大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い

大学生がプログラミングで稼げないと言われている理由をご存知でしょうか?

今回は、稼げない理由と、稼げるようになるには何をすればいいかを紹介していきます。

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由は挫折率の高さ

大学生がプログラミングで稼ぐことができないという話をよく聞いたことがあるかもしれませんが、そのように言われているのは、挫折率が高いからと言えるでしょう。

独学で学習した場合には、その挫折率は90%ほどとされていて、その他の分野では効かないようなレベルの挫折率であることがわかります。

自分は頑張りたいという気持ちが強いので10%のできるほうに入るはずだと思う人が約半分ほどいますが、このように考えている人はほぼ挫折すると言っても過言ではありません。

プログラミングを始めたとしても挫折することにはいくつかの理由がありますが、その一つに学習コストがかかることが挙げられます。

独学で学ぶ場合には、パソコンをすでに所有していることを前提にした場合には、3万円ほどの費用があれば良いでしょう。

この程度であれば頑張れば出せるという人が多いかもしれませんが、スクールに通うとなると、どんなに少なくても20万円程はかかることになります。

スクールに入ることが一番上達する方法であり、賢い選択ではありますが、20万円と聞くと躊躇してしまう人が多く見られます。

もっと安いところも探せばあるかもしれませんが、紹介された企業に就職しなければ高額になってしまう、サポートが全く足りないなど、質が良くないところも多いのが現状です。

このようなことから、スクールで学習しようと考えた場合には、突然かなりのコストがかかることになるのです。

稼げるようになればそれだけのお金を回収するのは余裕かもしれませんが、だからといって20万円の高額の費用を出して受けようとはならないのです。

結局は挫折しないメリットを選ぶよりも、お金を優先させてしまったがために挫折する人が多く見られます。

大学生がプログラミングで稼ぐにはプログラミングスクール通うのがおすすめ

スクールに通うと挫折率は低くなりますが、それはどのような状況でも質問でき、かつ強制力があるからです。

プログラミングを学ぶ上では、どうしてもわからないところ、またエラーが出てくるなどの問題が発生します。

かなりの時間をかけてようやくエラーを直すことができたということは頻繁にあるケースです。

このような時に諦めることなく、自分で解決を繰り返すことができる人はほとんどいません。

しかしスクールの場合にはこのような状況に陥ったとしても、分からないことを質問することができ、なおかつ強制力もあるのです。

なかなか解決できない状態が頻繁に起こるけれども、自己解決を繰り返すことができるのかと自分に問いただしてみましょう。

これによりスクールの価値が少しでもわかることでしょう。

そして学習を甘く見ている人がかなり多いのが現状です。

IT人材は不足しているので初心者でもすぐに稼げるようになるだろう、誰でもできるものだからすぐに稼げるレベルに到達できるだろうと考えている人が非常に多く見られます。

確かに人材が足りていないかもしれませんが、足りていないのはかなり高いレベルのスキルを保有しているエンジニアのことです。

3ヶ月で学習ができると言えば聞こえは良いかもしれませんが、そこに至るまでの本人のかなりの努力が必要です。

それ相応の覚悟がなければ、やはり稼げるようにならないということをしっかりと覚えておかなければなりません。

実際に稼げるようになるのはかなり遅いということも覚えておく必要があります。

基礎学習には3ヶ月ほどかかり、それを積んだ後に実践的な学習も行う必要があるのです。

プログラミングで案件を取ろうとした場合には、自分のレベルを見せる必要があり、その内容を作成するにあたってもかなりの時間がかかります。

スキルレベルが高かったとしても、このレベルぐらいのものしか作れないのかと思われてしまえば依頼も来ません。

しかし稼げるようになった時のメリットは非常に大きく、稼いでいる段階でスキルが上昇することも大いにありえます。

 

なかなか雇ってくれないのにいざ入ると忙しすぎるっていうアルバイトが多すぎる。大学生は勉強優先だから少ししか入りたくなかった。それならプログラミングがいいよ。長期休みに一気に勉強してその後楽して稼ぐ。#プログラミング初心者と繋がりたい #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 大学でWindowsを開くエンジニア (@TQLKDIao1h2W7HH) October 27, 2021

プログラミング学習した大学生で稼いでいる人はたくさんいる

このように見ると、大学生はプログラミングで稼ぐことができないのだと思ってしまうかもしれませんが、このように稼げない人が数多くいる一方で、本気で学習することで一気に稼いでいる人が多いのも事実です。

脱落者がたくさんいるということは、それだけチャンスが転がっているということにも値します。

また本気で学習し、いつかはフリーランスを目指して学習したいと考えている人もいるかもしれませんが、しっかりと学習することでこのような夢にもぐんと近づくことが可能です。

大学生がバイト以外のことで稼ぎたいと考えた場合にはいくつかの選択肢がありますが、その一つの選択肢として、プログラミングは十分に現実的な道であると言えるでしょう。

このようなスキルを欲している会社は数多くあり、スキルがあれば絶対に稼ぐ事が出来る為、サイトの運営やSNSの運用などのように運に左右される事もありません。

案件の単価も高く、買い叩かれることも少なく、在庫も抱える必要もないのです。

最初のハードル、また難易度が高いだけであり、そこを乗り越えることでガッチリと稼げるようにもなるでしょう。

僕の周りでも「自分で行動してブログを頑張った人」とか「1年ほどプログラミング学習を継続した人」だと、確実に1年前とは別のフェーズにいます。いきなり巨大な成果は出ませんが、学習に慣れ、行動が習慣化されたら、余裕です

— タチバナ@社会人より稼ぐ大学生 (@910Challenger) January 9, 2022

僕はweb制作で成果をあげることで、大学生の中で目立ちたい。

大学生は女遊びや、酒、タバコなどをしている人が目立ちやすいと思う。

僕はその中で「web制作で稼ぐ」という個性を持つことで目立つと心に決めた。#今日の積み上げ #駆け出しエンジニアと繋がりたい #プログラミング #勉強垢 #大学生

— しょうへい@大学生WEB制作フリーランス (@shoheiweb86) December 17, 2021

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い
最新情報をチェックしよう!