大学生がプログラミングで稼ぐことは出来るのか

大学生がプログラミングで稼ぐことは出来るのか

大学生がプログラミングで稼ぐことは出来るのか

IT人材の不足により、大学生でもプログラミングで稼ぐことを考える方が増えています。

実際問題、稼げるのかどうか、どのように勉強したらいいかを紹介していきます。

大学生がプログラミングで稼ぐことは可能

大学生がプログラミングで稼ぐことは出来るか否か、その疑問を抱くのは当然ですが、結論からいえば稼げる可能性はあるといえます。

理由は大学生でも活躍している人が既にいること、誰でもプログラミングを学べる環境が整っていることが挙げられます。

また仕事を探したり見つけやすい環境も充実しているので、今や在学中に稼ぐのは決して珍しいことではないです。

確かに専門的な知識が求められるので、学習したり習得するまでに時間やお金は必要ですが、早めにデビューして仕事を始めればすぐに元が取れます。

むしろ、キャリアが早い段階から築けるので、将来的に大台を目指すのも夢ではなくなるでしょう。

IT業界は常に人材を欲していますし、エンジニアを必要とする企業は多くて引く手あまたですから、エンジニアには将来性があって誰にでも挑戦を考えてみる価値があると思われます。

めちゃめちゃ大事なこと言います。プログラミング、ライティング、動画編集。どれも素晴らしいスキル。だが、収益化するためには、マーケティングを基礎から学んで、『集客』『販売』のスキルを磨くことが必要。大学生のうちからこれらが出来たら超有利。

— はる│教育の伝導師 (@haruharu_11111) September 3, 2021

大学生が楽にプログラミングで稼げるわけではない

ただ、プログラミングの仕事は楽にお金を稼ぐ手段ではないので、そこは間違えないように注意が必要です。

楽に稼げるようになるには、しっかりとプログラミングの基礎を頭に入れたり、言語やツールなどを使いこなせるようになることが不可欠です。

一朝一夕で簡単に稼げるとしたら、誰もが億万長者になり得ることを意味するので、それはないという現実を理解すべきです。

とはいえ、エンジニアは専門職なので、スキルや実績で上を目指せますし、大学生から稼ぐことが不可能ではないのも確かです。

大切なのは現実を見て着実な一歩を踏み出すこと、そして今後に繋がるステップアップに取り組むことでしょう。

大学生であれば、自由に使える時間があるはずですし、既にアルバイトをしていてもスキマ時間で勉強が出来ます。

時間を無駄なく効率的に使うことが必要となりますが、在学中にスキルを習得して、卒業前に稼ぎ始めることは十分に可能です。

全くの未経験だと、知識の段階から不足している状況なので、すぐに稼げるまでに至るのは難しいです。

しかし、それをネガティブに捉えず逆に何でも吸収出来る柔軟性と考えられる人は、エンジニアとして活躍出来る素質があります。

そもそも現役のエンジニアは常に勉強を続けて知識を更新しなくてはいけないので、試験に合格して卒業したら勉強の終わりという世界ではないです。

だからこそアンテナを張って吸収する意識が問われますし、柔軟性があって何でも吸収出来る人は強いというわけです。

 

大学生がブラックバイトをやめて、毎日鬼の積み上げしたら手に入ったもの。

・月収20万円
・プログラミングスキル
・デジタルマーケティングスキル
・一緒に挑戦している仲間
・朝活習慣
・毎日「ワクワク」気分
・”頑張るはかっこいい”のマインド

— いくと🇲🇾100日後に海外ノマド生活する22歳 (@ikuto_web) October 20, 2021

大学生がプログラミングで稼げるスキルを確実に習得するにはスクールがおすすめ

大学生が本気で稼ぎたい、プログラム出来るエンジニアになりたいと思ったら、オンラインプログラミングスクールの受講をおすすめします。

ネットには無料の情報や教材も転がっていますが、情報が古かったり部分的に欠けているなど、有料の教材と比べて質が劣る傾向があります。

書籍を購入して独学に挑戦する手もありますが、独学だと質問出来ないのでモチベーションが保ちにくく、一度壁にぶつかると乗り越えるのに時間が掛かったりします。

取り敢えず試行錯誤してみるのも1つの方法ですが、失敗しながら学習するのは非効率ですし、在学中のデビューに間に合わない恐れがあります。

その点、オンラインプログラミングスクールは体系的に学ぶことが出来ますし、一定の期間の間に集中して学習に取り組めますから、予定通り順調にデビューを目指すことが可能となります。

受講におけるポイントは始めたら必ず続けること、最後までやり通す意志を持って望むことです。

それから質問出来るチャンスを最大限に活かし、分からないことが出てきたら些細なこともすぐ質問する癖をつけましょう。

この質問こそがメリットだといえますし、受講料を支払う意味だったり価値が確認出来る部分なので、活用しないのは勿体ないですし損以外の何ものでもないです。

大学生がプログラミングの色んな仕事で稼げるようにする方法

次に、自分で出来ることが増えたら、受講とは別に目標を作って形にするのもおすすめです。

作品は自分の実績や自信になりますし、作品を披露する機会がある時に見せることが出来ます。

在学中に稼ぐつもりなら、1つのことを徹底して得意になるのも方法ではありますが、あれこれと色々と出来るようになっておいた方が仕事に繋がります。

オンラインプログラミングスクールを選ぶ際には、自分が学びたいことを学べるか、質問しやすい環境があるかなど確認しましょう。

言うまでもなく受講料は大事ですから、無理なく負担出来る金額のスクール、あるいはコースを選ぶべきです。

将来的にエンジニアに就職するつもりだったり、就職するか迷っているなら、就職サポートがあるスクールやコースが狙い目です。

仕事を獲得する方法や、企業に必要とされる人材像を理解しているので、稼ぎたいという意欲がある大学生が学んだりデビューを目指すのに最適です。

いずれにしても、活躍出来るかどうかは自分次第ですし、環境のせいにしてチャンスを逃す人には難しいでしょう。

学んで自己満足するだけの受講料として安くないですから、学んで稼ぐ武器が得られるように、覚悟を決めたり本気で挑戦することが重要です。

2025年からセンター試験にプログラミングが出題される。
ということは今の小中学生はPCで学びPCを活用する世代になる。今の大学生含め脱PC、スマホ世代は改めて自分でPCを学び活用出来るようになる必要があるだろう。

— 本田 雅之@若者応援社長 | S.P.E.C.代表 (@spechonda) December 6, 2021

大学生がプログラミングで稼ぐことは出来るのか
最新情報をチェックしよう!