声のバリエーションを増やす

ボイトレ初心者必見!声には種類を知って効率的に練習しよう!

声のバリエーションを増やす

ボイトレに興味を持っている人、あるいはボイトレを始めてまだ日が経っていない人の中には、
「声にも種類があるの?」
という疑問を抱えている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、声にはどのような種類があるのか、声のバリエーションを今よりも増やしていくためには一体どうすればいいのかということについて、詳しく解説していきます。

声にはどんな種類があるの?

声にはどんな種類が

では早速、声にはどのような種類があるのかということについて、詳しく見ていきましょう。

チェストボイス

チェストボイスというのは、息の音が混ざらない地声のことを差します。
一度試してみるとわかりますが、特に何も意識せず声を出すと、胸のあたりが振動すると思います。
このようなことから、チェストボイスと名付けられるようになったのです。

チェストボイスをうまく使いこなすことができると、
・福山雅治 桜坂
・宇宙戦艦ヤマト
などを上手に歌えるようになります。

ヘッドボイス

ヘッドボイスというのは、裏声のことを差しますが、全ての裏声を指すわけではなく、「息の音が混ざらない」裏声のことを言います。
裏声を出してみるとわかりますが、頭が振動する感覚がありますよね。
このようなことから、ヘッドボイスと呼ばれているのです。

ヘッドボイスを身に着けることができると、余計なパワーを使うことなく綺麗な裏声が出せるようになりますので、歌える曲のバリエーションが増えていくでしょう。

ミックスボイス

ミックスボイスというのは、今紹介した地声と裏声を混ぜ合わせた声のことを差します。
わかりにくいかもしれませんが、地声の力強さと、裏声の綺麗な響きを上手に取り入れることができるため、かなり歌が上手に聞こえます。
秦基博やアンジェラアキなどはこのミックスボイスをかなり上手に使いこなしています。

ファルセットボイス

ファルセットボイスというのは、息の音が混ざった裏声のことを差し、息を大量に吐き出しながら出すという特徴があります。

また、レベルが上がってくると声帯をうまく活用しながらファルセットボイスが打設用になりますので、今紹介した声の種類と混ぜ合わせ、プロ歌手のような歌声を手に入れられるのです。

ハイトーンボイス

ハイトーンボイスはイメージがつく人もいると思いますが、伸びの良い高音のことを差します。
こう聞くと、
「裏声と同じ?」
と思ってしまう人もいるのですが、肺トーンボイスは裏声とは違って、鼻腔と頭部を振動させることによって綺麗な声を発するのです。

ハイトーンボイスというのは高音には向いていますが、低音の発声には向いていないという特徴がありますので覚えておいてください。

ホイッスルボイス

ホイッスルボイスもイメージがつきやすいと思いますが、笛のような高い声のことを差します。
わかりやすく言えば、
・マライアキャリー
・MISIA
などがホイッスルボイスの使い手です。

言い方は悪いかもしれませんが、ホイッスルボイスは奇声を発しているようにも聞こえるのですが、上手に使いこなすことができると、より上手に歌えるようになります。

ウィスパーボイス

ウィスパーボイスというのは、ささやくような優しい声を差し、息が漏れることが特徴的です。
ただ、ウィスパーボイスは若干マスターするのが難しく、発声方法と声の量のバランスを正しく掴むことが大切になってきます。

ハスキーボイス

ハスキーボイスはボイトレをしない人でも良く使う言葉ですが、しゃがれた感じの声を差します。
しゃがれ声と聞くと、ネガティブなイメージを持つ人がいるかもしれませんが、声帯の上手な閉じ方をマスターすることができれば、セクシーな雰囲気を与えることができるのです。

デスボイス

最後はデスボイスです。
これもかなりイメージしやすいと思いますが、ドスが利いたダミ声やがなり声のことを差します。
どちらかというと激しい曲に使われることが多く、
・怒り
・悲しみ
などを表現するときによく使われます。

声のバリエーションを増やすにはどうすればいい?

声のバリエーションを増やす

このように、声にはたくさんの種類があるのですが、それぞれの声を自分のものにするためには、ボイトレスクールに通って正しい方法で練習することが大切です。
独学でも習得できないことはないのですが、完全な素人では若干時間がかかってしまう可能性も高く、間違った方法で練習を続けてしまう可能性もあります。

そのため、声のバリエーションを増やしたいと思っているのであれば、知識と経験豊富な講師が在籍しているスクールに通ってみると良いでしょう。

まとめ

声には様々な種類があり、それぞれの声をマスターできる

声には様々な種類があり、それぞれの声をマスターできると、歌える曲の幅や表現力が格段に上がります。
とはいえ、中には習得が難しい声などもありますので、確実にマスターしたいと思っているのであれば、スクールに通って練習してみることをおすすめします。

スポンサーリンク
声のバリエーションを増やす
最新情報をチェックしよう!