テックキャンプで転職後の年収は?

テックキャンプで転職後の年収は?

テックキャンプで転職後の年収は?

IT人材が不足しているのでプログラミング習得のためにテックキャンプに通う方がたくさんいらっしゃいます。

今回は、テックキャンプで転職した後の年収事情を紹介します。

テックキャンプはIT未経験でも転職で年収アップを狙える

テックキャンプは、今まで全くパソコンを触ったことが無かったり、パソコンを使った仕事をした事がない未経験者であっても、効率的な講義を受ける事でスペシャリストにまで育ててくれるプログラミングスクールです。

1990年代のバブル崩壊以降の日本では、失われた30年と言われる低成長のデフレ経済が続いた結果、長い年月就職氷河期が続きました。

日本では大学卒業後に正社員として企業に就職できなかった学生は、契約や派遣などの非正規の仕事で就業する場合が多く、ずっと昇給もなく苦しい待遇で働かざる負えませんでした。

そんな就職氷河期世代に対して明るい光を当てたのが、テックキャンプなどのプログラミングスクールです。

テックキャンプでは、授業を履修したら会社を選ばなければ、100パーセント近い正社員での転職が保証されてます。

そこで以下に気になる転職後の就職先での年収とどのような会社で働いているのかについて、具体的に紹介して説明します。

you tubeどんどんやる気なくなってきてるなぁ

周りの人間伸ばすより自分伸ばしてる方が早いな
インフラコース入ってくれた数人おるけど
この人たちを年収1000万にすることに注力しよっと!!
you tubeの活動はどんどん減らしていきます。

テックキャンプなどがやはり強いな
質よりも回転率やね。

— みよしゆういち 最短設計構築エンジニア請負人 (@yuichi_linux) November 1, 2020

テックキャンプ卒業後の年収

最近TVのコマーシャルや、街中でも増えているタクシーの配車アプリサービスを提供している会社に転職した卒業生がいます。

授業ではアプリの開発方法を教える講義もあるので、学んだ事を活かせる配車アプリサービス会社に就職出来たのですが、気になる年収はボーナスなどを合わせて約600万円でした。

エンジニア系の大手企業に就職された方がいて、テックキャンプに通い始める前の前職では、全く畑違いの業界で働いていた男性が講義を受ける事で就職できました。

その会社の平均年収は、600万円超でした。

テレビや雑誌などでよく宣伝している会社で、家計簿アプリを提供している会社に就職できた人の場合は、平均年収はやはり600万円強でした。

でも転職後に600万円を超える年収が約束されている会社が殆どではなく、スタートでは400万円弱から700万円強まで仕事内容によって貰える金額の相場は特に決まってないようです。

倉庫関連の管理サービスを提供している会社に就職した人は、ストレンジ営業に回されて、ノルマによって業績が変わるので400万程度からスタートしたケースもあります。

同じ倉庫関連の会社に就職した人の中でも、システムの製造管理と言う高度なプログラミングが要求される部署に配属されて管理者業務をやって800万円弱もらっている人もいます。

会社によってはその業務の難易度や専門性など求められるスキルによって、かなりの差が生まれるようです。

 

タクスズキさんの新卒1年目での転職で年収470万という記事を読むと、ホントに年功序列が崩壊したんだなと思う。
この年収を勝ち取れるほど、学生時代に積み重ねのあった人なのだろうね。
大学生でテックキャンプ通う人も多いみたいだし、いかに準備するが大切ということを学ばされました。

— オガワタクヤ (@takuya_78) September 29, 2016

テックキャンプでスキルを習得すれば年収アップも可能

女性活躍社会と言っても、会社によっては女性の方が給与が低い場合もあり、就職後の給与が月収30万円程度の会社もありました。

AIを利用したサービスを提供している会社に就職して、プログラミングスキルを用いて開発業務をやっている24歳の男性の場合は、給与が高いのか安いのかは知りませんが教えたくないと話してないです。

IT系の企業でプログラミングの仕事でも、低賃金の会社もあるようで年収400万円弱の会社もあります。

給与は年400万円程度と低めでも、将来の転職に向けてのスキルアップ研修や資格を取得できる会社に就職している人もいるようです。

そういった社内研修や資格取得が無料で出来る会社の場合は、そこでスキルを身に付ければさらに高収入の会社に移れる可能性があるので、大器晩成を狙う人もいます。

自分が望んでいる希望の就職先に入れて、尚且つ高収入も得た人もいて、年の給与が600万円強で、憧れの会社で希望の仕事をしているようです。

特殊な超絶技術で働ける会社に就職して、実務で超絶技術を身に着けようとして、年俸は低めでも働いている人もいます。

以下で上記の例を纏めて、スクールで学んだあとの生徒がどのような転職をして行ったのかを分析します。

お疲れ様です。
FF外から失礼します。
私も上場企業の責任者をやっていて
年収が500万くらいです。
が、不幸になる会社なので私もテックキャンプ受けようと考えました。
1人ではないので一緒に頑張りましょう❗️

— 結城シア (@Sia_Yuki_F717) May 13, 2020

年収アップ出来るかはテックキャンプでどれだけ本気で勉強するか

年俸ですが、低い方で400万円弱から高額の場合はそのおよそ倍の800万円弱まで、会社や業務内容によってまちまちなので、特に相場は無くて幅広いです。

そして上記の例で挙げた企業への就職者は、テックキャンプで身に着けたスキルをいかして、ほとんどの企業で開発経験を積む事ができてスキルアップとキャリアアップが出来る点です。

PCエンジニアの理想は、どんどん新しいスキルを身に着けて行き、何度も好条件の会社に移っていく事です。

その点全ての生徒が就職した先の企業でスキルアップしているため、将来より良い条件の会社に就職て切るチャンスがあります。

PC関連のエンジニアには、自社開発企業のエンジニアとSESのエンジニアの2種類がおおまかには存在します。

自社開発エンジニアで働ける職場の方が、仕事を通じて商品開発の全てを学べる機会があり、自ら提案も出来てスキルをより短期間で身に着ける事が出来ます。

スクールを卒業後にすぐにそういった職場に就職できる方が望ましく、テックキャンプでは、なんと卒業生の6割が自社開発企業に就職出来て、残りの4割だけがSESのエンジニアになって働いています。

テックキャンプで転職後の年収は?
最新情報をチェックしよう!