プログラミングの仕事に悩んでいる様子の男性

プログラマーへの転職は甘くない!辛いと感じる人がいる理由!

プログラミングの仕事に悩んでいる様子の男性

プログラマーに転職をしたいと考える人はたくさんいますし、プログラマーに転職をして良かったと感じている人も多いです。
しかし、中にはプログラマーとして無事転職を果たしたにもかかわらず、
「辛いな」
と感じている人もいるのです。

そこでこの記事では、プログラマーに転職をして「辛い」と感じる人がいる理由について、詳しく解説していきます。

プログラマーとして転職をした人が辛いと感じる理由

プログラマーとして転職をした人が辛いと感じる理由は、大きく分けて2つあります。
では、それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

現場が思っているよりもつらい

プログラミングの仕事に悩んでいる様子の男性

プログラマーに転職をする場合、中には未経験で企業に入社する人もいますが、ほとんどの人が事前にスクールなどに通って学習をするでしょう。
この学習段階では、
「プログラミングって楽しい!」
と感じる人が多いです。

しかし、実際に現場に出てクライアントからの案件をこなすようになると、
・クライアントからのクレーム
・多くのトラブル(バグ)
・会社からの注文
・先輩からの指導
など、思うようにいかないことがたくさんあります。

このようなことから、「辛いな」と感じる人が多いのです。

人と接する機会が多い

先輩社員と相談しながらプログラミングしている様子

プログラマーへの転職を希望している人の中には、
「あまり人と接しない仕事がいい」
と思っている人もいるでしょう。

プログラミングはパソコンと知識、それからスキルさえあれば、あまり人と接することなく仕事ができそうなイメージですよね。

確かに、中にはフルリモートで仕事をしているプログラマーもいます。
しかし、チームで1つの案件をこなす場合は、他のエンジニアや自社の営業マン、もしくはクライアントと打ち合わせをする必要が出てくるため、意外と人と接する機会が増えてしまいます。

このようなことから、イメージとの相違から辛さを感じてしまう人がいるのです。

プログラマーとしての仕事を楽しむためには?

では、プログラマーとしての仕事を楽しむためには、一体どうすればいいのでしょうか。

プログラミングスクールで基本的な知識をつける

プログラミングスクールで勉強している様子

まずはプログラミングスクールで基本的な知識をつけるという事です。
先ほども解説したように、プログラミングスクールで学習する段階と、実際の現場でコードを書く段階では、精神的なプレッシャーも求められる技術も変わってきます。

しかし、基本的な知識がないと、そもそも現場で活躍することができず、辛さを感じてしまう事が多いです。

このようなことから、評判の高いスクールに通って、できるだけ全ての知識やスキルを吸収するようなつもりで学習を進めていくことをおすすめします。

コミュニケーション能力を磨く

コミュニケーション

プログラマーに転職をする場合は、クライアントや仕事仲間と接する機会が多くなることもあります。
もちろん、バリバリの営業マンやサービス業の人たちと比べると、他人と接する機会は少ないかもしれませんが、完全に0というわけではありません。

そのため、最低限のコミュニケーション能力を身に着けて、円滑に仕事を進められるようにすることが大切なのです。

実際に自分でも何かを制作してみる

プログラミングをしている女性

プログラマーへの転職を成功させたいのであれば、実際に自分でも何かを制作してみることがおすすめです。
例えば、
・アプリ
・ツール
・サイト
など、自分が持っている知識でできるものなら何でも構いません。

この制作物というのは、転職をする際のポートフォリオにもなりますし、自分にとっての自信にも繋がるのです。

もちろん、自分で制作をする場合は、数々のトラブルを全て自分で対処していかなければなりません。
そのため、辛いと感じることもあるでしょう。

しかし、この辛さを乗り越えて政策を完成させることができれば、トラブルが起こった時でも冷静沈着に対処していくことができるため、会社から評価される人材になれる可能性が高くなるのです。

常に勉強をしてスキルをレベルアップさせる

プログラミングでスキルアップしている様子

プログラマーへの転職を考えている人の中には、
「これくらいの知識やスキルを習得しておけば大丈夫だろう」
「とりあえず基本だけ抑えておけば大丈夫だろう」
と思っている人もいます。

確かに、新入社員の頃は最低限の知識で問題ありません。
しかし、会社から評価され、稼げるプログラマーになるためには、常に勉強をしてスキルのレベルアップを図っていくことが大切なのです。

プログラミングの知識や情報というのは、かなりのペースで変化します。
そのため、プログラマーとしての転職が成功したからと言って、勉強を疎かにしてしまうと、その変化についていくことができず、最終的に「辛い」と感じてしまうようになるのです。

まとめ

プログラミングで転職して満足している女性

プログラマーに転職をして、
「良かった」
と感じる人はたくさんいます。

一方で、
「辛いな」
「転職しなければよかったな」
と感じる人も多くいるのです。

ただ、せっかくプログラマーに転職を下のであれば、楽しみながら仕事をしたいですよね?
そのような人は、今回紹介したプログラマーの仕事を楽しむためのコツを参考にしながら、日々努力を続けていくことをおすすめします。

プログラミングの仕事に悩んでいる様子の男性
最新情報をチェックしよう!