テックアカデミーのwebアプリケーションコースで転職は可能なのか

テックアカデミーのwebアプリケーションコースで転職は可能なのか

テックアカデミーのwebアプリケーションコースで転職は可能なのか

テックアカデミーのwebアプリケーションコースは人気のコースですが、受講後に転職も可能なのかを懸念する方も一定数いらっしゃるかと思います。

今回は、受講した後に転職出来るのか、webアプリケーションコースはおすすめ出来るのかを紹介していきます。

テックアカデミーのwebアプリケーションコースで勉強すべき理由

近年は、パソコンを利用する仕事が増えています。

パソコンを利用する仕事が増えるにつれ、パソコンをいじることができる人の需要が高まっています。

各会社では、パソコンを使った仕事が主流になっており、今やパソコンができない人は企業の中で立ち位置がないかもしれません。

もし、これから転職する場合には、プログラミングぐらいは覚えておいた方が良いです。

もちろんプログラミングを知らなかったとしても、社員としてやっていくことができますが、パソコンを専門的に扱う会社の場合はやはりそのようにはいかないでしょう。

少なくとも、プログラミングの基礎を学んでおくことで、これから転職ができる可能性も高まります。

もしそうだとすれば、なくとも転職をする前から専門的な勉強を学ぶことができるところで勉強しておいた方が良いかもしれません。

代表的な学校の1つがテックアカデミーと呼ばれるプログラミングスクールです。

テックアカデミーのwebアプリケーションコースがおすすめな理由

テックアカデミーのwebアプリケーションコースがおすすめな理由①:オンライン完結

この学校は、プログラミングを学ぶことができるコースで、自宅にいながら学べる点は魅力的と言えるかもしれません。

忙しい会社員の場合には、なかなか予備校などに行って学ぶことができないでしょう。時間が限られているため仕方がないといいます。

しかしながら、もし自宅で学ぶことができるとすれば、好きな時間に勉強してそれを役立てる事は10分可能です。

また夜勤の人であっても、昼間の時間帯に勉強することができるため、非常に効率的に結果を出すことができます。

実際に転職をする場合であっても副業をする場合であっても、最低限の知識を得ることができるわけです。

テックアカデミーで、webアプリケーションコースを11月22日から受講してます。本業は金融機関で働くOLです。簿記の勉強もしてます。初心者ですが、よろしくお願いします。#プログラミング #プログラミング初心者と繋がりたい #テックアカデミー #プログラミング勉強中

— 七味ちゃん (@7mi_chann) November 25, 2021

テックアカデミーのwebアプリケーションコースがおすすめな理由②:キャッシュバック

経産省が認定しているスクールのため、最大で300,000円までキャッシュバックされるわけです。

もちろん最大300,000円となっているため、すべての人がそれだけキャッシュバックを受けるわけではありません。

しかし何割か負担をしてもらえば、非常に楽に勉強をすることができるでしょう。

テックアカデミーのwebアプリケーションコースがおすすめな理由③:基本から学習可能

コースはいくつかに分かれていますが、もし基本的なことを学びたい場合にはwebアプリケーションコースを受講してみるのが良いかもしれません。

このコースの特徴は、将来ウェブエンジニアとして活躍するための基本を身に付けるコースです。

しかも短期間で結果を出すためのカリキュラムができているため、半年は1年もかけて勉強する必要はないでしょう。

このコースを受講することで、実際に転職活動をすることができるか問題になります。

基本的に、転職活動することができるかどうかは、どのような会社を選ぶかによって変わってくるでしょう。

大手企業等を選んでも厳しいケースは少なくありませんが、ただベンチャー企業などにおいては人を欲しがっている傾向があります。

その場合には、うまく仕事をすることができるかもしれません。

今日の学習報告
WEBアプリケーションコース

✅Lesson18(Webアプリ開発基礎)

Lesson18一個目の課題合格!けど復習しないとやばそう
そして今日は初めてのメンタリングだった。オリジナルサービス何個でもいいらしいから頑張る!#駆け出しエンジニアと繋がりたい #テックアカデミー#Webエンジニア

— HiRO(ひろ) (@HiRO50042320) November 26, 2021

テックアカデミーのwebアプリケーションコース受講後に転職を考える場合の注意点

この場合には、そこで働くにふさわしい人物になっておくことが必要です。

つまり、単に技術的なものを持っているから必ずしもそこで働けるわけではないことを意味しています。

つまり、誰でも必ず資格を取得したからといって働けるわけではなく、その会社にぴったりの人かどうかで判断が分かれてくるところです。

面接官も、自分の会社にぴったりかどうかを判断します。80%位一致していれば概ね雇われる可能性が高くなります。

その上で、技術的なものを持っているかどうかを判断されると言っても良いでしょう。

つまり、まず自分がその会社の会社概要や理念などを見て本当にぴったりかどうか判断します。

基本的には、自分の考え方と全く一致していないようなところは直感的に嫌悪感を示すはずです。

もしそのようなことがなければ、概ね自分でもやっていける可能性が高いため、面接の申し込みをしてみましょう。

テックアカデミーのwebアプリケーションコース受講してると転職に有利

求人広告を見て申し込むわけですが、大抵の場合書類審査が行われます。

この書類審査の場面において、テックアカデミーで学習したことが役立つ可能性があります。

つまり、面接の前の段階でかなり有利に進めることができるでしょう。

会社としても、全く技術を持っていない人に1から教えるよりもすでに技術を持っている人にその技術を高めてもらい、その会社で使えるようにしてもらった方が非常に楽なわけです。

そのような意味において、テックアカデミーで勉強した事は新しく就職する場合に役に立つ可能性が高くなります。

ただ、この時資格を取得しているかどうかは大事になるでしょう。

プログラミングの資格を取得していれば、かなり有利に面接までこぎつけます。

もししていない場合であっても、会社の方で技術があると判断できる場合には雇われる可能性が出てきます。

面接時に、自分が得意なことをしっかりと説明することです。

少なくとも今まで学校で学んだ事を発揮するために少し知識を披露してみるのが良いかもしれません。

ただあまりそればかりになってしまうと、会社側もアピールが強すぎて嫌悪感を感じるようになり採用されない可能性もあるため注意をするべきです。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで「レッスン20 Railsを用いたWebアプリケーション開発:応用」の課題に合格しました!
心が折れかけた・・・#テックアカデミー #プログラミング初心者 #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— ノマ (@noma_programer) December 6, 2021

テックアカデミーのwebアプリケーションコースで転職は可能なのか
最新情報をチェックしよう!