0円スクールの適性検査とは

0円スクールに入塾するには面接や適性検査があります!

0円スクールの適性検査とは

0円スクールという無料のプログラミングがありますが、面接や適性検査があることをご存知でしたか?

本記事では、面接や適性検査の内容を紹介していきます。

0円スクールは無料プログラミングスクール

IPC Voice Studioとは?
引用元:0円スクール

近年完全無料でプログラミングを学ぶことができるスクール、0円スクールが非常に人気を集めています。

月会費が無料だけではなく、入会金や授業料等店テキスト代などもかからず、途中で退会した場合にも違約金などもかからず、完全に無料であることがわかります。

このスクールに入会するためには、18歳以上35歳以下であること、3ヶ月から1年以内にエンジニアに転職したいという意思がある人という条件がありますが、それ以外にも入会するにあたり面接と適性検査を受けなければなりません。

これに合格することができなければ入会することが難しいので、どのようなことが行われるのか、その内容や特徴についてしっかりと把握しておくことが求められます。

0円スクールの面接とは【無料だけど】

0円スクールの面接とは

0円スクールに入会を希望する場合には、説明会に参加し体験入学を行い、これに参加した当日にそのままの流れで面接と適性検査が行われる流れとなります。

どのようなことを聞かれるのかと気になる人も多いかもしれませんが、主に受講条件の確認を中心に質問されることになるでしょう。この受講条件の確認ですが、一番重要な部分はIT業界に就職や転職をする意思があるか、そして本気で学ぶ覚悟があるかどうかです。

面接で聞かれる内容として、必ず答えを用意しておきたいものがあります。

その一つがなぜこのスクールで学びたいと思ったのかという点です。

これは志望動機にも当たることであり、必ず聞かれると考えておきましょう。

素直に自分の考えを伝えたいのですが、この時に無料だから、エンジニアは稼げそうだからなどはあまり望ましいとは言えません。

あまりにも単純すぎるものであり、職業は金銭的な目的だけでは長続きしないのです。

プログラミングを学びたいと考えたきっかけを具体的に話した上で、その後0円スクールの特色に惹かれたことを付け加えれば完璧な答えになるでしょう。

この答えを考えるにあたり、まずは自分がプログラミングを学びたいと考えたきっかけを思い出してみましょう。

プログラマーはかっこいいと思ったのが理由なのであれば、なぜそのように思ったのか、何を見たのか、どのような部分がかっこいいのかなど自分の中で深く掘り下げていきます。

それを伝わる言葉で自分なりにまとめてみましょう。

そして二つ目に用意しておきたい答えは、実際に卒業した後にIT業界に就職する意思があるかどうかです。

これに関しても、プログラミングを学ぶ本気度を試す質問とも言えるでしょう。

場合によってはもっと深くまで質問をしてくる可能性もあり、0円スクールの運営会社であるブレーンナレッジシステムズに関連する企業に就職する気持ちはあるかどうかを聞いてくることもあります。

これに関しても、自分は本気で学ぶ意思があることをしっかりと伝えましょう。

本当にこのグループ企業に就職したいと言う考えがあればここで決意表明をするのも一つですが、まだ考えていないのであれば、調子の良い返答は避けたいところです。

例えば就職を目標にまずはプログラミングの知識をしっかりと学びたい、未経験の分野なので具体的な就職先は勉強しながら検討するなどのような答えが望ましいです。

そして三つ目は週に何回ぐらい通えるかという点です。

受講するにあたり、現在働いている会社の有給を使い通えば良いという気持ちでいては、到底長続きしないでしょう。

コースによっても異なりますが、0円スクールを卒業するまでの受講時間は、493時間ほどとされています。

これは公式ホームページにも書いてあり、現場で使えるような技術を習得するためには、週5日で3ヶ月間が目安となっています。

午前授業と午後授業の完全予約制であり、受講可能時間は9時半から18時半です。

基本的には週16時間以上が必要となっています。

なかには週に2回通学をしている人もいますが、これは週に2日ということになります。

これらを踏まえた上で、実際に自分がどれくらい通えるのか、その予定の回数を正直に答えることが望ましいです。

 

未経験からITエンジニアに就職したいなら、必要な勉強は以下。
1. CABなど適性検査の勉強
2. 基本情報技術者など資格の勉強
2はやる気がアピールできればよいので、「勉強中」でよい。ただし、基本情報取れてないのに、応用情報勉強してますはNG。基礎から勉強する姿勢をみせること。

— m(s)h@目指すは作業の鬼! (@stocktest1) October 10, 2021

0円スクールの適性検査とは【無料だけど】

0円スクールの適性検査とは

このように0円スクールに入学希望の場合には面接が必要であることがわかりましたが、それ以外にも適性検査も行われます。

具体的な適性検査の内容については、詳細は特に公表されていないので具体的には分かりません。

しかし学力検査を中心にしたものとは異なり、暗算や法則性、暗号などの分野による、論理的思考力を測るための問題が出題されると予測されます。

場合によっては、エンジニア養成コースなどで使われているCAB適性検査と似た内容なものである可能性も考えられるでしょう。

このように面接と適性検査が必要であるとわかりましたが、場合によっては不合格になってしまうこともあります。

このような場合には、再チャレンジも可能です。

不合格の理由は様々であり、適性検査が初めてでうまくできなかった、就職まで意志が固まっていなかったなどがあげられるでしょう。

状況が変わればもちろん合格も可能である為、スクールに通いたいという思いがあれば、是非とも再チャレンジをしてみましょう。

無料プログラミングスクール0円スクールのまとめ

まとめ

0円スクールには面接や適性検査があることが分かりましたが、面接ではやる気を伝えれば問題ないでしょうし、適性検査では常識レベルの問題が解ければ大丈夫です。

0円でプログラミングを学習できるのは、とても魅力的だと思うので興味がある方は是非説明会だけでも受講してみて下さい。

0円スクールの適性検査とは
最新情報をチェックしよう!