大学生がプログラミングで稼ぐための方法

大学生がプログラミングで稼ぐための方法

大学生がプログラミングで稼ぐための方法

プラグインを習得すれば大学生でも稼ぐことは可能と言われていますが、コツが必要です。

今回は、どのようにプラグインを学習し、稼げるようになるのかまでを紹介します。

大学生がプログラミングで稼ぐにはWeb制作レベルの技術は必要

大学生でも稼ぐことができる方法を知りたい、大学生がプログラミングで稼ぐにはどうしたらいいのか教えて欲しい、そんな悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

プログラミングを身につけることができれば、大学生でも稼げます。

メインとなる方法はWebデザインやWeb制作の技術を身につけてクラウドソーシングで稼ぐか、自社開発企業でインターンになりエンジニアとして採用されて稼ぐか、あるいはアプリの開発とリリースを狙うかでしょう。

大学生がプログラミング関連で稼げる仕事を手に入れるには?

これらのうちもっとも手軽に実践できるのは、WebデザインとWeb制作の技術を身に付け、クラウドソーシングで稼ぐ方法です。

Webデザインはクラウドソーシングで豊富に案件を募集しているため、技術さえ身につければすぐに受注に挑戦できます。

自宅にいながらにして仕事を受注できるクラウドソーシングの利用により、学業と仕事を両立できる点も大きなメリットです。

1つ1つの案件の金額はそれほど高くはない可能性がありますが、本業である勉強を続けながらアルバイト感覚で仕事をすることができるでしょう。

スキルが上がれば新たな顧客を獲得できる可能性がありますし、案件が継続になるかもしれません。

プログラミングは大学生が稼ぐためには簡単な仕事

クラウドソーシングで稼ぐ方法は、インターンとして活動する必要もないため、短期的に稼ぎたい人にも最適です。

ただしWebデザインなどの知識を習得したとしても、その技術を使って将来的な就職は難しいのが難点です。

将来を見越した活動も行いたい、就職に役立つスキルも習得しておきたいといった場合には、難易度は上がるもののインターンからエンジニアになる方法が良いでしょう。

また、学生のうちにプログラミングスキルを習得して、アプリ開発などを手掛けるのもおすすめです。

時間があるうちにたっぷり学習することができれば、ユニークなアプリのリリースも夢ではありません。

興味を惹かれる分野なら学習速度も上がりますし、楽しみながら勉強することができます。

アプリを売る、アプリ内に課金機能をつけるなど、複数の方法で稼げるはずです。

オリジナルアプリをリリースできるまでに腕前が上がれば、卒業後の就職先に大手企業も選択肢に入ってくるでしょう。

僕の周りでも「自分で行動してブログを頑張った人」とか「1年ほどプログラミング学習を継続した人」だと、確実に1年前とは別のフェーズにいます。いきなり巨大な成果は出ませんが、学習に慣れ、行動が習慣化されたら、余裕です

— ゲン @社会人より稼ぐ大学生 (@Gen131129) December 14, 2021

大学生がプログラミングで稼げるようになるにはスキルと知識が重要

一方で、オリジナルアプリの開発およびリリースにはスキルと知識が必要です。

一般市場に向けてリリースするまでにスキルを成長させるためには、しっかりとバグを削除して最後まで完成させる腕と根気も求められます。

本格的に腕前を上げたい場合には、すべて独学で行うのは無理があります。

本やWebを参考にどれほど頑張っても、1人で学ぶ範囲には限界があるのも事実です。

こういった場合には、プログラミングスクールを活用することをおすすめします。

必要な技術や知識を効率よく教えてくれるため、1人で学び続けるよりも早くスキルを身につけることができます。

社会人になると自由に使える時間はぐっと少なくなるでしょう。早めに学んでおけばよかったと思ってもなかなか時間が取れない、残業続きでスクールに通えないといった例も社会人にはよくあることです。

学生の間にスクールに通って知識を身に着けておけば、アプリの開発だけではなく就職時にも役立ちます。

インターンとして入社する際も即戦力になることができるはずです。

 

1年以内に月収100万円まで行く方法。

まずデザイン・プログラミング・物販の中から1つ選んで勉強し月10万円くらい稼いで実績を作ります。次はその実績をもとに情報発信をして教える側に回りましょう。これで月100万円は余裕で稼げます。ちなみにこれまじで超有益な情報だからメモ必須です。

— かずくん@億稼ぐ大学生 (@Kazu_Consult) December 14, 2021

プログラミングスクールに通うと大学生でも稼げるレベルまで成長可能

できるだけスクールの費用を安く済ませるためには、入会金がないスクールや、学割があるスクールを選ぶことが大切です。

入会金がないスクールは気軽に入ることができますし、学割があるスクールは学生ならではの特権を使って費用を抑えることができるでしょう。

時間を有効に使うために、なるべく短い期間で集中して授業を行ってくれるスクールを選ぶのも良い方法です。

集中して学ぶことでアプリ開発などの時間を手に入れることができるのもメリットとなっています。

なお、一口にアプリとまとめてもWebアプリなども存在しており、こちらも大学生がお金を稼ぎたい時に活用可能です。

WebアプリはWeb上で動作するアプリの総称で、Webデザインと同じくクラウドソーシングで案件の募集が出ています。

Webで動作するからといって難易度が低いわけではなく、HTMLやCSS、JavaScriptなどの基本的な言語に加えてRubyやPHPなどの知識も必須です。

難易度が高いだけあって報酬は固定で50万から100万近くと高額ですが、当然のことながら責任も伴います。

いったん引き受けてからできなかったでは済まないため、十分なスキルを身につけてから挑戦するべきでしょう。

スキルがあって最後まで完成できるなら学生の稼ぎとしては非常に大きなものになります。

大学生のうちにプログラミングを使ってお金を稼ぎ出す方法を考えることは、その後の進路や可能性にも影響を与えます。

プログラマーやエンジニアを目指している人にとって、学生時代に自分の意志で勉強をし、自らのスキルで稼いだ経験は大きな資産になるでしょう。

大学生がプログラミングで稼ぐための方法
最新情報をチェックしよう!