大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【ちゃんと稼げます】

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【ちゃんと稼げます】

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【ちゃんと稼げます】

大学生では頑張ってもプログラミングでは稼げないという記事をたまに見かけますが、それは間違いです。

今回は、大学生で稼げないと言われる理由と稼げる理由を紹介していきます。

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い

大学生がプログラミングで稼ぐことは困難に思えるかもしれません。

また、学生では稼げないという噂を聞いたことがある人もいるでしょう。

結論から言うと、学生だからと言ってプログラミングで稼げないということはないです。

寧ろ、学生ならではの強みを活かして有利にスキルを習得していくこともできます。

学生でもこれによって稼ぎたいと思っているのであれば、稼げないと言われる原因や稼ぐために必要なことを知っておくことがおすすめです。

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由①スキル習得が難しい

稼ぐことが難しいと言われる理由の1つには、稼げるレベルのスキルを身につけるのが難しいことがあげられるでしょう。

情報系の大学に通う生徒であれば、授業で学べることもありますが、大学の授業で習う内容は学問的な内容に留まることがほとんどです。

稼ぐために必要な知識やスキルを得ることは難しく、お金が得られるようなプログラミングを行うためには別の方法で学ぶ必要があります。

独学では高度な知識や技術を身につけることが難しいですし、分からない部分が出てきたときに困ってしまう可能性が高いです。

学生の場合は独学を選んでしまう人が多いですが、プログラミングスクールで本格的に勉強を行うことで、稼げるレベルの力が身につけられるでしょう。

受講料の高さを理由に諦めてしまう人もいますが、大学生向けに割引が適用されるようなスクールもあるので、学生の間であれば安く学べる可能性があることを知った上でスクールの利用を検討してみると良いです。

スクールでハイレベルなスキルを習得できれば、より多くの稼ぐチャンスを手に入れられるようになるでしょう。

大学生がプログラミングで稼げないと言われる理由②稼ぐスキルが乏しい

大学生の場合は、稼ぐために何が必要な的確に判断することが難しいという問題もあります。

具体的な稼ぎ方は人によって違いますが、多くの場合はクラウドソーシングやエンジニアバイトなどを利用して仕事を引き受けることになるでしょう。

こういった場所で仕事を受けるためにはどのような技術を身につけておく必要があるのか、仕事をもらうためには何をしなければならないのか理解できていなければ上手くいかないです。

大学生の初心者プログラマーの場合はC言語やJavaではなく、HTMLやCSS、PHPやJavaScriptなどを使用することでウェブサイトを作成する稼ぎ方が現実的だと言えます。

そして、仕事に応募するときには作品や成果物を見せてほしいと言われることも多いです。

最適な言語や仕事を引き受けるまでに求められるものなどを知らなければ、いつまで経っても仕事を引き受けることができません。

インターンシップで経験を積んだり、副業支援のあるスクールでアドバイスをもらったり、自分で作品をまとめたポートフォリオをつくったりしておくことが大切だと言えます。

大学生がプログラミングで稼げるようになるには

プログラミングで稼ぎたいのであれば、働き方に応じたルールやマナーを知っておくことも大事です。

たとえば、クラウドソーシングサイトなどを利用して仕事を受けるのであれば、妥当な納期や報酬についても理解しておく必要があります。

ただ依頼されたものを完成させることができる力があれば仕事ができるわけではないので、働く上での必要な知識も持っておくようにしてください。

納期や報酬が妥当でないものを選んでしまうと、頑張っているはずなのにお金が稼げない、かなり無理をしなければ納品できないなどの問題が起こります。

言語などの知識を増やしたり実践的な力を伸ばしたりすることも大切ですが、仕事を行う上での知識も必要不可欠だと理解しておくべきです。

このような知識はフリーで活躍している講師がいるスクールでも得ることができますし、インターンに参加して情報を得ることもおすすめだと言えるでしょう。

大学生にはプログラミングの仕事がおすすめ。大学生としてプログラミングはやっておくべきだと思うがやる気がわかないだろう。なら3ヶ月勉強して稼ぐということを目標にしたらどうだろうか。勉強になりつつ、稼げもする。#プログラミング初心者と繋がりたい #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 大学でWindowsを開くエンジニア (@TQLKDIao1h2W7HH) November 2, 2021

大学生でもプログラミングで稼げる

こうした内容を踏まえると、大学生でもきちんと計画を立ててスキルを身につけ、正しく仕事を受けるようにすれば満足できるような収入になる可能性があります。

もちろん、仕事を受け始めたばかりで大金を稼ぐことは難しいですが、仕事をこなす数が増えるにつれて十分な稼ぎを期待することも可能です。

大学生は社会人よりも時間が確保しやすいケースが多いので、空いた時間にしっかりと勉強を行うことができますし、学割の適用で安くプログラミングスクールを利用することもできるでしょう。

インターンシップに参加して実践的なスキルを身につけることもできます。

軽い気持ちで始めてしまったり、いい加減な勉強を続けていたりすると、上手くいかなくてもおかしくないです。

その一方で、成果に繋がりやすい方法を理解して取り組むのであれば、満足できるような報酬が得られるようになる可能性が高くなります。

学生がこの方法で稼ぐことは決して簡単なことではありません。

けれども、稼ぐことが不可能というわけではないです。

稼げないならやめておこう、上手くいかないからやめたいなどと考える人もいるはずですが、実際には学生でも稼げるチャンスがあることを理解しておきましょう。

【大学生がバイト以外で稼ぐ方法7選】

①自己アフィリエイト
②ポイントサイト
③治験
④長期インターン
⑤ブログ
⑥WEBライター
⑦プログラミング

思考停止でバイトで稼ぐことはやめましょう。バイトより収益性が高いものや、簡単に稼げるものがあります。知ってるかどうかで楽に稼げます。

— こうだい|資産形成のプロ (@kodaiGrow) September 30, 2021

大学生がプログラミングで稼げないというのは間違い【ちゃんと稼げます】
最新情報をチェックしよう!