未経験でプログラミングを勉強して転職した女性

未経験でもプログラマーになれる?転職を成功させる秘訣とは?

未経験でプログラミングを勉強して転職した女性

近年、SNSなどで、
「プログラミングスクールに通い始めた」
「プログラマーへの転職が決まった」
という内容をよく見かけますよね。

このような投稿を見て、
「自分もプログラマーになりたいな」
と思っている人もいるのではないでしょうか。

とはいえ、完全未経験だと、本当にプログラマーになれるのか不安だと思います。
そこでこの記事では、未経験でもプログラマーとして転職することはできるのか、という事について詳しく解説していきます。

【結論】未経験からでもプログラマーになれる

未経験でプログラミングを勉強して転職した女性

結論から言ってしまうと、未経験からでもプログラマーになることはできます。
というよりも、今前線で活躍しているプログラマーも、最初は未経験でした。

個人で稼げるほどのプログラミングスキルをつけてから会社に就職する人は意外と少なく、多くの人が未経験、もしくは基本的なプログラミングスキルのみを身に着けて、会社に就職しているのです。

このようなことから、今は完全なる未経験者だったとしても、ある程度学習をしてスキルと知識を身に着けることができれば、誰でもプログラマーになることができると言えます。

未経験からプログラマーに転職をする時の注意点

とはいえ、未経験からプログラマーに転職をする際は、いくつか注意すべきことがあります。

完全なる無知だと使い物にならない

プログラミングに関して無知の女性

まずは、完全なる無知だと使い物にならないという事です。
現代では、プログラマー不足が深刻化しているため、未経験でもプログラマー枠で採用する企業が増えています。

ただ、未経験者と、若干かじったことがある人が同時に面接に来れば、当然少しでも知識がる人採用するでしょう。

企業も慈善事業ではありませんので、会社の利益に繋がる即戦力を採用したいと思っています。
このようなことから、企業への転職を前提としているのであれば、最低限のプログラミングスキルと知識を身に着けてから応募することが近道だと言えるのです。

未経験だと若干転職の難易度が上がる

プログラミング転職の面接風景

未経験の場合は、スキルや知識でアピールすることができませんので、情熱や人柄を気に入ってもらうしかありません。

そのため、人柄も良く、情熱があり、尚且つプログラミングスキルがある人と比べられてしまうと勝ち目がなくなってしまう事もあるのです。
このようなことから、100%無理というわけではありませんが、未経験という事実が付いて回っているうちは、転職の足かせになってしまうでしょう。

未経験者がプログラマーへの転職を成功させる秘訣とは?

では、未経験者がプログラマーへの転職を成功させるための秘訣とは、一体何なのでしょうか。

プログラミングスクールに通う

プログラミング教育の様子

これはプログラミング関連のほとんどのサイトで解説されていることですが、何かを学びたいと思ったら、その指導をしてくれるスクールに通うのが手っ取り早いです。

例えば、英語を学びたければ英会話スクールに行きますよね?
学校の勉強が苦手なら、塾に通いますよね?

これと同じで、プログラミングを学びたいのであれば、それを専門にしているプログラミングスクールに通う事が大切なのです。

実際に制作を行い、ポートフォリオを作る

プログラミングスキルをアピールするためのポートフォリオ

プログラミングスクールに通ってある程度勉強をすると、簡単な作品を作れるようになります。
そうしたら、何でもいいので自分で制作をしてみるのです。

そして、その制作物を自分のポートフォリオに組み込み、企業へのアピール材料にするのです。

転職後のビジョンをはっきりさせる

プログラミングでスキルアップしている様子

プログラマーとして転職をするのであれば、転職後のビジョンを決めておかなければなりません。
プログラマーというのは、将来性が高い職種ですので、自分の考え方次第で活躍の場が広がります。

例えば、
・企業の中でキャリアを積み、昇進や昇給を目指す
・企業である程度実績をつけたら独立をする
・本業と並行して、プログラミング関連の副業を始める
などです。

そうすることで、自分が企業に転職をして何をしたいのかを明確にすることができるため、面接官を納得させられる可能性が高くなるのです。

IT業界全般の知識をつけておく

ITの知識を勉強している様子

プログラマーとして転職をする場合は、ただプログラミングの知識とスキルだけを詰め込めばいいというわけではありません。

大切なのは、IT業界全般の知識をつけておくです。
そうすることで、様々な案件に柔軟に対応していくことができるため、即戦力として採用される可能性が高くなるのです。

まとめ

未経験でプログラミング転職した男性

プログラマーは、未経験からでもなることができます。
中には未経験でもプログラマーとして採用してくれる企業がありますが、かなり狭き門になる可能性が高いため、できるだけ安定路線を進みたいと思っているのであれば、プログラミングスクールに通ってスキルと知識を身に着けることが大切です。

そうすることで、面接の段階でプログラミングスキルがあることをアピールできますので、採用率を高めることができるのです。

スポンサーリンク
未経験でプログラミングを勉強して転職した女性
最新情報をチェックしよう!