大学生からプログラミングを学習して稼げるようになる時間

大学生からプログラミングを学習して稼げるようになる時間

大学生からプログラミングを学習して稼げるようになる時間

大学生でプログラミングを習得して稼ぎたいという方が増えています。

今回は、稼げるようになるまでどれくらいの時間がかかるか、どう学習すればいいかを解説していきます。

大学生からプログラミングを学習して稼げるようになるには約1000時間必要

大学生からプログラミングを学習し始め、そして稼げるようになるまでの時間の目安は約1000時間です。

これは他の専門的な学習にも当てはまるもので、この1000を目標にどれだけ頑張れるかが重要な鍵を握るといえます。

ちなみに1日あたり3時間のペースで勉強すると1年で到達できる数字ですから、一見無理そうに思えても実は十分に現実的です。

また当然ながら倍のペースで頑張れば6ヶ月、他のことを犠牲にしてでもプログラミングに打ち込めば、3ヶ月で基礎や応用を身につけることができます。

大学生は本業があるので、1日中プログラミング漬けというのは難しいですが、しかし短期間でも本気で取り組めば稼げるようになるのは確かです。

学習の目安はあくまでも目安なので、飲み込みの早い人であれば、もっと短期間でものにできる可能性があります。

この1000は平均的な大学生が1から学び始めた場合の目安ですから、勿論個人差があるのは間違いないです。

少しでもかじった経験がある人なら、基礎が見についていたり学習のコツを知っていてもおかしくないので、もう少し早く習得できるでしょう。

問題は実際に稼げるかどうかで、学習に取り組みつつ実践的な仕事を請け負いこなしていけば、いずれ一人前としてもっと稼げる仕事が任せられる可能性が出てきます。

結局のところ、知識があっても実務経験がなければ評価されませんし、即戦力になる実力を証明しない限りはいくらプログラミングができても認められないです。

逆に、学生でも実務経験があって実力が認められていれば、大学に在籍しながら学業と仕事を両立できます。

このレベルに到達するのは決して簡単ではありませんし、1000時間はともかく数百時間以上は必要です。

皆さんはどちらを選びますか?

大学生だし、時間あるから今のうちに遊びまくるか!

大学生だし、時間あるから個人で稼ぐ力を身につけて将来遊びまくるか!

僕は後者を選びます#大学生#プログラミング

— いぼうさん/住職/独学プログラミング (@ibousan_) June 12, 2021

大学生がプログラミングで稼ぐために大切なこと

とはいえ、行動しないことには始まりませんし、最初から諦めてしまっては目指せる目標も目指せなくなります。

大学生はまだまだ時間的な余裕があって選択肢も可能性も幅広いですから、プログラミングに興味を持ったら思い切って挑戦してみるのが手です。

どこまで学習が進んだか、プログラミングの理解が深まったか細かく振り返って確認するのは無駄です。

それよりも、1つ1つ着実にステップアップするつもりで頭に入れていく、これが初心者を脱却して中級者になる為のポイントです。

稼げる大学生を見てみると分かりますが、常に何かに取り組んでいて気がつけば成果を残しているものです。

つまり、やることをコツコツと積み上げて、1つ1つ実績を作り成果としているわけです。

こういう人のもとには仕事が舞い込みやすいので、黙っていても向こうから仕事がやってきますし、やはり仕事をこなすことで実績が生まれ次に繋がる好循環が発生します。

重要なのはやっているつもりになるのではなく、1分1秒も無駄にしないつもりで、稼げるようになる努力を怠らないことです。

大学生は学生の身分に甘えがちですが、それは仕事の責任というものの自覚が薄いのが理由の1つです。

締切が設けられ納品に迫られる責任は、実際に経験してみないと分からないです。

大学生で、お金を稼ぐためにプログラミング勉強し始める人なら、

バイトしないのがオススメ!!

理由は、
金がないから早く技術を活用できるようにするために頑張るしかない、何もしなかった時の将来の機会損失を考えると恐ろしいので頑張るしかないから。

あとシンプルに時間と心に余裕ができる🌞

— ちゃき@プログラミング初心者 (@karaa_ge_taberu) January 23, 2019

大学生がプログラミングで稼げる仕事の獲得方法

ただ、最初からいきなり本格的な仕事を請け負うのは難しいので、まずはハードルの低い簡単なものから始めたいところです。

クラウドソーシングは大小様々な、それこそプロのベテランから殆ど未経験者の初心者向けの案件まであります。

初心者にとっては小さな仕事でも容易ではないですが、仕事をクリアして納品することで、エンジニアとしてのレベルアップを図ることができます。

この実践は必ず自分の力になりますし、毎回前回よりも難しい仕事に挑戦していけば、短期間のうちに半人前を卒業できるでしょう。

とにかく仕事をこなして実績を作る、そこに短期間で稼ぐ為のコツが隠れています。

スクールで学んだり独学するのも自由ですが、実務については仕事を引き受けてクリアしなくては経験が身につかないです。

課題や自分で立ち上げたプロジェクトを形にするのも1つの方法ですが、それが稼ぐことに繋がると証明できなければ、結局は仕事をする上で実績がないのと同じです。

大学生がプログラミングで稼げるようになると就職にも役立つ

企業が依頼する案件をこなすことは、思っている以上に責任を伴いますし、実績になって自信に結びつきます。

実務をどのタイミングで始めるかは自由ですが、チャンスがあればなるべく早く挑戦することをおすすめします。

チャンスは貴重ですし、成長できる切っ掛けになるので、これを逃してしまうのは勿体ないです。

むしろ自分から貪欲にチャンスを探して手にするくらいの気持ちで、アンテナを張って情報を仕入れたり、仕事があれば積極的に引き受ける姿勢が望ましいです。

これができるのとできないのでは大違いですし、消極的で自分からチャンスを手放すような人は、仕事を任せてもらえるチャンスも減ってしまいます。

仕事が少ないと実績を作る機会も減りますから、早く一人前を目指したい人にとって、チャンスを捨てるようなことはあってはいけないです。

今大学生の人なら、やるべき事は英語、プログラミング、自分自身での情報発信だと思う。
インターネットを使って影響力を持てるようになると、就活無双できるし、何より個人で稼ぐという事に最大限時間使えるのは大学生のうちだけ。
ぶっちゃけ大学生で稼げるようになってしまえば、就職しなくていい

— taka@商社×ブログ (@Gold990Taka) December 9, 2020

大学生からプログラミングを学習して稼げるようになる時間
最新情報をチェックしよう!