大学生でもプログラミングで簡単に稼ぐことが出来るのか

大学生でもプログラミングで簡単に稼ぐことが出来るのか

大学生でもプログラミングで簡単に稼ぐことが出来るのか

大学生では頑張ってもプログラミングでは稼げないのではないかと心配する方もいます。

しかし、大学生でも一定のスキルさえあれば稼ぐことは可能です。

今回は、大学生でも稼げる理由を説明していきます。

大学生でもプログラミングで簡単に稼ぐことが出来る

大学生の中にはアルバイトよりも効率よく収益を得たいと考えている人や、自宅に居ながらにして利益を得たいと考えている人も多いです。

特に自宅で稼ぐことに対して注目度が高まっているため、スキルを身に着けて自宅で稼げるようになりたいと考えている人が増えてきました。

自宅で稼ぐ方法の一つにプログラミングがあります。プログラミングを身に着けることで、企業からの依頼を受けて自宅で収益を得ることは可能です。

プログラミングを身に着けることは難しいのではないかと考えている人も少なくありませんが、しっかりとスキルや行動力、知識を身に着けることでできるようになります。

大学に通いながらプログラミングを副業とすることが可能です。

今私が大学生に戻るなら

インターンなどでプログラミング、デザイン、webマーケなど勉強
大学生のうちに副業で稼げるようになる
新卒で大手だけどコード書いたり手を動かせるホワイトな会社に入る
副業で稼ぎつつ辞められる状況を作っておく

って感じだけど、既に最近の大学生はこんな感じの人多そう

— ふる (@guutenx) November 13, 2019

大学生がプログラミングで稼ぐにはスキル習得が必要

スキルを身に着けるためには基本的なスキルを的確に学ぶことが必要となります。

とはいえ、プログラミングは仕事をするジャンルごとに必要となる言語やスキル、知識が大幅に違うため、ジャンルごとに引き受ける仕事が異なること、自分が希望するジャンルの仕事でどんなプログラム言語やスキルを必要としているか調べることが重要です。

スキルを身に着けるためには独学で学ぶこともできますが、専門的なスクールに通うことや大学での講義を活用しましょう。

基礎スキルを身に着けることで、自分の希望するジャンルの仕事をすることが可能となるからです。

もちろんスクールや大学での講義をただ何となく聞いているのではなく、仕事に生かすために予習・復習を行うことが必要といえます。

無料で学べるスクールも存在しているため、学校ごとの情報や口コミ、実際に身に着けた人たちの体験談を参考にしてスクールを選ぶことが必要です。

基本的なスキルを身に着けるためには、相性の良いスクールを見つけることが重要となります。体験できるところが複数あるなら、体験入学をして自分との相性を確認してから入学することが大切です。

大学生がプログラミングで稼げるようになるまでの期間

スキルを身に着けるために必要となる期間は、1ヶ月から3ヶ月ほどとなります。

あくまでもプログラム言語の基礎知識をマスターすることができる期間であり、仕様書や設計書を元に適切に作業できるレベルになるまでには、さらに時間が必要です。

大手有料スクールでは1ヶ月ほどでマスターできるとうたっていますが、授業を受けながら学習するための時間を学生が捻出するのは難しいため、3ヶ月ほど必要となります。

それでも3ヶ月ほどで仕事を受注し、納品することで学生と副業を両立させることができる可能性は高いです。

慣れてしまえば簡単となるため、慣れるまで予習・復習を怠らずに努力することが重要となります。

例えばプログラミングとかも、そうですよね。大学生には「バイトなんてせず、プログラミングを学ぶべき」と言いたい。
そしたら初年度は、ほぼ稼げません。バイトしたら、1年で50万は稼げますよね。つまり損する。しかし1年後には、短時間で月10万を稼げるようになったりするので、結局は得をする😌

— manabu.nft (@manabubannai) June 23, 2020

大学生がプログラミングで稼げるようになるメリット

学生がプログラム言語をマスターして副業することのメリットは、現在働いている仕事よりも高収入になる可能性が高いことです。

アルバイトは時給制で時間の拘束がありますが、自宅で作業を行う場合成果報酬型で時間の拘束がないうえ、働けば働くほど収入を得られるようになります。

熟練すればするほどスキルはアップするため、アルバイトよりも高時給となる可能性が高いです。

また、時間の拘束がないため、空いている時間を有効活用することで仕事をすることができます。

学業の合間に仕事をして納品することで、時間を有効活用し、友人と会ったり趣味を楽しむこともできるでしょう。

仕事をするうえで学外での人脈が広がり、将来的に独立開業や就職などをはじめ何かあったときにサポートしてもらえる可能性もあります。

大学生でも全然稼げるよ

・プログラミング
・物販
・動画編集

このうちの1つをやるだけ。時間のある大学生にはピッタリ過ぎる。学生のうちにやらないとマジで勿体ない。どれもそこそこやれば普通にバイトの倍は稼げるよ😆

— りょう@ぼっち物販 (@RyoBuppan) September 15, 2020

大学生がプログラミングで稼げるようになるに技術以外のスキルも必要

プログラム言語を駆使して仕事をすることは、企業と個人でやり取りをしなければなりません。

企業と個人で適切にやり取りを行うことで、ビジネススキルを身に着けられるようになり、結果就職活動などで役に立ちます。

プログラムを活用して仕事を続けることで他のプログラムを身に着けられる余裕が出てくるようになることも、メリットの一つといえます。

プログラムを効率よく身に着けることができるようになれば、仕事のジャンルも幅広くなるため、よりいっそう多くの企業とのやり取りをすることも可能です。

さらなる実務経験を積むことでスキルアップし、就職せずにフリーランスとしてやっていくことも可能といえます。

自宅に居ながらにして仕事を行うことができるようになれば、就職活動を気にせずによりいっそう効率よく勉強や自由な時間を確保できるため、簡単に稼げるといえるでしょう。

大学生でもプログラミングで稼げるので頑張ろう

仕事をするうえで個人で企業に売り込みをすることは難しいですが、クラウドソーシングサービスを利用すると仕事を見つけるチャンスが増えます。

オンラインでスピーディーに仕事を見つけるようにすることができるため、自宅で仕事を探して受注することが可能です。

クラウドソーシングサービスを利用するだけではなく、インターンを利用して稼ぐこともできます。

大手企業でも短期でプログラムを取り扱うインターンを募集しているところはあります。

中には数日で数万円程度報酬を出すところもあるため、確認して応募すると収益につながります。

大学生でもプログラミングで簡単に稼ぐことが出来るのか
最新情報をチェックしよう!