大学生がプログラミングで稼ぐための言語は

大学生がプログラミングで稼ぐための言語は

大学生がプログラミングで稼ぐための言語は

大学生のうちにプログラミングを習得して稼ぎたいと考えている方は多いかと思います。

今回は、大学生がプログラミングで稼ぐためにはどんな言語を学習すればいいかを解説していきます。

大学生がアルバイトでお金を稼ぐのは効率が悪い

大学生の中でも、アルバイトをしている人は少なくありません。

アルバイトをすることにより、社会経験が増えるだけでなく生活をするのに必要なお金をある程度稼ぐことができます。

大学生にも裕福な人が多い一方でそうでない人もいますが、どちらにしてもお金を稼ぐ事は大事なことと言えるでしょう。

最近は、お金の稼ぎ方も多様化しているといっても言い過ぎではありません。

特定の稼ぎ方があると言うよりも、様々な種類の稼ぎ方があり、それに応じて収入が左右してくるといえます。

例えば、一昔前ならばコンビニエンスストアや学習塾の講師などのアルバイトが一般的でしたが、最近はインターネットを使って自宅でお金を手に入れることができるわけです。

これは何も大学生だけでなく一般的に大人がやっている事の1つと言えるかもしれません。

このような稼ぎ方を覚えれば、非常に楽に稼げるわけではありませんが、稼ぎ方の1つを知ることができ、結果的に将来に対していろいろな可能性が出てくると言えるでしょう。

昔のように、会社員になってお金を稼ぐことが正しいと言う考え方は既に終わっており、会社に勤務しなくても十分に稼ぐことができます。

もちろんインターネットでお金を稼いだからといって、会社に入り勤務する事は間違っているわけではありません。

いきなり独立をすると言うよりも、両方同時に並行してやった方が良いこともあります。

【大学生に戻れるなら】
①アルバイトでお金を稼ぐ

②プログラミングスクールで勉強

③エンジニアのアルバイトでお金を稼ぎながら、実務経験を得る

④ 貯まったお金で別の言語をプログラミング スクールで学ぶ

⑤ 別の職場でエンジニアのアルバイト

⑥ 就活で無双する
これを繰り返したい

— Fさん@AI×エンジニア (@F_AI_data) March 1, 2020

大学生はプログラミングを習得してお金を稼ぐべし

では、大学生がプログラミングでお金を手に入れる場合、どのようにしたらよいでしょうか。

まず、そのためにはどのような言語を利用したらよいかそして学んだら良いかを知らなければいけません。

逆にこれを知ることができれば、ある程度方向が明確になるはずです。

方向性が明確になったとは、自分にお金を稼げる土台ができたと言えるわけです。

逆にこれがわからないうちは、まずお金を手に入れるのに必要な土俵に乗っていない状態と言えるかもしれません。

では具体的にお金を手に入れる場合の言語になりますが、まずは簡単なものから挑戦するのが良いかもしれません。

 

もし、僕がやりたいこと見つかってない高校生や大学生なら以下のことをやりたいな。

1, 語学(英語 ➕ 興味ある言語)
2,プログラミング
3,海外に行って見聞を広める
4,情報発信(ブログ、Twitterなど)
5,少額でも自分でお金を稼ぐ
6,興味あることの学習
7,趣味を突き詰める
8,恋愛

— Hana (@HKLKDK1010) July 2, 2018

大学生がプログラミングで稼ぐための言語①ウェブ系言語

まずいくつか候補がある中で、1つ目はウェブ系言語の需要が高くなっています。

そうするとウェブ系のものを中心に勉強すると言うかもしれません。

お金を稼ぐことだけが大事なわけではありませんが、実際に生活がかかったりあるいは必要なものが欲しい場合には、しっかりとお金を稼ぐことが必要になるわけです。

少なくとも、現在であればウェブ系のものを学べばある程度の収入を得ることができます。

なぜそのようなことが言えるかと言えば、ウェブ自体はあらゆる場面で利用されているだけでなく広がりを見せているからといっても言い過ぎではありません。

そして今後も、インターネットを中心に世の中が回っていくわけです。

もちろんスマートフォンが中心になっていると言っても良いですが、いずれもインターネットもよりそれが広がるとすればそれに対する需要はある程度高くなります。

今後の需要に関しては、さらに高まると言えますがそれに対する供給がまだ不十分な状態です。

ある程度供給がされればそのものの需要自体は少なくなると言うよりも、需要と供給が一致して結果的にそれほど人が必要にならなくなる可能性があります。

大学生がプログラミングで稼ぐための言語②RubyやPHP

もちろんこれから将来を見据えた時、いずれはウェブ系のものが注目され多くの人が参入してくる可能性があります。

そうすると需要と供給の関係が崩れ、供給よりも需要が減少し供給過多になってしまうことが予想できるでしょう。

そうすると、いくらウェブ上のものを学んだとしても、あまり役に立たない可能性があります。

ただそれはずいぶん先の話であり、少なくともここ3年から5年ぐらいはまだまだ十分な需要が考えられます。

具体的な内容としては、RubyやPHPなどが良いかもしれません。

これらは、海外などに行くとあまり活躍しないかもしれませんが、国内の案件はたくさんあります。

ただアメリカに関して言えば、現在ウェブ上のものは需要があるため海外に留学した場合でもそれを学ぶことができるだけでなく、実際に役立てることができます。

もちろん英語等ができなければいけませんが、将来的に日本にいたとしても海外に行くとしても、特定の国であれば役に立つ可能性は高いわけです。

実際にアメリカなどは、大活躍して規模が拡大している企業ほどウェブに関する企業である可能性が高いわけです。

このように考えても、向こう5年は活躍できるのは間違いありません。

大学生がプログラミングで稼ぐための言語③Java

Javaについてもまだまだ需要があるため、それを学んでも問題ないでしょう。

基本的につぶしが利くものとして多くの人に知られているだけでなく、実際にそれを学んでお金にしようとしている人も多いです。

できればこの3種類を学ぶことで、たいていの業界ではお金にすることができます。

ただし、Javaについてはいくつかの欠点があることも理解しておかなければなりません。

その一つが、リモートワークにはあまり向いていないと言うことです。

コロナウィルスの影響でリモートワークの案件が増えたとしても、Javaそのものの案件自体が少ないためそれは事前に確認しておきたいところです。

大学生がプログラミングで稼ぐための言語は
最新情報をチェックしよう!