プログラミングでIT企業に転職した様子

プログラマーに転職をする人が増えている?その理由とは一体何?

プログラミングでIT企業に転職した様子

一昔前は、
「転職をする」
というと冷たい目で見られました。

しかし、近年では転職がもはや当たり前の行動になりつつあり、様々な人が自分の夢や活躍できる場を求めて転職をしています。
また、テクノロジーが進化した現代では、プログラマーに転職をする人が急増しているのです。

では、なぜ数ある職種の中からプログラマーに転職をする人が増えているのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

プログラマーへの転職を希望する人が増えている理由

プログラマーに転職をする人が増えている代表的な理由は、3つあります。
では、それぞれの理由について、掘り下げていきましょう。

人材不足

IT人材不足で悩んでいる男性

まずは人材不足だからです。
プログラミングの歴史はまだまだ浅く、今後伸びる市場だと言われているのです。
このようなことから、プログラミングの需要が増え続けているにもかかわらず、プログラミングができる人材がかなり少なく、売り手市場となっています。

このようなことから、未経験でもプログラマーとして採用してくれる企業が増え、
「それならやってみようかな」
と考えて、プログラマーに転職をする人が増えているのです。

成長性が高い

IT市場が伸びるにつれてお金が増えていく様子

先ほども解説したように、プログラミングというのは今後伸びてくる市場だと言われています。
そのため、
「できるだけ長く働きたい」
「年収を上げたい」
という考えを持っている人が転職先として選ぶ傾向にあります。

成長性が高いという事は、それだけ需要が高まるという事ですので、それまでにスキルと知識、それから経験を身に着けておけば、高い年収を得ることができますよね。

そのため、先を見据えた考えを持っている人ほど、プログラマーに興味を持つ傾向にあるのです。

一生使えるスキルが身に着く

ITスキルを身につけた男性

プログラミングのスキルを身に着けることができれば、一生そのスキルを使って稼ぐことができます。
もちろん、数百年も先のことはわかりません。
ただ、私たち、あるいは私たちの孫世代まではプログラミングのスキルを使って稼ぐことができると言われているのです。

つまり、プログラミングスキルを身に着けておけば、仮に定年を迎えたとしても、指先と脳が健康であれば、自宅でお金を稼ぐことができます。
また、中には企業に就職をしながら副業でプログラミング案件を請け負っている人などもいるのです。

給料が高い

経験を積んだプログラマーの給料

プログラミングというのは、簡単に習得できるスキルではありません。
そのため、ある程度専門的なスキルと知識を身に着けることができれば、高い年収を受け取れる可能性が高くなるのです。

近年は、
・老後2000万円問題
・大企業の倒産
なども問題視されていますし、インフレなども懸念されていますよね。

そのため、稼げるときに稼いでおこうと考えて、プログラマーを志望する人も増えているのです。

リモートワークができる

リモートワークしている男性

コロナウイルスが蔓延してから、リモートワークを導入する企業が増えました。
実際にリモートワークを経験した人の多くは、
「このままずっとリモートでいいのに」
と思っている人もいるでしょう。

実は、プログラマーというのは、パソコンとWi-Fi環境さえあれば仕事をする事ができるため、常時リモートが可能になるのです。

もちろん中には、チームを組んで仕事をしたり、出社が義務付けられていたりする会社もあります。
しかし、他の業界や業種に比べると、働く場所の融通が利く仕事と言えますので、自由に働きたいと思っている人には最適な仕事と言えるのです。

プログラマーに転職をするためにはどうすればいい?

では、プログラマーに転職をするためには一体どうすればいいのでしょうか。

プログラミングスクールに通う

TECH CAMP(テックキャンプ)デザイナー転職で教えている様子

プログラマーとして転職をするのであれば、面接までにある程度のスキルと知識をつけておくことが望ましいです。
先ほども解説したように、未経験でも採用してくれる会社もありますが、採用枠が少なく、狭き門になる可能性が高いです。

しかし、プログラミングスクールである程度スキルと知識を身に着けてから面接に挑むことで、
「見込みがある」
と判断してもらえる可能性があるため、採用率が高まるでしょう。

実績を作る

プログラミングで実績を作った様子

そして、できる事ならプログラミングスクールで得た知識とスキルを使って、実績を作ることをおすすめします。
具体的には、
・自分で何かを作ってみる
・クラウドソーシングで簡単な案件を請け負ってみる
などです。

このような実績があれば、企業への大きなアピールポイントになりますので、面接官を納得させ、採用にこぎつけられる可能性が高まるのです。

まとめ

プログラミングでIT企業に転職した様子

プログラマーに転職をする人というのは、年々増えています。
その理由は、
・人材不足
・成長性が高い
・一生使えるスキルが身に着く
・給料が高い
・リモートワークができる
など様々です。

ただ、プログラマーとしての転職を成功させるためには、未経験よりもある程度知識とスキルがあった方が良いと言えます。
そのためには、プログラミングスクールに通って基本的な技術を身に着け、できることなら実績を作った上で面接に挑むことをおすすめします。

そうすることで、スムーズに転職を成功させることができ、プログラマーとしてのキャリアをスタートさせることができるでしょう。

プログラミングでIT企業に転職した様子
最新情報をチェックしよう!