大学生がプログラミングを稼ぐにはコツなんていらない

大学生がプログラミングを稼ぐにはコツなんていらない

大学生がプログラミングを稼ぐにはコツなんていらない

大学生でもプログラミングで稼げるようになるのかと心配している方も多いかと思います。

今回は、大学生だからといって、稼げないわけではなく、またコツなどのようなものも無いことを説明していきます。

大学生でもプログラミングを習得するとかなりコスパ良く稼げる

大学生でもプログラミングで稼ぐことができるのかと気になる人がいるかもしれませんが、特にコツなどもなく十分に稼ぐことができます。

年齢に関係なく結果を出すことができる分野であるため、スキルや行動力などがあれば、自分の名前でも仕事を取ることが可能です。

実績を積む高騰により継続して案件を獲得しやすい業界とも言えるでしょう。

腕を磨きつつポートフォリオや仕事などの実績を積み上げていき、様々な企業や顧客とのつながりを少しずつ広げていくことが求められます。

実はプログラミングの案件は10万円以上のものが多く見られ、たとえ一つの案件を行っただけでも高額の報酬をもらうことができるでしょう。

つまり月に三つの案件をこなすだけで、なんと30万円を稼ぐということになります。

自宅で作業をする案件を選べば、学校に通い講義を受けながら、少しの空いた時間を使い少しずつ完成させていく流れです。

一回6時間のバイトを行うことを考えれば、かなりの高時給であり、自分のペースで進められることがメリットです。

【大学時代にやっておけばよかったと思うこと】
・ブログ
・YouTube
・プログラミング
・せどり
・SNS
・合コン
・自分のビジネスでお金を稼ぐ
・派遣やバイトで多くの仕事をやって自分の向いてる仕事・好きな仕事を知る
・ジムで筋トレ
・留学#大学生 #大学生すべきこと #公務員 #公務員試験

— 元公務員ベレット (@GreenBeret24) December 7, 2021

大学生がプログラミングで稼ぐ2つの方法

大学生がプログラミングで稼ぐためには、インターンとクラウドソーシングの二つの方法があります。

どちらかの専門と決めるのではなく、自分のためになる案件を選ぶことが一つの手段と言えます。

インターンと呼ばれるものは、IT企業の開発現場に自分から参加して実際に働く方法です。

部分的な仕事をこなすことになるので、有給のパターンが多く、スキルがなくても一般バイトよりも高い時給です。

インターン歴としても就職活動においてもアピールができ、現役のエンジニアからも様々な知識や技術を教えてもらえられるなど、様々なメリットがあります。

大学生はインターンにも応募しやすいことから、どんどん活用していきたいところです。

そしてもう一つがクラウドソーシングと呼ばれるもので、こちらは時給制ではないため、連続して働くことができない大学生でも、少しの時間を作りプログラミングで稼ぐことが可能です。

個人事業主の立場となり顧客と契約を結びます。

出来上がったものを納品する代わりに報酬をもらう出来高制といえばわかりやすいでしょう。

代表的な仲介業者としては、アナザーワークスやランサーズ、crowdworksなどが挙げられますが、それぞれの業者でどのような案件があるのかを確認しましょう。

プログラミングで積極的に稼ぎたいと考えるのであれば、やはりWeb関連の言語が良いと言えます。

その理由としては、Web関連のものはネットの案件数が非常に多く見られるからです。個人でも請負やすい規模です。

言語を選ぶ場合には、需要の高いPHPやRubyなどがオススメとなります。

いくつかのページを作り約5万円ほどが相場となっていて、できることならば同時に複数の案件をこなすことで、月に10万円以上は稼ぐことができるでしょう。

PHPはHPを簡単に作ることができるWordPressに使われていることから、案件が非常に多いです。

Rubyはシンプルな構文で使いやすく、Webアプリ開発にも使われています。

 

大学生にはプログラミングの仕事がおすすめ。大学生としてプログラミングはやっておくべきだと思うがやる気がわかないだろう。なら3ヶ月勉強して稼ぐということを目標にしたらどうだろうか。勉強になりつつ、稼げもする。#プログラミング初心者と繋がりたい #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 大学でWindowsを開くエンジニア (@TQLKDIao1h2W7HH) November 2, 2021

大学生がプログラミングで稼ぐために大切なこと

このようなことから大学生でも十分に稼ぐことができると分かりますが、どのようなステップをたどっていくのかをしっかりと把握しておくことが大切です。

まず最初に行うことは学ぶ言語を決めることです。

自分の作りたいものが明確に決まっているのであれば、それに関連した言語を選ぶことによって挫折する可能性もなくなります。

どの言語にするのかにより難易度や仕事の数も大きく異なるため、よく考える必要があります。

そして二つ目には大まかな学習計画を立てて行きます。

300時間の正しい学習計画を立てた上で、最後までやり遂げることを目標にします。

一般的に300時間学習を行えば基礎学習もでき、顧客の要望にある程度応えられるレベルに達するでしょう。

特に初心者の大学生の場合には、どのような言語は使うのかの確認が重要です。

いきなりお金のかかるスクールに入るのではなく、自分の目的までの段階をしっかりと確認します。次に学習方法を決めていきます。

独学とプログラミングスクールの二つがありますが、それぞれに向き不向きがあることから、自分の性格や環境によって決めることが大切です。

自己管理が得意であり、ゼロの状態から資料を探したり疑問を解決することができる場合には独学が向いているでしょう。

その後に自分でオリジナルの作品を作っていきます。教科書は他人のコピーではないオリジナルのコードを書くスキルを習得することができるでしょう。

インプットした基礎知識を活かし、オリジナルのアプリやWebサイトを完成させていきます。最後に実際に仕事を受けてみます。

基礎を固めある程度自分で応用が可能となった場合には、実際に仕事を初めて見るのです。

最初から大きな案件を受けるのではなく、自分にできそうな小さめのものから取りかかると良いでしょう。

インターンで稼ぐ方法もあるので、それぞれのit企業で良い条件の募集が出ていないかを定期的にチェックすることも大切です。

大学生がプログラミングを稼ぐにはコツなんていらない
最新情報をチェックしよう!