テックアカデミーのwebアプリケーションコースは転職に有利なのか?

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは転職に有利なのか?

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは転職に有利なのか?

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは、本格的なアプリも作れるようになるコースなので、スキルも習得出来て転職に有利に思えます。

本当に転職に有利かどうかを紹介していきます。

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは仕事をしながら受講可能

自宅にいながらプログラミングを学ぶことができるテックアカデミーは、仕事と両立させながら転・就職準備を進めたい人に向いているプログラミングスクールです。

中でも代表的なコースには「webアプリケーションコース」があります。Webエンジニアを目指す人に最適なコースで、転・就職に有利だと言われています。

このRuby on Railsでオリジナルサービスを開発するコースは、日本で開発されたプログラミング言語のRubyを基礎から学ぶことのできるスクールです。

コースでは自分のオリジナルの作品を開発することになるので、転職活動の際には出来上がったものをポートフォリオとして活用することができます。

転・就職活動を見据えて学ぶことができるのが魅力です。

テックアカデミーのwebアプリケーションコースでは、Webサイトの重要部分を構築する方法をRubyという言語で学びます。

この言語は最近の多くの企業のサービス開発で使われているものです。

比較的シンプルな言語として知られていて、初心者でも学び始めやすいと言われていています。

初めてプログラミングを学ぶ場合には難易度の低いものから始めた方が、習得することが出来ると考えられます。

その点、Rubyは他の難易度の高い言語と比較すると、短い時間で学ぶことが出来る可能性が高いです。

転職準備のためにプログラミングを学ぶのなら、あまり長い時間かけていられないこともあるのではないでしょうか。

比較的、難易度が低いとされているものなら転職目的でテックアカデミーのwebアプリケーションコースを利用する場合でも、最後まで継続してポートフォリオにできる作品を完成させられる可能性が高まります。

このスクールでは4種類の受講プランがあり、期間が短いものは費用を抑えられますが長いコースは料金が高めです。

とはいえそれぞれの人の習得レベルにより、短いものだと足りなくなることも考えられるため注意が必要です。

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは転職に有利

そのような特徴があるのがこのプログラミングスクールのwebアプリケーションコースですが、そもそも転・就職に有利なのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

このプログラミングスクールのコースで学ぶRubyは、特に東京エリアでの求人が多いと言われています。

そのためコースの修了後に都内でWebエンジニアの仕事を見つけて転職する予定なのであれば、この言語を学ぶことは有利だといえそうです。

とはいえ地方の場合では、Rubyを使う職種での求人がそれほど多くないこともあります。

どこの地域で仕事をする予定なのかを考えたうえで選択すると、納得感があると考えられます。

また受講生には、転・就職に役立てたいと考えて受講している人が多いです。そのようなことからは、仕事に繋げたいと考える人から注目されているスクールであることがうかがい知れます。

利用者の感想をチェックしていると、基礎から学べるようなテキストになっているという点が評価されていました。

また分からないことがあっても、チャットツールで質問をすることができる点が役立っています。

チャットは質問可能な時間が決められていますが、比較的早く不明点を解決できるので学習が進むことが期待できます。

またコースが終わったときには、自分でいくらかWebサービスを制作できるようになり成果を実感できた人もいるようです。

Webアプリケーションコース
最後の課題合格しましたー!
途中で母が入院したり、義母が入院したり…
いっぱいいっぱいの日々で、日程ぎりぎりでしたが
メンターさんのおかげでやりきることができました!
少しずつ、違うアプリも作成してみようと思います☺️
#テックアカデミー #今日の積み上げ

— Risa@Webアプリ勉強中 (@serika610) November 20, 2021

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは転職に有利な理由

なぜテックアカデミーのwebアプリケーションコースが転職に有利なのか、という理由にはまず今でもエンジニアの需要は高いということが挙げられます。

この業界は慢性的な人材不足となっているので、求人が多くある傾向です。

とはいえ最も求められているプログラミング言語だというわけではなく、実際のところはJavaやPHPなどの方が多くの求人があります。

しかしこれらに次いで多くの求人があることから、ニーズは比較的高いといえます。

さらにこれに加えて、先にも述べた通り初心者が習得しやすいプログラミング言語でもあるのでトータルで考えると有利だといえるでしょう。

もちろん以前と比較すると、大幅な求人の増加が期待できるというわけではありません。

とはいえ現在でも多くの企業のサービスで使われているものであるため、まだ活用されることが考えられています。

就職したいと思う人が多くいるような優良な人気の企業のサービスで取り入れられているので、そのような企業への転・就職目指したい人に適しています。

比較的理解しやすい言語なので、初めて学ぶ人であっても挫折することなく修了することができるでしょう。

また転職サポートが用意されているのも、このプログラミングスクールのwebアプリケーションコースで学ぶメリットの1つです。

テックアカデミーキャリアは、プロフィールを登録しておくと企業からのスカウトメッセージを受け取れる可能性があるサービスです。

受講生なら受講開始してからすぐにでも利用でき、無料のサービスとなっています。

 

Lesson18 – Railsを用いたWebアプリケーション開発:基礎
課題含めてすべて完了。
まだまだ読み返したいところと調べたいところ
あるけどとりあえず次へ。
Bootstrapに中々興味がわいてきた🤔#テックアカデミー

— mei (@mei_00fr) November 15, 2021

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは転職に有利なのか?
最新情報をチェックしよう!