テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点① 受講前に準備が必要

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点【これだけはやっとくべし】

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点① 受講前に準備が必要

テックアカデミーの評判の良さを知って、未経験の自分でも上達できると思う人もいるでしょう。

確かに未経験でも十分な技能を身に付けられますが、絶対に成功するとは言い切れないので気を付けてください。

やはり失敗してしまう人もいるので、事前にどのような注意点があるのか把握しておくことが重要です。

以下に挙げる3点はその中でも特に大切なものなので、しっかり把握したうえで事前に対策しておきましょう。

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点① 受講前に準備が必要

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点① 受講前に準備が必要

1つ目の注意点は、スムーズに始められるように準備しておくことです。

もちろん入門的な内容も教えてもらえますが、あまりに無知だと付いていけない可能性があります。

これまでにプログラミングをしたことがないなら、予習として少し体験しておくことがポイントです。

それだけで最初の一歩をずいぶんスマートに踏み出せるようになるでしょう。

予習といっても机にかじりついて勉強するわけではありません。

興味を持てる簡単な内容をプログラミングしてみるだけで十分です。

インターネット上には、無料で提供されているコンパイラがたくさん存在します。

それらをダウンロードして試してみるだけでも、未経験の場合はハードが高いと感じるかもしれません。

紹介されている手順通りに進めれば、たいていの場合は問題なくインストールできます。

不安な場合は、書店で基礎的なプログラミングの参考書を購入するという方法もあります。

なお、テックアカデミーに関しては、無料の体験講座が用意されているので、そちらも積極的に利用すると良いでしょう。

有料の講座につなげられる内容であるため、予習の教材としてうってつけです。

どの手段を選んだ場合でも、どの程度まで勉強すれば良いのか疑問に感じやすいです。

基本的な文法の講座を知るだけでも十分であり、ポインタや配列などまで学習しなくても構いません。

繰り返しや分岐といった簡単な内容をチェックし、変数の定義といったプログラミングの常識を押さえましょう。

なお、イメージしにくい場合は、テックアカデミーに相談してみることでアドバイスしてもらえる場合もあります。

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点② プログラミング環境を準備

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点② プログラミング環境を準備

2つ目の注意点は、プログラミングの環境を早めに構築しておくことです。

通い始めてから構築していたのでは、スタートでつまずくリスクが高まってしまいます。

ここでいう環境はコンパイラだけでなく、パソコンも含めた総合的なものです。

インターネットを使えるようにすることなども含まれており、今後のプログラミングにおいて必要なものをあらかじめ準備しておくことが望まれます。

もしスマートフォンしか持っていないなら、パソコンを一台用意しておいたほうが良いでしょう。

いくらスマートフォンの性能が上がっても、ソフトウェアの開発環境としては心もとないからです。

開発においてスマートフォンはあくまでも補助的なツールであり、メインの環境としてパソコンは必須だと捉えてください。

開発したアプリがスマートフォンで正常に動作するのかテストするときなどに使えます。

ただし、初心者のうちは必ずしもハススペックなパソコンは必要ありません。

自分が習得を目指すプログラミング言語と主要なコンパイラなどを調べましょう。

そこに書かれている要求値を超えている仕様の製品であれば大丈夫です。

性能が良すぎると持て余してしまい、結果的に損をすることになりかねません。

しかし、3次元CGを扱うようなソフトウェアを開発する予定があるなら、最初にハイスペックマシンを買うことも検討しましょう。

エンジニアに人気がある機種を候補にして、自分に適しているものを選びましょう。

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点③ プログラミングを学ぶ目的を明確化

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点③ プログラミングを学ぶ目的を明確化

3つ目の注意点は、自分が将来的にどうなりたいのか明確にすることです。

漠然と通っているだけでは、技術者としての成長が遅くなってしまいます。

はっきりとゴールが見ていれば、そこまでのロードマップも敷きやすいです。

たとえば、産業用ロボットの企業に就職したいなら、人工知能のプログラミング能力が大きな武器になります。

趣味でアプリ開発をしたいなら、さまざまなアプリのソースが教材として相応しいです。

このようにゴールが違えば、学ぶべき内容も大きく変わってきます。

通いながら考えれば良いという人もいますが、それが通用するのは高校などの普通の教育現場だけです。

テックアカデミーはあくまでも技能を身に付けることが目標であり、自身のステップアップを成し遂げるための場所です。

したがって、どこにステップアップすれば良いのか分かっていないと、学習しても漠然とした知識しか習得できません。

自分がなぜテックアカデミーで学びたいのかよく考えてみましょう。

就きたい仕事や得たい年収など、具体的に思い浮かべることがとても大切です。

そうすれば、その実現にどれぐらいの取り組みが必要になるのか計算できるようになります。

ゴールさえ明らかなら、テックアカデミーは全力で支えてくれます。

そのような主体性のある人物にとって、最高の学びの場といっても過言ではありません。

未経験でテックアカデミーを受講した方の口コミ

未経験でテックアカデミーを受講した方の口コミ

未経験でテックアカデミーを受講した方の口コミを最後に紹介します。

未経験なので苦戦されている方もいらっしゃいましたが、全体的には満足されている方が多かったです。

 

IT未経験ならば、テックアカデミーやらで勉強して、githubでポートフォリオを公開できるようになってから、経験者としてjoinしたほうが断然良い。未経験採用している会社では、新卒でない限り、研修や教育にお金はかけないから#駆け出しエンジニアと繋がりたい#SES

— okikusan_public (@okikusan_public) September 15, 2021

未経験の方は、テックアカデミー修了されてから転職活動してますか?やること多くて頭がパンクしかけてます😅#テックアカデミー#転職活動

— みしぇる (@mhmk109710) May 27, 2021

テックアカデミーで昨年から学習を継続中!
まったくプログラミング未経験から始めたので
悪戦苦闘しながら奮闘しています!#テックアカデミー

— 近藤 芳史 (@g4oJE0RxzKWtfY9) July 2, 2021

まとめ

プログラミングを受講している風景

未経験で何の準備もなくテックアカデミーを受講しても完遂することは可能ですが、あまりオススメの方法ではありません。

今回紹介した準備の内容は、30分程度で全てを実施することは可能ですので、隙間時間に考える程度のことをするだけでも良い準備になります。

充実した受講が出来るように、しっかりと準備してみて下さい。

テックアカデミーに未経験が通う場合の注意点① 受講前に準備が必要
最新情報をチェックしよう!