大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【本当は稼げます】

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【本当は稼げます】

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【本当は稼げます】

大学生がプログラミング学習しても稼げないという情報もありますが、それは間違いです。プログラミングを習得した後に稼いでいる方も実際に存在します。

しかし、稼げるようになるためには、ポイントをおさえる必要があるので、今回はそのポイントを紹介します。

大学生でもプログラミングで稼げないというのは間違い

スマートフォンなど人々が日常的に手にする物の中に情報機器の数が増えてきている上に、街の中にも情報技術によって動作している物事が豊富にあるため、情報機器に正しい指示が与えられるプログラマーの存在がますます求められています。

これからより一層情報技術などに精通していて取扱える人材の需要は高まっていきますし、プログラミングを行う際の理論的な考え方を持っている人材の重要性も同様に高まっていきます。

そのためこれから社会に出て活躍していく大学生においてはプログラムの知識を有している事の重要性が高いのはもちろん、大学生の時点で活躍し存在感を高めつつ収入を得る事も大事です。

プログラミングができる人材の需要が向上していたり、若年層ならではの画期的なアイディアを用いてプログラムを組む事なども強く求められているため大学生の時点から十分に活躍し稼ぐ事は可能ですが、しっかりと稼ぐ事ができる方と稼げないと感じる方に分けられるのは学習をする際の環境などが深く関係しています。

【就職したくない大学生に伝えたいこと】

①個人で稼ぐスキルを身につけよう
🔸語学
🔸プログラミング
🔸アフィリエイト
🔸資産運用

②サバイバル能力高めよう
🔹東南アジア旅する
🔹ウーフやリゾバを調べる
🔹ミニマリストになる
🔹野宿とヒッチハイクする

これで就職せず、2年サバイブしました😉

— テツヤマモト (@okapo192) July 7, 2018

大学生で稼ぐにはプログラミングをしっかり勉強する必要あり

稼げる方は向き合っていく勉強の1つずつをきっちりと理解しながら学び進めていきますが、稼げないと感じる方は勉強をしていく上で直面するエラーやわからない所を質問できる相手が居ないといった共通点があります。

他にもプログラミングの学習をする上で目的がはっきりとしていない事例も多いですし、目的が明瞭化されていない事でやる気が高い状態を維持する事が難しくて勉強時間が少なくなるのも特徴的です。

大学生でも十分に稼げるようになるには今一度自分と向き合って自分が得意としているものを自覚するのが大切であり、プログラミングの場合は自覚した得意なものを参考にして言語を選んでみましょう。

大学生が稼げる言語はweb制作関連のもの

一言でプログラムと言っても様々な言語が存在していて、それぞれの言語によって特徴が異なったり作り上げられるソフトウェアやアプリケーションなどにも違いがあるのですが、初期段階から学び始めるのならHTMLと共にCSSについて学んでいくと良いです。

HTMLと共に使用される事例がとても多いCSSはHTMLで作ったものを装飾する働きがあり、ウェブサイトなどを見やすくしたりデザイン性が高いものにさせられる役割を果たします。

HTMLとCSSはプログラムの言語にとても近いものですし初心者でもわかりやすい様子なので、HTMLと共にCSSについて仕組みを理解していき使いこなせるようになれば本格的な言語について学んだ時にも円滑に学習が進めやすいです。

そのようなプログラミング言語の中にはJavaScriptやPHP、Rubyなど多種多様な言語がありますがピンポイントで開発したいものが決まっている時はもとより、まだ定まっていない時にもjavaScriptから学び始めていくと良いです。

JavaScriptはウェブサイトやソフトウェアなど幅広い分野で使用されている言語なので、開発に際して使用されている環境が多くて依頼を受けやすいためです。

12月から大学生しながら本格的にweb制作を始めましたが(主にhtml/css,jQuery)
約2ヶ月で月4万円稼げるようになりました!

内約は
LPコーティング案件2万円×2

です!

✅大学の勉強がおもんない
✅バイトがだるすぎる

上記にあてはまる学生はプログラミング勉強して稼ぐ力つけるのがオススメです☺️

— なおや@学生web制作エンジニア (@naoya_prin) January 15, 2019

大学生がプログラミングで稼げるようになるコツは時間の有効活用

現在では既に社会に出て働いている方々も自由に使用できる時間を使用して学習に励んでいる方が少なくないですが、大学生はより一層多くの時間が使えるのが強みなので、自由に使える時間を存分に学習に充てるとより成長できます。

また、学生の場合はあらゆる場所で学割が展開されている様子から通常の料金よりも突出して金銭的に負担が無い状態で過ごせますが、プログラムについて学習するスクールに関しても学割が展開されているため、学生であるのなら割引制度を利用してスクールに通学するのも良い方法です。

学生ならではの自由に使える時間が多い事もあり、金銭的な負担が小さい状態で長時間にわたってじっくりと学び、学生時代から十分に収入が得られる人材に成長できます。

学習をする時にポイントになるのは基礎的な面から着実に学習していく事なので、基本を学びつつ隅々まで理解が深められたと実感できたタイミングで次のステップに進んだり応用力が得られる学びをしましょう。

 

↓僕がいま大学生に戻れるならこうやっておこづかい稼ぐ↓

・プログラミングを学んでバイト、または開発請負。時給高いし、学生のうちから経験を積めばホワイト企業に就職できる
・Amazonプライムで映画を観まくって感想をブログに書く。アドセンスとVODアフィリエイトで趣味をお金に替える

— はっしー🇳🇿将棋の先生 (@hassy_nz) June 21, 2019

プログラミングで稼ぐには発信することも大切

また、着手する作業についても基本が備わっていなければ他の言語を取り扱ったり他の制作物に取り掛かる事が難しく感じられる事があるため、土台として位置づけられているHTMLと合わせてCSSも扱えるようにしつつJavaScriptも扱えるようにしておくと安心です。

HTMLに加えてCSSとJavaScriptを学んでいれば、個人的にウェブサイトを作りつつ運営ができるようになるので、ウェブサイトを立ち上げて軌道に乗る事ができれば安定的な収入が大学生の段階で得られます。

プログラミングを学習していく時に大切なのはテキストなどを眺めて学習するのではなく、記載されている情報を実際にパソコンに向かって入力していく事ですが、同じく大切な事としては手掛けたものを積極的に外部に発信していく事も挙げられます。

作品集として外部に公開すれば、より成長できるようになるのに加えて知識と技術を知ってもらえるようにもなるため依頼が入りやすいです。

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【本当は稼げます】
最新情報をチェックしよう!