大学生がプログラミングで稼ぐのは難しいのか

大学生がプログラミングで稼ぐのは難しいのか

大学生がプログラミングで稼ぐのは難しいのか

大学生はお金が無く、プログラミングスクールに通うのは難しい場合が多いので、プログラミングで稼ぐのは難しいと思われがちです。

しかし、実際はそうではないことを説明してきます。

大学生がプログラミングで稼ぐのは難しいが可能である

大学生がプログラミングで稼ぐのは、簡単か難しいかでいえば決して楽ではないです。

しかしプログラムに関する仕事といっても多岐にわたりますし、経験とスキルが物を言う案件もあれば、比較的簡単な案件も存在します。

大事なのは専門性が高くて難しいと決めつけるのではなく、自分も稼げる人間になると信じて、実際に稼げるように目指すことが大切だといえるでしょう。

最初からネガティブな感情だと、成功するものも成功しなくなりますし、それは自分からチャンスを手放しているのと同じです。

逆に、根拠がなくても自信があって常に前向きに取り組む人は、大抵のことで成功できるチャンスが手に入ります。

このように、精神的な部分も結果に影響しますから、自信がないとネガティブに考えている人はまず、そういう部分を克服することが重要です。

とはいえ、実際に大学生がプログラミングで稼げているかどうか分からないと、不安に感じてしまうのは仕方がないです。

現実的な話をすれば、稼ぐことができている人は確かにいますし、中には月に10万円を超える人も珍しくないです。

プログラミングで稼ぐって大学生でもできるんだろうかって思ったことがあったが社会人になって稼ぐ方がもっと難しいだろう。時間がたっぷりあって金がない今の時期こそお金への渇望を燃やすべき。#プログラミング初心者と繋がりたい #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 大学でWindowsを開くエンジニア (@TQLKDIao1h2W7HH) October 14, 2021

大学生が稼げるようになるには挑戦が大事

ただ、スキルのレベルや取り組む案件の内容、仕事の早さや稼働時間によって左右されます。

簡単な案件ばかりを選んでいればいつまでもスキルアップしませんし、できる仕事は限られたままとなるでしょう。

また効率的に案件をこなす意識で取り組まないと、納期が短い案件に挑戦することができないです。

副業よりもスキマ時間のお小遣い稼ぎ感覚であれば、必然的に稼働時間が短くなるので、時給に換算するとそれなりということになりそうです。

つまり、大学生がプログラミングで稼ぐようになるには、少し難しいと感じる案件に挑戦する姿勢で、無駄を減らす意識で取り組むことが必要となります。

仕事を得たり、お小遣いを稼ぐ程度なら誰にでも簡単ですが、そのレベルから脱却しようと思えば、勇気を出して挑戦することが不可欠です。

現在はクラウドソーシングで仕事が探せる時代ですし、初心者向けから各種の案件が充実していますから、自分に合った仕事を選んで挑戦できます。

勿論、案件の応募には要件がありますが、特に資格や実務経験などが求められないものなら、ほぼ未経験の初心者にも挑戦のチャンスはあります。

ただし、クライアントは納期までに希望のクオリティの成果の納品を期待しているので、期待に応えられそうにない案件は無理に挑戦しないのが正解です。

大学生がプログラミングで稼げる分野の仕事

大学生におすすめなのは、比較的難易度が低いWeb系のプログラミング案件で、単価が低くて報酬も少なめのものです。

単価が低いと時給換算も少なくなりがちなので、モチベーションが下がることは否めないです。

しかし初心者が自分のレベルを測ったり、実力を客観的に確認する目的においては、それくらいで丁度良いといえます。

ちなみに、仕事を受注したり一人でそこそこ稼げるようになるまでには、最低でも3ヶ月の学習が必要です。

3ヶ月は本当に最低ラインですし、毎日の大半を勉強に費やして基礎を覚えたり応用できるようになることが前提となります。

6ヶ月もあればかなり自信がつきますし、簡単な案件を複数、並行しながら取り組むのも不可能ではないでしょう。

プログラミングで稼ぐとなると、専門学校や大学で学び、就職して経験を積まなくてはいけないイメージがあります。

これも1つのキャリアではありますが、今は異業種から転向して、転職のタイミングでスキルを習得する人もいる時代です。

社会人向けのプログラミングスクールがその好例ですし、20代や30代からでも決して遅くはないと分かります。

大学生はプログラミングをやることをおすすめします

自分の力で1円でも稼ぐことは難しいけど、その過程で学ぶことや稼げたという成功体験は社会に出る上で大きな自信となります。

やりたいことがなかった僕も、稼ぐスキルを学ぶことでやりたいことが見つかりました

大学生フリーランスは激推しです

— たつき@SE × Webクリエイター (@tatsuuu_227) April 30, 2021

大学生でもプログラミングで稼げるので、もう遅いと断定するのは時期尚早

大学生はまだまだ可能性の塊ですし、選択肢は豊富で選べるキャリアパスが数多くあります。

この為、挑戦せずに稼ぐのは難しいと思ったり、大学生は遅いと考えるのは決めつけです。

本気で取り組めば3ヶ月、あるいは6ヶ月で物になりますし、自信を持って稼げるようになっていてもおかしくないです。

難しいと思うのはまだ挑戦したことがないか、かじった程度で本気になっていない証拠です。

近年はオンラインでも本格的な学習ができますし、プログラムが書けるようになる講座も充実しています。

将来的な就職に向けた学習なら本格的なスクールが狙い目で、受講料は掛かりますが、短期集中的に専門的なスキルが習得できることを思えば安いです。

大学生がプログラミングで稼げるスキルを習得には色んな手段がある

確認してみると分かりますが、講師が現役のエンジニアだったり、教材が体系的にまとめられていて理解しやすいなど、金額に納得できる内容となっているはずです。

それでもまだ本気に慣れなかったり、受講料が高いと感じるのであれば、無料で使える学習サービスやWeb教材を利用するのが良いでしょう。

無料なので学べるのは基本と応用の一部分だったりしますが、取り敢えず触れてみて挑戦するのに丁度良いです。

本格的なスクールでの学習はそれからでも遅くないですし、むしろ基礎を身につけてからの方が、効率良く学べて稼げるようになるまでの期間が短くなります。

 

今は大学生で将来のことを考えたときに、自分で稼ぐ力を身につけたいと考え、プログラミングを始めました。
自分は誰にどれだけ難しいと言われようと勉強を続けて近い将来絶対に年収1000万以上稼いでみせます。
そのための勉強経過や目標をツイートしていきます。

マジで頑張ります!

— よー@web制作 (@BVtking) September 7, 2020

大学生がプログラミングで稼ぐのは難しいのか
最新情報をチェックしよう!