大学生がプログラミングで稼げないと言われているのはなぜか

大学生がプログラミングで稼げないと言われているのはなぜか?

大学生がプログラミングで稼げないと言われているのはなぜか

お金を稼ぐには将来のことも考えてプログラミングと考えて、大学生が勉強する機会が増えています。

しかし、大学生ではプログラミングで稼げないと言われることもあります。

今回はその理由を解説していきます。

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い

大学生がプログラミングで稼ぐことは不可能だと見聞きしたことがある人もいるかもしれませんが、これは間違いだと言えます。

学生であることを理由に稼げないということはありません。

ただし、実際に現場で働いたことがない大学生が稼げるようになるのは簡単ではないということは事実です。

在学中に成果を出したいと思っているのであれば、稼げないと言われる理由や稼ぐためにやるべきことを知っておく必要があります。

おはようございます☀️

学生の間にプログラミングで稼げるようになりたい、、
もう本当にただそれだけ

でも自分の力で稼ぐというゴールに向けての道筋がハッキリしてなくて苦しい

見えないゴールに走るのはこんなに辛いことなのか

ゴール設定って本当に大事#おは戦31201ds 🌊#プログラミング

— すぎ@読書📚プログラミング👨‍💻テレアポ📞やってる大学生 (@YuyaSugimoto3) November 30, 2021

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由とは?

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由①お金が無いので独学に走りがち

学生がプログラミングで稼げないと言われる理由の1つには、独学になりがちなことがあげられるでしょう。

スクールに通う場合は終了までに数万円から数十万円の費用が必要になることが多いです。

アルバイトで資金を稼いだり、親に頼んでスクール料金を捻出したりすることは難しいことが多いと言えます。

また、続けられる分からないなどの理由から独学を選ぶ人も少なくありません。

様々な理由から独学を選んでしまう学生が多いのですが、自分だけで学ぶ場合は躓いたときに解決することが難しくなります。

スクールを利用するときのようにメンターに頼ることができないため、自力でどうにかする必要があるでしょう。

インターネットや書籍で調べることで解決できるケースもありますが、上手く解決できない場合も多いはずです。

解決できないことが多ければ挫折して稼ぐことができる段階まで辿り着けなかったり、ウェブサイトづくりなどを行っても品質が微妙になったりする可能性が高いと言えます。

プログラミングスクールに通って相談できる環境をつくっておけば、稼ぐために知識を増やしたり力を伸ばしたりできるようになるでしょう。

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由②言語選びの失敗

言語選びの失敗で上手くいかない人も多いです。現場で働いている人であれば、稼ぐためにどのような言語を学ぶべきか熟知していますが、学生の場合はそういった知識がありません。

有名な言語から勉強するべきだと思うかもしれませんが、C言語やJavaはおすすめできないです。

学生であればウェブサイト作成が稼ぎやすいと言えますが、この方法で稼ぐのであればHTMLやCSS、JavaScriptやPHP、RubyやRuby on Railsを習得しておくべきだと言えます。

習得言語のミスマッチが稼げないという問題を引き起こすため、大学生が収入を得るために最適である言語が選べるようにしておくことが大切です。

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由③仕事を見つけにくい可能性がある

経験を増やしたり作品をつくったりすることも大事だと言えます。

現在ではクラウドソーシングサービスなどで簡単に仕事を見つけることができますが、実績のない相手に仕事を依頼しようと考える人はいません。

会社などでプログラマーとして働いた経験がないのであれば、実績を増やしておく必要があります。

大学生の場合はインターンシップに参加することができるため、これに参加して実際の現場を経験することも可能です。

ポートフォリオを作成することもでき、自分でコードを考えて書き出した作品を用意しておくと、仕事を受けたいときに依頼主に能力をアピールできるようになります。

経験を積んだりアピールするための作品を用意したりしておくことで、仕事を任せてもらえるようになり、収入を得られるようになるでしょう。

いきなり仕事を受けることは難しいので、下地づくりから頑張ることが重要だと言えます。

大学生がプログラミングで稼げるようになるために

大学生がプログラミングで稼ぐ場合は、モチベーションを低下させないように工夫しておくことも大切です。

勉強量が多いこと、なかなか依頼が受けられないことなどを理由にやる気を失ってしまう学生も多いと言えます。

せっかく学習を始めたりウェブサイト制作が行えるほどのスキルを身につけられたりしても、やる気がなくなってしまえば意味がないです。

スクールやSNSなどで同じように頑張る仲間を見つけておいたり、新たな刺激を受けるために継続してインターンシップに参加したりするような工夫が必要となるでしょう。

稼げない学生の中には中途半端なところでやめてしまうことが原因の人も多いです。

モチベーションが下がらないようにしつつ、納得できるような収入が得られる状態を目指すことが大切だと言えます。

大学生がブログで月10万稼ぐためには「お役立ち情報発信中」とtwitterプロフィールに書くのはやめましょう。それより初心者がブログで1万円稼ぐ方法やプログラミングで3ヶ月勉強したことを発信。などなるべく数字や固有名詞を使って具体的に書きましょう。これを忘れると見向きもされません

— しょーん@1日30分のブロガー向けツイッター集客術 (@shawnxxx_com) November 8, 2021

大学生でも頑張ればプログラミングで稼ぐことは可能

大学に通っている人がプログラミングで稼ぐことを選んだ場合、注意点を理解した上で熱心に打ち込むのであれば、十分に稼げる可能性はあると知っておきましょう。

稼ぐことができないケースの多くは、勉強のやり方や言語の選び方を間違えていることで稼げるほどのスキルが身につかなかったり、なかなか成果が出ないことで挫折してしまったりすることが原因だと言えます。

適切な方法で学んだり、モチベーションが高く保てるようにしておいたりすることで、大学生でもプログラミングで稼げる可能性を高めることができるでしょう。

絶対に稼げないということはないので、注意すべきポイントを知ってから取り組むことをおすすめします。

既に取り組んでいるけれど上手くいっていない場合は、これを参考にして改善すべき部分は改善してみると良いでしょう。

 

【大学時代にやっておけばよかったと思うこと】
・ブログ
・YouTube
・プログラミング
・せどり
・SNS
・合コン
・自分のビジネスでお金を稼ぐ
・派遣やバイトで多くの仕事をやって自分の向いてる仕事・好きな仕事を知る
・ジムで筋トレ
・留学#大学生 #大学生すべきこと #公務員 #公務員試験

— 元公務員ベレット (@GreenBeret24) October 30, 2021

大学生がプログラミングで稼げないと言われているのはなぜか
最新情報をチェックしよう!