ITテクノロジー

プログラマーに転職をするために必要な勉強って一体何?

ITテクノロジー

プログラマーに転職をしたいと考えている人はたくさんいるでしょう。
しかし、ほとんどの人が、
・プログラミング=一部の天才しかできない仕事
・プログラミング=高難易度のスキル
というようなイメージを持っているはずです。

とはいえ、プログラミングというのは決して簡単ではありませんが、そこまで習得が難しいスキルではないのです。

そこでこの記事では、一般人がプログラマーに転職をするために必要になる勉強は何なのか、という事について詳しく解説していきます。

プログラマーに転職をするために必要な勉強とは?

プログラマーに転職をするためには、大きく分けると3つの知識をつけておく必要があります。
では、それぞれの知識について、詳しく見ていきましょう。

IT業界全般の知識

ITテクノロジー

まずは、IT業界全般の知識です。
プログラマーになるためには、プログラミングの知識だけあれば良いと思っている人もたくさんいますが、プログラミングの知識やスキルだけでは、仕事をこなしていくことが難しいです。

なぜなら、クライアントから依頼される案件をこなすためには、ウェブマーケティングを意識したコーディング、デザインに関する知識などが必要になるからです。

プログラミングの仕組み

プログラミングの仕組み

そして、プログラミングの仕組みを理解することも大切です。
プログラミングというのは、論理的な思考が大切になり、道筋を立ててコーディングをしていく必要があります。

そのため、プログラミングの仕組みを徹底的に理解していないと、順序だてて考えることもできなくなってしまいますし、論理的に考えることも難しくなってしまうのです。

プログラミング言語

プログラミング言語

更に、プログラミング言語についての理解も大切です。
プログラミング言語というのは、マイナーな物も合わせると大体200前後存在していると言われています。

それぞれの言語で作れるものや特徴が変わってきますので、まずは需要が高く習得難易度が低い言語を学習していくことがおすすめです。

そして、1つの言語を極めることができたら、そこで満足するのではなく、新しい言語に関する知識やスキルを習得して、自分の市場価値を高めていくと良いでしょう。

プログラミングの勉強を効率的に行う方法は?

プログラミングの勉強には、数千時間かかると思ってください。
これくらいの時間をかけなければ、前線で活躍するプログラマーのような優秀な人材になる事は難しいのです。

とはいえ、効率の悪い勉強方法を実践してしまっていると、人よりも多くの時間がかかってしまう事があります。
では、一体どうすれば効率的に学習を進めていくことができるのでしょうか。

未経験から企業に飛び込む

プログラミングを勉強するために未経験で転職した女性

まずは未経験から企業に飛び込むという方法です。
近年は、プログラマーの人手不足が加速しているため、未経験でもプログラマーとして雇い入れて、教育していこうとする企業が増えています。

このような企業に飛び込むことができれば、最初は慣れない環境に疲弊してしまうかもしれませんが、効率的にスキルを習得していくことができるようになるでしょう。

プログラミングスクールに通う

オンラインでプログラミングを勉強している様子

次は、プログラミングスクールに通うという方法です。
これはもっとも一般的な方法なのですが、効果は抜群です。

なぜなら、プログラミングスクールは、プログラミングを教えることをビジネスとしていますので、質の高いカリキュラム、講師を用意してくれているからです。
また、初心者をターゲットにしていることが多いため、わかりやすい授業を作ってくれています。

スクールに通うためには、当然授業料がかかります。
この授業料は決して安いわけではないのですが、得られる知識やスキル、その後のキャリアなどを考えると、一概に高いとは言えないのです。

プログラミングの勉強をしてから転職をするとどうなる?

プログラミングのスキルや知識がない状態で企業に飛び込むという方法もあるのですが、できるだけプログラミングスクールで勉強をしてから転職をする事がおすすめです。

では、プログラミングスクールで知識を得てから転職をする事のメリットとは一体何なのでしょうか。

すぐに前線で活躍できるようになる

プログラミングスキルを習得して前線で活躍している様子

まずは入社してすぐに前線で活躍できるようになるという事です。
未経験で企業に転職をすると、最初は先輩プログラマーの仕事を見学したり、事務処理係になってしまったりすることもあります。

しかし、ある程度のスキルと知識を身に着けてから転職をする事で、即戦力になる事ができるため、すぐに案件を任せてもらえる可能性もあるのです。

昇進や昇給に繋がる

プログラミングで稼いでいる様子

ある程度スキルと知識を兼ね備えたうえで転職をすれば、比較的スムーズに昇進や昇給をすることができます。
特にベンチャー企業やスタートアップ企業は、実力主義を採用していることも多いため、レベルの高いスキルや知識を身に着けることができれば、スピード出世できる可能性が高いのです。

まとめ

本を読んでプログラミングを勉強している様子

プログラマーに転職をするためには、ある程度の勉強時間を確保しなければなりませんし、様々な分野の知識をつけることも大切です。

ただ、間違った方法で勉強をしてしまうと、
・スキルが身につかない
・人よりも数倍時間がかかる
というような状態になってしまう可能性も高くなります。

そのため、効率的にプログラミングの勉強をして、スムーズに転職を成功させたいと思っているのであれば、是非今回紹介した方法を参考にしながら学習をしていくことをおすすめします。

また、ある程度スキルや知識を身に着けておけば、転職後の仕事も円滑に進めやすくなりますし、キャリア形成にも繋がりますので、プログラミングスクールなどに通って事前に技術を身に着けてから転職活動を始めるのも、賢いやり方だと言えるでしょう。

ITテクノロジー
最新情報をチェックしよう!