大学生がプログラミングで稼ぐにはこの言語がおすすめ

大学生がプログラミングで稼ぐにはこの言語がおすすめ

大学生がプログラミングで稼ぐにはこの言語がおすすめ

IT人材が不足しているため、大学生でもプログラミングで稼ぐことが可能になってきました。

大学時代だけでなく社会人になってからも稼げるようになりたいなら、あの言語が本当にオススメです。

大学生がプログラミングで稼ぐならPythonがおすすめ

大学生がプログラミングで稼ぐなら、習得しやすくて仕事の案件も多いPythonがおすすめです。

Pythonはオランダ出身のプログラマーによって開発が始められ、その後Googleに入社して開発を継続、後にGoogleを始めとした多くの企業で採用されている言語です。

特徴としてはコードをシンプルに見やすく記述できること、そしてAI開発など高度な用途にも活用できる点が挙げられます。

また小規模なプログラムから大規模プロジェクトに至るまで、幅広く対応していることも見逃せないです。

一方ではオフサイドルールが適用されており、処理がブロック単位で字下げされるので、コーディングする人が違っても一定の可読性が保たれるのも魅力です。

とにかくシンプルで読みやすいのがPythonの設計思想ですから、プログラミングで稼ぐつもりの大学生におすすめの習得しやすい言語です。

海外では既にトップの人気を誇っていますし、安定した評価で独走しています。

当然ながら仕事の案件数も多いですし、案件が多いということは経験者だけでなく未経験者にもチャンスがあることを意味します。

大学生はプログラミングで稼ぐことをおすすめします。
僕はバイトでしか稼いだことはありませんが、分野によっては案件取って稼ぐ方法もあるので、自分に合った方法を選択すると良いと思います。
利点は楽しく稼げるからです🦔#駆け出しエンジニアと繋がりたい#プログラミング初心者#Python

— かるでね (@cardene777) April 13, 2021

大学生がPythonhで稼げるスキルを習得するにはプログラミングスクール一択

勿論、全く経験がない人がプログラミングで稼ごうとするのは無理がありますから、最低でも他の言語を知っていて使いこなせるか、プログラミングスクールで学ぶいずれかが必要です。

Pythonは日本でも浸透していますしエンジニアの需要があるので、国内でも稼ごうと思えば稼げる有力な選択肢だといえるでしょう。

汎用的に何でもこなせるPythonですが、AI開発やデータ分析、統計などの数字の分野に強い傾向があります。

これらはどれもDXに通じるものですから、将来性があってこれからに備えて学ぶべき価値があることが分かります。

ただ、日本では依然としてJavaやPHPの人気が根強いので、広く仕事ができるようになりたいなら、こちらも習得を考えたいところです。

JavaはPythonやC++と共に、Googleで採用されている3大言語の1つです。

サーバーサイドアプリケーション開発に強いJavaは、特定のプラットフォームに依存しない、移植性の高さが知られています。

これはつまり、1つの開発経験が他の開発にも活かせることを意味しますし、それだけエンジニアの需要が高いことでもあります。

その証拠にスマホアプリ開発にも用いられていますし、いわゆるIoTでも注目されていますから、今後も需要がなくならない稼ぐ武器になると考えられます。

ただし、Javaは習得のハードルが高いので、まずは比較的習得しやすいPythonなどから始めることをおすすめします。

大学生のうちからJavaを使いこなせるようになっておけば、将来的にエンジニアとして本格的に稼ぐことができるので、将来を見据えて習得を目指すのはありです。

PHPはWebサイトの開発に向いているサーバーサイドで、初心者でも習得しやすくデータベースも扱えることから、使いこなせるようになっておいて損はないです。

Javaと違ってデスクトップサイドでは動作しませんが、Web開発に特化しているのでこの分野で強みを発揮します。

とはいえ、セキュリティ面が弱い傾向がありますから、セキュリティ対策に時間を取られてしまうのが難点です。

これは習得の際もそうですし、仕事で開発を行う時も同様だといえます。

大学生になったらJavaとかPythonとか、プログラミング会得したいな、資格とか取ればお小遣いも稼げるかもしれんし

— 拓詩 (@T2raokmubaon2e) February 13, 2021

大学生がPython以外も使えると、さらに稼げるように

しかしHTMLやCSS、JavaScriptと一緒に使えるようになると、大学生にとって稼げる武器となります。

プログラミング以外にも覚えることは沢山ありますが、努力に見合うだけのメリットに期待できるのは間違いないです。

ちなみに、JavaとJavaScriptは全くの別物で、習得難易度もJavaの方が圧倒的に上ですから、そこは勘違いをしないように注意です。

Googleも積極的に使っているC++は、1983年に登場したとても古い設計ですが、今でも現役で後に登場した言語にも多大な影響を与えています。

なぜ時代を超えて使い続けられているかといえば、それは処理速度が速くて、メモリなどのハードウェアに近いところまで操作できるのが理由です。

現在のコンピュータは高性能化していますが、昔は性能が低くて余裕がありませんでした。

その為、工夫することでハードウェアの性能を引き出せるC++は重宝されてきたわけです。

ゲーム機などのように、性能が限られていて無駄な処理が許されないソフトウェア開発では、C++が重宝される場面が今もあります。

同様の理由で組み込みでもC++は現役ですから、これからもエンジニアの需要がなくなることはなさそうです。

C++で稼ぐなら、前進のCもセットで習得するのが基本で、どちらも使いこなせるようになってからが本番です。

大学生が稼ぐなら知っておいた方が良い言語はいくつもありますが、今から習得するならやはりおすすめはPythonで、HTMLなどのフロントエンドも使えるとできる仕事が増えます。

 

Excelなんて使わないからPythonでExcelの自動化なんてできたってなーって思ってた。大学生の後半になってくると物凄い量のExcelデータを処理しなければならない。やっといて損は無いよー#プログラミング初心者と繋がりたい #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 大学でWindowsを開くエンジニア (@TQLKDIao1h2W7HH) December 12, 2021

大学生がプログラミングで稼ぐにはこの言語がおすすめ
最新情報をチェックしよう!