テックキャンプの就職先と年収は?

テックキャンプの就職先と年収は?

テックキャンプの就職先と年収は?

テックキャンプは人気のあるプログラミングスクールですが、就職先や年収はどうなっているのか気になる方も多いのではないでしょうか?

今回は、プログラミング未経験の方がテックキャンプに通うとどうなるかを紹介します。

プログラミング未経験者はスクールに通うのがオススメ

パソコンのプログラミングについて学びたいと考えている人も多いはずですが、この場合独学で学ぶこともできるものの、やはり1から教えてもらった方が良いかもしれません。

かといって、本格的な専門学校に通うのは難しい人もいるかもしれないわけです。

例えば社会人として就職している人は、1年から2年間通う専門学校に通うとすればかなり時間を削らなければいけません。

そもそも、通学のパターンだと昼間仕事をしている人は通うことができないでしょう。

かといって、夜勤で仕事をしている人は眠る時間に専門学校がスタートするためその時間に通ってしまうと眠ることができなくなってしまい、身体に大きな負担を与えてしまいます。

初期のうちは良いかもしれませんが、長期間通うとなると体を壊してしまい仕事を辞めなくてはいけなくなってしまう心配もあります。

これを防ぐためには、インターネットを通じて学習できるスクールが良いでしょう。

 

プログラミング学習し始めの頃
看護師やめたらテックキャンプ転職を受けようと思い、教室のある福岡のマンスリーマンションを探してました

病院独自のルールで1年以上退職できず当時は辛かったですが
その間に貯金と副業で稼げるくらいのスキルは身につき

結果的には良かったのかなと今になって思う

— のんびりん@看護師→WEB開発🐥☘️ (@nonbrin) July 1, 2021

オススメのプログラムスクールはテックキャンプ

そのようなスクールの1つにテックキャンプと呼ばれるところがあります。

このテックキャンプを受講する場合の費用は、およそ600,000円ほどと言われており、やはりある程度まとまったお金を支払わなければいけません。

このお金に関しては、ローンを組むこともできるためローンを組んで支払うのも1つの方法です。

ただ1番良いのは、やはり最初からそれだけのお金を貯めていくことが大事になります。

普段からお金を貯めておくか、あるいは1年後にテックキャンプに入ることを決意し1年間で600,000円を貯めたら良いわけです。

普通の会社員程度の収入ならば、1年間で600,000円のお金を貯める事は決して難しくはありません。

いずれにしても、それだけのお金がかかることを知っておきましょう。

エンジニア転職、テックキャンプの学習と転職サービスを終えて、未経験の私でもプログラミングについてのスキルをしっかり身につけることができました。さらに転職サポートも手厚く丁寧であったので非常にお勧めしたいです。

— とさか (@techcamp_dd) November 10, 2021

テックキャンプは転職して年収アップも可能

お金を投資したにもかかわらず、成果が出なければ意味がありません。

基本的にここでは10週間程度の学習をすることができ、その間で必要なプログラミングの基本や応用力を学ぶことが可能です。

10週間と言えば2ヶ月半になりますが、普通の人が2ヶ月半の時間を勉強に費やすのはそれほど簡単なことではありません。

決して無理は無いものの、かなり集中して行わなければ結果を出すことができないでしょう。

10週間ほど通無事に卒業した場合、そして就職先や転職先が存在するのか問題になります。

基本的に就職先は転職先は、選ばなければ十分にあるといえます。選ぶ場合とは、例えば一流企業を目指すような場合です。

少なくとも国内の一流企業で採用してくれるところは、なかなかありません。

やはり日本の大手企業は、途中から社員を採用するような事は少ないわけです。

もし可能ならば、外資系などを狙ってみると良いかもしれません。

その場合には年収も5,000,000円を超える事は簡単になりますが、その場合英語などができることも必要になるケースが多いです。

テックキャンプ行く人は、プログラマーになりたいほとではなくて、年収を上げたい人か

なるほど

謎が解けた

— 黒澤(わろえもん) (@kuromailserver) December 6, 2021

テックキャンプから転職して年収を上げるためには

中小企業で自社開発のプログラムを作っている場合、そこに就職をする事はそれほど難しくありません。

年収がどれぐらいになるかは会社によって異なりますが、3,000,000円台のところもあれば4,000,000円台の所も存在します。

その後収入が上がるかどうかは、その人の能力次第や仕事に対するやる気次第といっても言い過ぎではありません。

管理職等になれば、入社したときの3倍から4倍位のお金をもらえる可能性があるでしょう。

このように考えれば、将来的な年収はそれなりにあるためしっかりと10週間勉強をして基本や応用を身に付けることが大事になります。

もし、就職できなかった場合どのような扱いになるのでしょうか。

基本的に職場を見つけることができなかった場合は、全額返金の制度が存在します。

そのため、ある意味安心しても良いかもしれません。

ただ全額返金の制度があるからといって、就職や転職をすることができなかったすべての人が全額返金を受けるわけでは無いことを理解しておきたいところです。

テックキャンプは全額返金可能なので安心して受講できる

そもそも会社側はなぜこのような仕組みを作ったのかを知っておくと、すべての人が全額返金を受け付けないことを理解できます。

会社としては、全額返金の仕組みを作ることにより、そのコースの価値を高めようとしています。

実際心理学で全額返金をするように仕組みを作ると、そのコースやその商品の価値が高まると言われています。

いわゆる会社がそれだけ自信があるものを提供しているので、見込み客からこのコースなら間違いないと言う印象を植え付けさせるわけです。

実際に、テックキャンプの内容が特別優れているかどうかは明確ではありませんが、少なくとも安心できるコースと言えるでしょう。

もし返金されないパターンがあるとすれば、まともに転職の活動していないか勉強内容がしっかりと身に付いていない場合です。

このような場合は、返金されない可能性も高いため注意しなければいけません。

そもそもそのような人は、初めからテックキャンプに入るべきではなく本気でプログラミングを学び転職をしたい人が入るべきです。

テックキャンプの就職先と年収は?
最新情報をチェックしよう!