テックアカデミーのPythonコースは稼ぐことが出来る

テックアカデミーのPythonコースは稼ぐことが出来る

テックアカデミーのPythonコースは稼ぐことが出来る

テックアカデミーは人気のプログラミングスクールでPythonコースを学習する方が増えています。

今回は、Pythonコースを学習した後に稼げるようになるかどうかを紹介します。

テックアカデミーのPythonコースは稼げるようになる

テックアカデミーのPythonコースを受講して就職や転職に成功すれば、現在の境遇よりも稼ぐことが可能です。

現在世界中のエンジニアから注目を集める言語であるPythonを元に、各種事業で旺盛な求人需要に対応できるからです。

それでは実際にどのような内容で、その後稼げるようになるのか、カリキュラムの特徴や学習の流れなどを御紹介します。

テックアカデミーのPythonコースは、主要科目としてPythonと機械学習を取り扱っており、オンライン形式での授業を展開しています。

具体的なカリキュラムの進行は、課題への回答と回答に対するレビュー(評価)のサイクルを繰り返しながら進みます。

基本的に独習スタイルなので、受講することのモチベーションを維持する点に不安を感じる方がいるかもしれません。

このような受講生の不安に対応して、現役エンジニアのチャットサポートが用意されています。

間違いやすい箇所や誤解しやすいポイントなども確認しながら、カリキュラム内容を学習できるので大きな支えになってくれるはずです。

学習そのものではなく、メンタリングも対応しているので受講内容や卒業後の不安な点なども解消しながら、自分ペースでカリキュラムを習得できるのはうれしいところといえるでしょう。

Python+AIコース Day 28。
コース始めてから1ヶ月。早い。

久しぶりの進捗tweetに、なりますが少しづつ進めてました。辞書やセットリストなど複雑になってきました。メンターの方が言うにはここが前半の山場。復習も兼ねてじっくりと。#テックアカデミー #Python

— 勤 (@uUMNxCMLQzlgpJg) December 14, 2021

テックアカデミーのPythonコースは転職時の評価は高い

テックアカデミーの卒業生の多くは、優れた待遇の企業への就職や転職に成功してきました。

それは採用企業側から、こちらの卒業生が高く評価されていることを意味します。

業界で成長を続ける優良企業からの高い信頼を勝ち得ているのは、その優れたカリキュラム内容にあるのです。

とりわけ注目に値するのは、短期間で成果をだす受講内容です。

テックアカデミーのPythonコースは転職時の評価は高い理由①「データの分析」に特化したスキルを身につけれる

受講生の実力をもとに、最も効果的で無駄のないトレーニングメニューを提案しています。

さらにパーソナルメンターのメンタリングと、オリジナル学習システムの組み合わせで、受講生を短期間で第一線で活躍できるまでのスキル習得がかなうわけです。

ところでテックアカデミーでは、非エンジニアでも実務で活用できる、「データの分析」に特化したスキルを身につけることができます。

Pythonを駆使することで、大量の数値データを抽出することが可能です。

テックアカデミーのPythonコースは転職時の評価は高い理由②機械学習もマスター

さらにもう一つの柱である、機械学習ですが、3つのコースの中から自分にとって最適のスタイルを選ぶことになります。

教師あり学習(すでに正解があるデータを元にコンピューターが学習するアルゴリズム)、教師無し学習(正解がないデータをコンピューターに与えてコンピューターが分析するアルゴリズム)、そして強化学習(教師なし学習を強化したアルゴリズム)の3つです。

エンジニアとしての経験やスキルがない方でも、これらのアルゴリズムの取り扱いを習得することで大量の数値の分析が可能になるのです。

まさにこのようなスキルこそが、世界中の企業で必要とされている人材になくてはならないものといえます。

初回ということもあり、自己紹介やPythonを学んで成し遂げたいことをお話した。
自動車業界でのQAエンジニアとしてのスキルアップ、自動運転システムなどに用いられている技術について理解できるようにしたい。
#テックアカデミー #mtrpt

— Takeshi, Kikuno (@TakeshiKikuno) December 3, 2021

テックアカデミーのPythonコースは転職時の評価は高い理由③最先端時技術の学習までカバー

しかもPythonコースでは、顔認証や人物認証・アマゾンのおすすめ商品など最先端時技術の学習までカバーしています。

つまりこれほど高度な内容を習得することで、非エンジニアの分析スキルの向上やひいては将来的にAI開発に携ることも可能になります。

この手のスキルを活用することで、例えば既存のデータを元に将来の住宅価格の予測をしたり、集積した過去のデータを元にビットコインの価格変動の予測に役立てるなど、展開するジャンルは広大で莫大な経済的利益獲得のチャンスが広がっています。

AI開発に採用されている技術だけあって、いわゆるIT企業だけでなく幅広い業界の企業でスキルを活用することができるわけです。

加えてカリキュラムは卒業後も閲覧可能です。卒業して学習内容の一部を忘れてしまったときでも、在学中に現役エンジニアの指導の元で作成したPythonのソースコードの参考にできるのは心強いはずです。

テックアカデミーのPythonコースを履修して稼ぐ方法

最後にテックアカデミーのPythonコースを履修して稼ぐ方法を検討してみます。

こちらのカリキュラムを受講して稼ぐには大別すると、企業に就職や転職をするかフリーランスになるか、どちらかを選択します。

もっともいきなりフリーランスで高額の案件を手にするのは難しいので、企業への就職などを選択するのが主流です。

しかしカリキュラムを習得するのが主目的なのに、就職や転職までサポートしてくれるのか心配ではないでしょうか。

この点テックアカデミーでは就職転職なども強力にサポートしてきました。それというのも無料で転職サポートを実践しているからです。

転職サポートの特徴は、求人の質がよく・学習しながら就職活動が出来る点にあります。こちらのサービスでの求人先はいずれも、転職コンサルタントが厳選したものばかりです。

IT企業のなかでもとりわけ成長を遂げている有望な就職先が粒ぞろいです。

しかも受講生の学習状況は求人崎企業でも共有しているので、スキルの裏付けのある人材と求人先は認識しています。

そのおかげで就職成功率が高くなっている訳です。

 

#テックアカデミー #tanow
python学習41日目
週末は勉強する時間が取れなかったので、
寝る前の家事を終えた後に少しだけテキスト読んでみよう。
年末になり仕事・プライベートと忙しくなって、お勉強時間を取るのが大変だけど、それは言い訳なので、工夫して勉強時間を確保しないと。

— あんず@Python勉強中 (@Python643076322) November 21, 2021

テックアカデミーのPythonコースは稼ぐことが出来る
最新情報をチェックしよう!