあてて、そのまま息を流して回転させます。

スクールなどでやり方を習えば簡単なのですが、完全独学で始めようとするとかなり難しいため、無理をして毎日行う必要はありません。

リップロール

タングトリルと同じような効果を得られる練習方法として、「リップロール」があげられます。
リップロールというのは、口を閉じて息を吐き、唇を震わせるだけですので誰でも簡単に行うことができます。

ハミング

ハミングも、喉に負担をかけずに毎日行うことができます。
ハミングというのは口を閉じた状態で、鼻に息を通すような形で行っていきます。

中には、「ん」をイメージして行ってしまう人もいるのですが、場合によっては喉に変な力が入ってしまうことがありますので、「む」をイメージして行ってみると良いでしょう。

エッジボイス

声の響きを強化するエッジボイスという練習も毎日行うことができます。
やり方は、「あー」と言いながら、少しずつ音程を下げていきます。
「あー面倒くさい」
という時の「あー」をできるだけ伸ばして発生するイメージです。

この練習を行うことで、声を上手に響かせることができるようになりますので、歌唱力アップに繋がります。

毎日ボイトレをする時の注意点

毎日ボイトレをする時の注意点

最後に、毎日ボイトレを行うときの注意点について詳しく解説していきます。

喉のケアをしっかり行う

毎日ボイトレをする場合は、しっかりと喉のケアをすることが大切です。
こまめに水を飲んだり、のど飴をなめたりすることで、喉のダメージを軽減することができるため、毎日欠かさずケアを行うようにしましょう。

調子が悪いと思ったらその日は中止する

中には調子が悪いと感じても、そのままボイトレを継続してしまう人がいるのですが、無理して練習をしてもいいことは1つもありません。
そのため、少しでも喉に不調を感じた場合は、その日の練習をすぐに中止して安静にしておくことをおすすめします。

作業にしない

毎日ボイトレを行っていると、作業になってしまうことがあります。
毎日の習慣にすることはもちろん大切なのですが、作業にしてしまうと上達が止まってしまう可能性があるのです。

このようなことを避けるためにも、毎日の練習で目標を決めて、練習が終わった後はしっかりと振り返りをするようにしましょう。

まとめ

ボイトレは毎日実施して大丈夫

喉に負担をかけないボイトレであれば、毎日行っても問題ありません。
今回紹介したボイトレであれば、喉への負担を最小限に抑えることができますので、できるだけ早く歌唱力を上げたい人は試してみると良いでしょう。

ただし、毎日ボイトレをする場合は喉のケアが非常に大切ですので、水分を取ったり飴をなめたりしておくことをおすすめします。
少しでも調子が悪い場合は無理をする必要はありませんので、その日のボイトレは中止して、次の日に回しましょう。

ボイトレは毎日やってもいいの
最新情報をチェックしよう!