プログラミングで大学生が稼げるようになるには継続のみ

プログラミングで大学生が稼げるようになるには継続のみ

プログラミングで大学生が稼げるようになるには継続のみ

大学生でもプログラミングで稼げるようになるには何をすればいいかを悩んでいる方も多いかと思います。

今回は、継続してプログラミング学習していけば、稼げるようになるということを解説していきます。

大学生が継続してプログラミング学習すれば稼げるようになる

結論からいえば、プログラミングで大学生が稼げるようになるまでに必要なのは継続です。

まずはコーディングを学んで身につける必要がありますし、次に経験を積んでスキルを磨き、実践力を養うことになります。

どの言語を選択しても、基礎的な部分は3ヶ月くらいで習得できますが、それでも学習に集中できる環境とモチベーションが不可欠です。

また、基礎をしっかりと固めようと思えば、時間を掛けながら半年は訓練だと思って取り組みたいところです。

基本が身につけば、いきなり難しいことにも挑戦できるのがプログラミングの良い部分ですが、しかし実務で能力が活かせるかは別です。

つまり、経験が物を言う世界で時に機転を利かす必要が出てきますから、そういう状況において経験の差が実力としてあらわれます。

当然ですが現場で使えない人間は採用されませんし、採用されなければ仕事ができないので稼ぎたくても稼げないです。

そもそも大学生は学業が本業ですし、本格的に雇ってもらうのが難しいです。

ただ、本気でエンジニアを目指すつもりで学び、日々努力を続けて地道にスキルを磨き続ければ、少しずつですが稼げるようになるでしょう。

【ビジネス初心者が月100万円稼ぐ方法】
まず初めに、

・物販
・デザイン
・プログラミング

などから1つ選びスキルを身につけて月10万円稼ぎ、情報発信を開始しつつマーケティングを学ぶ。掛け算を作って認知を取って1個1万円の商品を100人に売ったら月100万円。あとはやるだけ。簡単ぺろっ😋

— かずくん@億稼ぐ大学生 (@Kazu_Consult) January 28, 2022

大学生がプログラミングで稼げるようになるには

最初は単発のアルバイト程度の仕事でも、やがて重要な仕事が任されるようになったり、大きなプロジェクトの案件が舞い込んでくるようになります。

といっても、そこに至るまでには長い道のりがありますし、やはり継続しなければ到達できないです。

大学生にとってプログラミングが面白いのは、生活の大部分でスキルの習得や実践に取り組むことで、本当に稼げるようになることです。

未経験でできる仕事は限られますが、簡単な仕事から始めて自信をつけ、段階的にステップアップすることでより難しい仕事に挑戦可能となります。

そして、段階が上がるにつれて受注できる仕事の幅が広がり、雪だるま式にスキルが磨かれていき経験も積み上がります。

そこでようやく認められ始めますし、特定のクライアントとの取引実績を増やしていれば、そのクライアントから特別な案件のオファーが届き始めます。

特別な案件というのはいわゆる非公開だったり、公開前の案件のことで、優先的に案件を紹介してくれるわけです。

これくらいになれば仕事に困ることはありませんし、順調にエンジニアの道を歩むことができるでしょう。

 

12月から大学生しながら本格的にweb制作を始めましたが(主にhtml/css,jQuery)
約2ヶ月で月4万円稼げるようになりました!

内約は
LPコーティング案件2万円×2

です!

✅大学の勉強がおもんない
✅バイトがだるすぎる

上記にあてはまる学生はプログラミング勉強して稼ぐ力つけるのがオススメです☺️

— なおや@学生web制作エンジニア (@naoya_prin) January 15, 2019

大学生がプログラミングで稼ぐ際には信頼構築が必要

とはいえ、信頼を獲得して案件の紹介が受けられるようになるまでが大変です。

幸いなことに、大学生には自由な時間があって大学以外の勉強にも時間が割けるので、プログラミング漬けの日々を送ることも不可能ではないです。

大事なのは覚悟と効率的な学習、それと実践を恐れずに何でも興味を持ったら挑戦する姿勢です。

覚悟というは本当にエンジニアとして活躍する為に必要な努力を惜しまず、稼げるようになるまで諦めないことです。

学習そのものは独学でも可能ですが、効率を重視するのであればプログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

スクールは専門的かつ現役のエンジニアが講師を務めているところが多いので、短期間でも基礎と応用がしっかりと身につきます。

ただし、基礎や応用が自分のものになっても、稼ぐことができるかどうかはまた別の物台です。

大学生がプログラミングで稼ぐとこんな感じで収入が上がる

結局のところ現場が求めるのは知識と技術があって、経験豊かな即戦力ですから、とにかく実践を繰り返すのみです。

未経験でしかも大学生となると、いきなり企業に雇ってもらうのは難しいですが、クラウドソーシングなら初心者でもできる仕事があります。

Web系の案件であれば、独学でも学んだ知識を活かして仕事をしたり、成果を残して実績を積むことができます。

どれくらい稼げるようになるかはケースバイケースですが、1ヶ月に数万円程度であれば達成するのは難しくないです。

ハードルが高くなるのは5万円以上で、特に10万円の壁はそれなりに高いといえるでしょう。

1ヶ月に10万円以上を安定的に稼ぐには、コーディングの効率を上げて短時間で仕事を終らせる必要があります。

つまりここでも経験が重要になってくるので、仕事のチャンスがあれば自ら飛び込んでチャレンジすることが肝心です。

趣味のプログラミングは面白くて楽しいものですが、これが仕事となると途端に苦しくなったり、辛くなったりします。

理由は作業が義務的になるからで、納期によって自分のペースでコーディングが楽しめなくなることにあります。

ある程度苦しみ抜いた末に余裕が生まれ始め、楽にコーディングができるようになりますから、仕事と趣味のコーディングを両立することも可能です。

そうなれば短期間で効率的に稼げるようになっていますし、大学生でも10万円どころか20万円かそれ以上も夢ではないです。

何年継続すればそこに到達できるかは人それぞれですが、1ついえるのは在学中に到達することも可能ということです。

実際に到達している人は何人もいますし、自由に仕事を選んで収入を得ている人も少なくないので、努力を続ければいつか必ず到達できると信じて継続することが大事です。

プログラミングで大学生が稼げるようになるには継続のみ
最新情報をチェックしよう!