テックキャンプ受講後の年収はひどいって本当?

テックキャンプ受講後の年収はひどいって本当?

テックキャンプ受講後の年収はひどいって本当?

テックキャンプの口コミの中には、転職後の年収がひどいというものもあります。

今回はテックキャンプ受講後の年収はどうなっているかを調査してみました。

テックキャンプの口コミの中には年収がひどいというものもある

1990年のバブル崩壊以前は、終身雇用という言葉があって一旦会社に就職出来たら、その会社が潰れない限りは毎年給与が上がって出世して行く夢のような時代が続いてきました。

それが一変してどんな安定した大手企業で働いていても、業績が落ちたらリストラされるリスクがあり、最悪の場合は倒産もありうる時代になりました。

就職に関しても学生時代に運良く正社員の職場に就職出来れば問題ないけど、就職氷河期の場合は契約や派遣などの非正規の職場に就職してしまった場合には、昇給やボーナス無しで正社員になる道は殆どありませんでした。

そんな将来どうなるか解らない日本では、IT需要が伸び続けているので食いっぱぐれのないスキルを身に着けられる、プログラミングスクールで学ぶ人が増えました。

プログラミングは独学でも学ぶ事が可能ですが、得意な人でもない限り特殊なので挫折率が9割近くある分野なので、初心者でも挫折せずに学べるスクールを受講しているようです。

そんなプログラミングスクールの中で、未経験者でも基礎から短期間でスペシャリストになれるスクールにテックキャンプがあります。

テックキャンプの口コミの中で、受講後に転職保証で就職出来ても、年収はひどいという書き込みがあるのでそれについて本当なのか検証して行きます。

テックキャンプの転職成功人数は3000人だが

テックキャンプはこれまで講義を受講した生徒が6万人を超えるプログラミングスクールで、受講生の3000人以上が就職に成功したと発表しています。

この人数はかなり高くて、こういったプログラミングスクールの中で実績だけならナンバー1と言われてます。

未経験からこれだけ沢山のスペシャリストを育て上げるのは信じられない人もいるかもしれませんが、生徒一人ひとりに専属のトレーナーが付いてサポートを受けられたり、カリキュラムが優れていたり、転職支援が充実しているからだと言われてます。

だけどいくら就職率が高くても、ひどい年収ならば夢も希望も無いです。

そこで実際にどの程度の年収を得ているのかを、以下で調べてみました。

テックキャンプで転職可能は理由

テックキャンプでは、様々なコースが用意されていて、これから需要が高くなる分野のアプリ開発や、システムエンジニアなどに必要な基礎から応用までのスキルを効率よく短期間で学べてスペシャリストに誰でも努力さえすればなれます。

スキルを身に着けた証として、就職で使えるプログラミング関係の資格も取得できて、これが転職面接なので役立ちます。

テックキャンプ丸の内教室に行ってチームの皆さんと学習してきました🤗
めちゃくちゃ綺麗でした!椅子はデスクワークに適したもので、自宅学習だと腰痛がひどいんですが、ほぼ気になりませんでした。快適です👍今は教室に来られる方が少なくて、交流の機会が少ないのが残念💦 #テックキャンプ pic.twitter.com/tdJoArrE2P

— コタ (@covalt_ta) July 15, 2020

テックキャンプでなくとも転職すると年収が下がる人

IT分野は日本ではまだ未成熟のため、これから成長する可能性が高い分野です。

それにも関わらず、ITの専門人材の需要と供給のバランスは、圧倒的に供給不足となっていて、スキルを身に着けたスペシャリストを欲しがる会社も多くあります。

経済の原理を知っているひとなら解っていただけると思いますが、供給不足の場合は少ない人材を好待遇で競争して集めようとします。

その結果スクールで学んでスキルを身に着けた卒業生は、喉から手が出る程欲しくて好待遇で集めようとしてます。

だから受講後の年収がひどいというのは間違えで、一部の就職できなかった受講生が腹いせに書いていたり、そもそも受講もした事が無い何も知らない人が口コミを書いている可能性するあります。

テックキャンプ卒業生の年収

では実際にどの程度の年収で働いているのかを、実際の卒業生で転職した人の例から分析して見ます。

分析して解かった事は、相場はおよそ600万円前後で、最低が400万円弱から最高で800万円程度もらっているようです。

就職している企業は、TVCMなどで流れているアプリサービスを提供している会社や、企業のIT部門で働くケースが多いです。

テックキャンプでは、そういった企業が求めているスキルを効率よく学べるコースが充実しているだけでなく、就職をサポートしてくれるスタッフもいます。

そして400万円の年収はひどいと感じる人もいるかもしれませんが、例え収入が低い会社でも、スキルを短期間で学べれば後々将来に高収入も望めます。

つまり400万円でベンチャー企業に就職して、毎日高度なスキルを教えて貰えたり、試行錯誤させてくれるならば、それも将来の収入アップに繋がるので収入ともとらえる事が出来ます。

もう少し分かりやすく説明すると、転職後に400万円程度で働いていても、800万円の職場で働くよりもスキルを何倍も身につける事が出来れば、生涯で稼ぐ総収入で800万円の人を超える可能性があります。

それとエンジニアの仕事には、自社開発企業と他社で開発したシステムを管理して運用するSES企業で働く2通りがあります。

自社開発企業の場合は自社で全てのシステムを1から作って行くので、システム全体を作る知識を一から学ぶ事が出来ます。

つまりSESでできたシステムを管理する企業で働くよりもよりスキルが早く身について、将来的に高収入が望めます。

テックキャンプが就職で紹介している企業は、自社開発企業が6割で業界トップの実績なのでスキルを身に着けて将来高収入が期待できます。

 

毎日投稿47日目

アプリ制作終了まであともう少し🥶🥶
ここ最近アプリ作り出してから頭痛がひどい、早く終わらせて次へ進まなければ‼️

明日には一通り終わりそうなので、明日も気合い入れて頑張ろ!

という訳で、おやすみなさい🌙#テックキャンプ#プログラミング

— 18歳フリーターのゼロからプログラミング生活 (@anAtPfnXemji7K6) December 24, 2020

テックキャンプ受講後の年収はひどいって本当?
最新情報をチェックしよう!