大学生がPython習得すればこんなにも稼げる

大学生がPython習得すればこんなにも稼げる

大学生がPython習得すればこんなにも稼げる

大学生がプログラミングを習得して稼ぎたいという方にはPythonをオススメします。

今回はPythonを習得するとどんな仕事で稼げるようになるかを理由も含めて紹介していきます。

大学生がPythonを習得すると稼げる理由

Pythonは聞き慣れない人が多いかもしれませんが、AIの開発、またビッグデータの解析などに使われるプログラミング言語のことを指しています。どちらかと言うと次世代というイメージが強いかもしれません。現在では高校生でも気になる言語の一つに当たります。とはいえ結局のところどのようなことができるのかなどというように、具体的なイメージまではわからないという人も多いものです。
大きな特徴にあげられることとしては、ライブラリが豊富である点が挙げられます。ライブラリとはどのようなものなのかと言うと、アプリを開発するために必要となる道具セットのことを指しています。あらかじめライブラリが用意されているため、これを使うことにより、難しい機能でも簡単に実装することが可能です。これが世界的にも人気を集めている理由とも言えるでしょう。ライブラリは標準で用意されていますが、開発元以外の企業や個人により作成されたものも数多く見られます。人気があるため多くのユーザーが集まって、さらに便利さから多くのユーザーが集まるという良い循環が生まれてきています。

大学生がPythonを習得して稼げる仕事①AI開発

Pythonが得意としている分野には、まず第一にAIの開発が挙げられます。AI開発のデファクトスタンダードになったことでも有名であり、これは事実上の標準という意味があります。多くの人がAIを開発するのであれば適しているというように、業界の標準として認められています。もとからAIの開発に便利に利用できるライブラリが数多く用意されていましたが、デファクトスタンダードになったので、ますます充実していきました。これを求め多くのAI開発者が利用するようにもなったのです。それ以外のプログラミング言語を用いたとしてもAI開発はできますが、この場合にはライブラリを使うことができません。場合によっては全てを一から開発する必要があるということです。特別な理由がない限り、そのような大変なことをする人はいないでしょう。多くのAI開発者が使っていることから、関連情報も集めやすくなっています。ライブラリーの豊富さ、そして情報の多さがAIを開発する上では大きな魅力と言えるでしょう。そしてWebサービスの開発にも向いています。Webサービスの開発に必要となるライブラリやフレームワークなどが、多数用意されているのが特徴です。このようなことから初心者でも簡単にWebサービスの作成ができます。Webサービスには欠かすことができないログインやログアウトなどの機能が、全てフレームワークに用意されているものを使うだけで実装することが可能です。その他にもデータ処理や分析、データの自動収集なども得意分野と言えるでしょう。

大学生がPythonを習得して稼げる仕事②WEBスクレイピング

現在では勉強を始めたばかりの初心者の大学生であっても、Pythonを使うことによりたくさん稼ぐことができるでしょう。案件を請け負う場合でも、初心者OKであるものも多いため、それだけに狙いを定めて応募することで稼ぐことが可能です。自分のレベルに合ったものを選ぶことが求められます。今後さらに高単価な案件を受ける為にも、初心者のころから案件を受けておくことが重要と言えるでしょう。初心者におすすめのものとして、Pythonを使ったスクレイピング案件が挙げられます。スクレイピング案件の場合には簡単なわりにフリーの案件も多く、時給が高いのが嬉しいポイントです。初心者でも時給1万5000円ほどで作業が可能となります。インターネット上で募集されている誰もが応募できる案件であり、このようなことからPythonを身につけることにより、かなりコストパフォーマンスに優れていることがわかります。初心者を脱出しもっと稼ぎたいと考えるのであれば、より高額な案件に応募することも一つの手段です。慣れてきたら次にフリーランス継続的な案件を獲得してみましょう。案件を獲得するコツは、少しでも可能性があると考えた場合にはとりあえず応募してみることです。当然のことながら何回かはスキルが足りていないということで落とされてしまいますが、落とされることを恐れていては案件を受けることは難しいです。狙いたい案件としては、データサイエンティストが挙げられます。近年データサイエンス分野の案件が非常に多く、この分野の案件を扱いたいのであれば、自分でAIを作った経験などが求められるでしょう。そしてデータサイエンス系の案件と似ていますが、機械学習も一つの手段です。エンジニアよりのスキルが求められます。そして意外と知られていないかもしれませんが、クローラー開発やスクレイピングが挙げられます。クローラーとはどのような事なのかと言うと、インターネット上に落ちている情報を定期的に収集するシステムのことを指しています。クローラー開発の主要言語がPythonにあたります。機械学習系の案件よりも求められるスキルも少なく、習得も可能であるため、意外にも穴場の案件と言えるでしょう。数千円で数万円の案件を受けられるレベルのスキルが身につくのであれば非常に安いものです。

大学生がPython習得すればこんなにも稼げる
最新情報をチェックしよう!