大学生が夏休みにプログラミングを勉強すべき理由

大学生が夏休みにプログラミングを勉強すべき理由

大学生が夏休みにプログラミングを勉強すべき理由

大学生の夏休みは長く2ヶ月程度もあります。

そんな長い休みにはプログラミングを勉強することを強く推奨します。

推奨する理由は、将来確実に稼げるスキルになるためです。

今回はその詳細を紹介していきます。

大学生が夏休みにプログラミングを勉強すべき理由とは

大学生が夏休みにプログラミングを勉強すべき理由は、全てでは無いですがほとんどの大学は夏休みが2か月以上あり、2カ月もあればプログラミングの基礎から応用までを集中的に学べるからと言うのが結論です。長期休みはバイトでお金を貯めて、海外旅行に行ったり奨学金ローンを返すために使う人もいます。好景気ならばそれでも問題なく就職できるかもしれません。だけど好景気は、新型ウイルスの流行や大災害や戦争などの不測の事態が起こればすぐに不況に変わってしまいます。不況下では当然ですが会社には、新卒従業員を雇っても教育するための余裕がなくなり即戦力を求めます。不況下ではスキルを持った即戦力を取りたい企業が増えるので、スキルを身に付けておく必要があります。いくらスキルと言っても需要が無い資格を持っていても全く評価されないので、やはり有用なものが理想です。そして食いっぱぐれないスキルとして、プログラミングが注目されています。

社会人でも大学生でもただバイトするのは勿体無い。動画編集とかプログラミングのような仕事を受注する副業をすべき。時給が仮に変わらなくたって家でできるし、いつでも収益化できるスキルまで身につく。自分でお金を生み出す力は強い。他人に依存してたらこの先怖いぞ。自分で稼ぐ努力をしよう。

— ひらち / SNSマーケター (@hirachi_Youtube) February 17, 2022

大学生の夏休みを有効活用するとかなり稼げるスキルを習得可能

夏休みは2カ月以上の長期間ですが、PC好きで既にパソコンスキルをある程度持っていたり、すごく好きならば独学でネット上に無料である学習方法や基礎のプログラミングの参考書を買って学べます。だけどそんな得意な人ばかりではないので、どのように学習すればいいのかを説明します。結論ですが素人が独学でネット上の情報を調べたり、値段が安い学習で使えるスペックも無いパソコンを購入すると失敗するリスクが高いです。だからある程度のスペックのPCを用意して、専門のスクールに通った方が勉強ははかどります。どちらもお金が掛かるので、夏休みの前半はバイトを集中させてお金を貯める所から始まります。

 

大学生の大きな悩みが就職活動!でもぶっちゃけ、プログラミングができればまず就職に困ることはない。必ず無双できる!エンジニアはとても需要のある職業だから、学生のうちから学んでおけば就活の悩みは吹き飛ぶよ。会社員でもフリーランスでも仕事に困らないのがエンジニアの魅力なんだ!

— シド@後悔だらけの就活を無くす (@code_the_seed) February 17, 2022

大学生が夏休みにプログラミングを勉強するために必要なパソコンのスペック①

プログラミングを行うために必要なパソコン選びですが、OS選びから始まります。OSには大きく2つの種類があり、スマートホンでも有名なアップルとWindowsが有名です。当然ですが始めにOSでアップルのマックを選べば、マックの得意なPC言語に適していてWindowsは苦手です。逆にWindowsはマックとの相性はよくないので、どちらのPC言語を覚えたいかで選ぶ必要があります。そしてスペックが高いほど処理速度やアプリの起動速度がはやく、初期状態から多くのソフトや情報を保存して置けるHDDなどの容量も多いです。だけど当然ですがスペックが高いPCほど高額である傾向があり、プロフェッショナルが使う機器だと数十万から百万以上のものもあります。だけど初心者では、そんなにハイスペックの物は必要ないです。
OSとスペック以外にも大切になって来るのが、どのようなPC言語でどんな物を作りたいかをあらかじめ決めてPCを選ぶ必要があります。プロ仕様のPCだとハイスペックの物は、どんなプログラムもストレスなく作れますが大学生の予算では購入は難しいです。だから得意な処理に特化した例えば映像系のプログラムならばグラフィックボードやメモリが高性能のものを買うなど、使う用途で最適なものを選ぶ必要があります。

大学生が夏休みにプログラミングを勉強するために必要なパソコンのスペック②

パソコンだと持ち運びに便利なノートPCが良いと思われる人もいるかもしれませんが、デスクトップPCの方が同じ予算ならば高性能のものが殆どです。何故ならノートPCは持ち運びを考えて、グラフィックボードも小型にして、小さいスペースに詰め込まれています。高性能のパーツは発熱量も多いため、アルミなどの放熱性能が良い筐体で、超コンパクトの高性能パーツを使っているため高額になってしまいます。だから初心者大学生で高性能のプログラムを組むPCを買うなら、予算から考えるとデスクトップが望ましいです。だけど後ほど話しますが通学のPCスクールに通うならば、デスクトップは持っていけないので予算最高額のノートPCとなります。ノートPCにはモニターが始めから付いてますが、デスクトップは別売のモニターを買う必要です。モバイルならば画面がでかくなるにつれて重量が上がって行くので、12インチ程度の小さいサイズが扱いやすいです。それに対してデスクトップならば、机などにモニターを設置して置けるので20インチ程度の大きいサイズの方が見やすくて便利です。

大学生が夏休みにプログラミングを勉強するために必要なパソコンのスペック③

PCには拡張性があり、メモリやHDDやグラフィックボードを購入後からアップグレードも可能です。一般的にノートPCは拡張性が低く、SSDやメモリの容量を上げるぐらいしかアップグレードできません。それに対してデスクトップならば、本体のケースが大きいものならば、余ったスペースにグラフィックボードを2本挿ししたり、CPUを最新のものに変えたり、SSDでデータの書き込みを早くしたりHDDで保存容量を増やす事ができます。当然ですがアップグレードして行けば、一度PC本体を買えば長期間快適に使い続ける事が出来ます。ノートPCの場合はバッテリーと液晶パネルなどが消耗品で、それらを交換する事は可能ですが買い替えた方が安いぐらい高額になります。パソコンを選んだら、デスクトップならばオンラインのスクールで、モバイルならば通学かオンラインのスクールを選んで勉強する事になります。

大学生が夏休みにプログラミングを勉強すべき理由
最新情報をチェックしよう!