大学生がプログラミングで稼ぐには理系である必要は必ずしもない

大学生がプログラミングで稼ぐには理系である必要は必ずしもない

大学生がプログラミングで稼ぐには理系である必要は必ずしもない

理系の学部だとプログラミングを学習することが多いので、プログラミングで稼げるようになるためには理系である必要があると考える方も多いです。

しかし、実際は文系の方でプログラミングで稼ぐ方も多数いるのが実状です。

今回は、大学生がプログラミングで稼ぐには何をすればいいかを紹介していきます。

理系以外の大学生でもプログラミングで稼いでいるのが実状

大学生のなかにはプログラミングで稼いでいる人もいます。

そう言われると、大学で情報処理系を専攻している理系の学生だと思うでしょう。

たしかにそのような人たちも多いですが、それ以外の専攻の人でも不可能ではありません。

実は理系でないにもかかわらず、しっかり稼いでいるケースは多く見受けられます。

たとえば、経済学部に通いながらプログラムの勉強をしているケースは珍しくありません。

経理の部門ではマクロなどのITスキルを使うことが多いため、情報処理の資格を取得を目指して勉強することがよくあります。

その一環として、現場レベルの技術を磨くために、プログラミングで稼ぐことを選択する人もいるのです。

上記はあくまでも一例ですが、理系以外の学生でもコーディングを得意とするケースが増えています。

たとえば、ゲーミングPCを購入して、その流れで簡単なプログラムを組めるようになることもあるでしょう。

動画配信を始めるつもりでパソコンを買い、環境を整えるあたりコーディングを始める人もいます。

最近はブロックを積み重ねることでコーディングする簡易なプログラムも流行っています。

子どもがプログラムに慣れるための環境ですが、大学生でも導入として利用するケースは珍しくありません。

このように、開始までのハードルが以前よりもずいぶん低くなっています。

大学生がプログラミングで稼ぐためには

そうして基本を学んだら、すぐにでもプログラミングの仕事に着手が可能です。

そう言われても、そんな初心者に依頼する人はいないだろうと反論する人もいます。

たしかに本格的なビジネスを始めるのは早いですが、アルバイトレベルのものならチャンスは十分あります。

成功率を高めたいなら、クラウドソーシングを利用すると良いでしょう。

クラウドソーシングの依頼内容はレベルが幅広く、その中には雑用的なものも多いです。

たとえば、コードの流れをフローチャートにするような依頼も見受けられます。

このような仕事ならプログラムの学習にもうってつけです。

学びながらお金も稼げるので一石二鳥であり、着実に仕事をこなすことでキャリアも積めます。

とりあえずタスク形式の依頼を次々とこなしていきましょう。

タスク管理なら自分だけの判断で受注が成立するので、理系である必要はありません。

そうして実績が豊かになってきたら、プロジェクト形式の仕事の受注を目指しましょう。

こちらは手を挙げたうえで、クライアントと交渉して契約が締結されます。

クライアントが気に入ってくれなければ、いくらアピールしても受注に至りません。

大学生はプログラミングをやることをおすすめします

自分の力で1円でも稼ぐことは難しいけど、その過程で学ぶことや稼げたという成功体験は社会に出る上で大きな自信となります。

やりたいことがなかった僕も、稼ぐスキルを学ぶことでやりたいことが見つかりました

大学生フリーランスは激推しです

— たつき@SE × Webクリエイター (@tatsuuu_227) April 30, 2021

理系大学生以外は拒否されることもある!?

理系でなければ拒否される可能性があっても、すでに実績が豊富なら任せてもらえる見込みがあります。

そのため、最初はできるだけ簡単なタスク形式の仕事を探すのが得策です。

そう言われると、ずっとタスク形式で構わないと考える人もいるでしょう。

ずっと収入が低いままで良いなら、そのような選択をしても構いません。

プロジェクト形式と比べて圧倒的に低いため、実働時間は何倍にもなってしまいます。

したがって、効率的に稼ぎたいなら、なるべく早めにプロジェクト形式に切り替えるのが得策です。

クラウドソーシング以外に稼ぐ方法も増えてきました。

プログラマーは恒常的に不足しているため、未経験者でもアルバイトとして採用する企業は多いです。

テスターとしての役割がメインですが、簡単なデバッグを任されることもよくあります。

特に人数の少ないソフトウェア会社で多く、バグを見つけることで報酬を上乗せする制度も見られます。

こうした現場で働くと、将来的にソフトウェア開発の仕事も視野に入れられるでしょう。

もちろん、最初は負担が大きいと感じるケースもありますが、現場でキャリア第一歩を踏みだせるのは大きなメリットです。

大学生の時に、プログラミングをガチって案件とって稼ぐぐらいのことしとけばよかったとすごく思う。

なぜだか、4回の時、案件依頼側でクラウドワークス便利〜ってやってた。バイトとして。なんでだろう笑#パソコン持っててよかった事 #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 山内 敬介 (@keisuke_it_) July 20, 2020

大学生がプログラミングで稼げるようになるには意欲が最重要

いずれにせよ、大切なのはプログラムの分野でスキルを高めようとする意欲です。

習得しておいて損のないものなので、大学生の段階で勉強しておくことはプラスになります。

身についた実力を試すために、その段階で稼いでみるというぐらいの気持ちで臨みましょう。

いくらセンスがあっても、本職のプログラマーと同程度に稼ぐの不可能です。

そのため、半分以上は勉強のためと割り切ってチャレンジする必要があります。

そのような心構えで、クラウドソーシングやソフトウェア会社の募集をチェックしてください。

たいていの場合、10件中1件ぐらいは自分でもやれそうなものが見つかります。

もし稼げない時期が続いても諦めないことが重要です。

他のジャンルと同様にプログラミングの需要には波があるので、焦らずに好機をうかがうスタンスを求められます。

たとえば、あるタイプのアプリが社会的に流行し、各社が一斉にそちらの開発に乗り出したとします。

そうすると各地で開発スタッフが不足するため、素人同然でも構わないと考えて人材の確保を優先することが多いです。

このような事情のある募集を見つけたら、文系の学生でも応募してみる価値があります。

 

大学生がプログラミングで稼ぐには理系である必要は必ずしもない
最新情報をチェックしよう!