テックアカデミーに通えばニートでもエンジニアになれる?

ニートから抜け出すためにスキルを身に付けたいけど、テックアカデミーではそれが本当に実現可能なのか、また通うことが出来るのか不安に感じている方もたくさんいらっしゃるかと思います。

そんな方の不安を払触するために、本記事が役立てばと思い作成しました。

ニートでもプログラミングを習得すれば最強になれる

ニートでもプログラミングを習得すれば最強になれる

昨今は大学に進学をする方よりも、専門学校に進まれる方が多くなりました。

その理由として挙げられるのが、手に職をつけるということです。

日本では2000年以降、国内の高度経済成長期を支えた団塊の世代が相次いで定年退職を迎えられており、製造業や建築業では大きな人材不足に悩まされるようになりました。

この方々は高校を卒業してから各企業に入社をして、長い年月を掛けて技術を習得してきたわけです。

つまり、短期間で人材を育成出来ない職種といえるでしょう。

それとは引き換えに、1980年以降、大学の進学率は大きく伸びて今では約80パーセントの方が国立や私学の大学に進まれています。

この場合、卒業をしたら事務職となるのが一般的で、すぐに即戦力となれるでしょう。

その影響もあり、ますます製造業などでは人手がないというわけです。

そこでここでは、2000年以降から社会問題となっているニートが、社会に出てエンジニアになる方法と学べる教育機関について、詳しくご紹介をしていきましょう。

まずは簡単に、ニートとはどんな方を指すのか見ていきます。

20歳以上の成人で働いていない方のことを指すのが、ニートという言葉です。

以前はパラサイトという言葉でも表記をされえていましたが、寄生という言葉が良い意味ではないということで新しく造語として生まれました。

2005年の段階で全国では約100万人程度しかいませんでしたが、2021年現在では約600万人にもなっています。

その年齢は年々高くなっており、平均45歳以上の中年層が約70パーセントを占めていることが、総務省の調査で明らかとなりました。

この年代の方の場合、就職氷河期を経験されているため、当初は定職に就こうとなされていても職が見つからなかったというのが正解です。

そのまま実家で身を寄せている間に、仕事をする意欲もなくたったといえるでしょう。

そのまま無職では将来の生活を保つことも出来ないため、政府ならびに各自治体では色んなアイデアを募って就職支援をなされています。

ニートでも最強のスキルを身に付けられるテックアカデミー

ニートでも最強のスキルを身に付けられるテックアカデミー

ここからは、その就職支援の一環となっている職業訓練について解説をしていきます。全国には2021年現在、約40万件の専門学校が点在しているのをご存知でしょうか。

その大半が国家資格などの技術者として必要な技能や知識を伝授されているところです。

これからはデジタル社会へと舵を切っていくため、エンジニアになる人材育成にも力を注がれています。

このエンジニアになるための専門学校も存在しており、そのなかのひとつがテックアカデミーです。

詳しくテックアカデミーについて解説をすると、2003年に東京都新宿区で設立をされた学校です。

テクノロジーに強い人材を育成するというコンセプトのもとで誕生をしており、現在では全国で計15校もの分校も存在します。

ここでは18歳以上の方であれば、どなたでも入学をして学ぶことが可能です。

テックアカデミーでは、転職保証コースである「テックアカデミープロ」のみ32歳以下という年齢制限があり、その他のコースはありません。

そのため、30代・40代・50代でも利用する事ができ、それ以上の年齢の方でも受講した事例があります。

また、中卒・高卒・大学生・主婦・ニートでもOKです。

— テクアカ (@tekuakacom) December 27, 2020

高校を卒業している方を対象としているので、40代以上で高卒資格を持っていればテストを受ける必要もありません。

計30の学科があり、その中にエンジニアの育成をおこなうクラスもあるわけです。

本校となる新宿校では2020年度は約400名の学生が入学をしており、そのうちの半数はニートと呼ばれていた方々です。

テックアカデミーではほかの専門学校とは異なる、手厚いフォローを実施しているのも魅力ポイントといえます。

そのフォローとは、10名以下のクラスで学習をおこない、さらに自習にも応じている点です。

社会から遠く離れた暮らしをしていた方々であるため、対人コミュニケーションを苦手になされている方も多いでしょう。

その点を配慮して、少人数制のクラスになされているわけです。

また、社会経験がないということで能力面でも不安視をなさる方もいますが、それを補うのが自習です。

テックアカデミーではどの教室でも、学生が在校中に自由に利用ができる自習室を完備されています。

講師も常に在籍をしているため、わからない問題を質問できる環境があるわけです。

エンジニアと一言にいっても、色んなジャンルにわかれています。

テックアカデミーに通って就職すれば受講料は簡単に回収可能

テックアカデミーに通って就職すれば受講料は簡単に回収可能

テックアカデミーで学べるものはプログラミングとWEBデザイナー、CADクリエーターの3種です。

これらは今では、色んな分野で活用される技術であり、年齢を重ねた方であっても就職の糸口になること請け合いです。

これらを考慮すると、ニートで今から就職を目指される方であれば、テックアカデミーに入学をしてエンジニアの技術を身につけるのが良いでしょう。

入学金は24万円、2年間の在籍となるのでトータルで50万円の学費となります。

この費用には奨学金を活用することもできるので、それを利用するのもおすすめです。

しっかりと社会に出て働けるスキルを身につけられることを考慮すれば、決して高い費用・大きな重荷になりとはいえません。

ニートにとって非常に魅力的なジャンルです。

実際に、以下の方のようにニートからテックアカデミーを受講して、就職された方もいらっしゃいます。

 

webディレクターに最短でなる方法

・テックアカデミーPHP講座の4週間プランを受講

・受講で出来た制作物をポートフォリオにする

・面接でコミュニケーション力をアピール

2ヶ月でニートからwebディレクターとして就職出来ました。#プログラミング#ディレクター

— つっきー/未経験からwebディレクター (@WEBdirector37) March 22, 2020

まとめ

テックアカデミーに通えば、ニートの方でも問題なくプログラミングを習得でき、就職することも可能であることが分かりました。

教室に通うのが面倒に感じる方でも、テックアカデミーは完全オンラインで完結可能なので、全く問題ありません。

また、就職すれば受講費用は簡単に回収できるほどの受講費なので、就職して回収ことをモチベーションにして頑張るのもいいかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!