大学生がプログラミングで月5万円稼ぐには

大学生がプログラミングで月5万円稼ぐには

大学生がプログラミングで月5万円稼ぐには

大学生がバイトの代わりにプログラミングで5万円稼ごうとしている方のために、記事を作成してみました。

大学生がプログラミングで稼ぐ前に知っておくべきことから、どのようなステップでプログラミング学習すればいいかを解説していきます。

大学生がプログラミングで稼ぐ前に知っておくべきこと

大学生がプログラミングで毎月お金を稼ぐのならば、クライアントを見つけなければなりません。

以前ならばIT企業や派遣会社などに所属して仕事を受注することが早道でした。

しかし近年ではクラウドソーシングなどでWEB上で仕事が公開されており、条件に合わせてプロジェクト型や受注コンペなどの方式によって仕事を得ることが出来るようになっております。

コネクションがないのならば後者のクラウドソーシングを利用してみて、仕事へ慣れると同時にコネクションを結び付ける方向で動いてゆくことが今後のためになるのです。

大学生がプログラミングで稼ぐまでの勉強方法は

プログラミングは独学でも学ぶことが出来ますが、大学や専門学校でも選択して授業を受けることが出来ます。

独学よりも密度の高い勉強が出来ることと、プロの現場で働いている講師から直接最新のトレンドを学べることは大きなメリットがあるのです。

さらに状況によっては講師からの仕事の斡旋や、学校側からの紹介なども発生する場合があるので技術の上達を実際の現場で体験することが出来ます。

プロジェクトに参加すれば支払い方法によって給与を得ることが出来ますし、受注型で仕事を完納するなどの請負型の受注もするチャンスがあるのです。

当初は隙間時間を使って1か月で1万円などを目指すアシスタントや、プロジェクトの一部を担うアルバイトを行うことがおすすめになります。

プログラミングの難易度により稼げる金額も変わる

仕事に慣れてきたら難易度を上げてゆけば、収入も上がってゆくのです。

目安としては月に5万円を稼げるようになったら、その後は時間給をアップさせる方法か受注型に切り替えてゆくことが考えられます。

とにかく最初は金額ではなく慣れることや経験を積める環境を重視して、未来に繋げることが大切です。

どんな仕事も責任感を持って行うことで信頼が生まれ、クライアントのリピートを依頼される結果になります。

ITの仕事は無数にありますが、スキルとノウハウによって個々のレベルが大きく異なるために、募集数に対して望んでも仕事が出来ないことも少なくありません。

だからこそスキル職であることを認識して、勉強と実地を並行して能力を上げながら経験値を蓄えてゆくことが大切なのです。

プログラミング言語により需要が異なるので稼ぎたいなら慎重に選ぶべし

またプログラミング言語によってトレンドが異なり、サーバー系やWEB系だけではなくモノづくりの現場で使われる物や、自動化を行うBOT系なども近年では需要が高まっていると言われております。

プログラマーが少なく需要度の高い言語が仕事の炭化が高くなる傾向ですが、逆にノウハウが蓄積されていないために自分自身で構築しなければならず、参考とする情報やテンプレートが多くない場合もあるかもしれません。

こうした情報は現場で働いていれば同業者からの情報が耳にも入りますし、大学生などの場合でもSNSや講師の意見を注意深く観察していれば断片的な情報を得ることが出来ます。

大学生がプログラミングで稼ぐためには情報収集能力も大切

プログラマーに必要なのはスキルやノウハウだけではなく、市場の動向や社会のニーズなどを広く浅くチェックしておく、情報収集能力と分析力が大きな力になるのです。

例えば近年ではIOTと言われる物のインターネット化が盛んに行われており、スマートデバイスは着用したり計測器にアプリを連動させることで、自身の体調を管理するための情報を収集することが出来ます。

もっと広い範囲で行えばビックデーターになるために、IOTはさらなる巨大産業へ成長することが予想されているのです。

個人単位が学校や企業単位になり、もっと大きな単位になれば制御するためのプログラムも複雑化して巨大化することが予想出来ます。

その場合に必要とされる言語やセキュリティなどは単価が高くなるので、より深く理解して技術を持っていれば高い値段で雇用されることも不可能ではありません。

技術者は多くいても本当にスキルが高い人は、意外と多くはないものなのです。

 

僕の周りでも「自分で行動してブログを頑張った人」とか「1年ほどプログラミング学習を継続した人」だと、確実に1年前とは別のフェーズにいます。いきなり巨大な成果は出ませんが、学習に慣れ、行動が習慣化されたら、余裕です

— タチバナ@社会人より稼ぐ大学生 (@910Challenger) January 9, 2022

大学生がプログラミングで稼ぐには出来ることから徐々にステップアップが必要

大きな仕事や専門的なプロジェクトに参加するのにも、始めは自分の出来ることを責任を持って取り組むことが第一歩になります。

やがて大きな職務に従事するために常に技術を磨きながらトレンドを把握して、視野を広く広げて社会のニーズを読み取る力を養わなくてはいけません。

前述したようにIOT化が進めば、交通や物流もインターネットで制御される時代が来ます。

タクシーは運転手がおらず無人で動き、配車もスマートフォンのアプリで行うことが可能になるのです。

システムを動かしているのは基幹的なオペレーションシステムであり、情報のバックアップやバグやエラーの修正は人間が行わなくてはいけません。

プログラマーが大いに活躍して、社会のインフラ制御のためにシステムを構築して維持更新をすることになります。

継続すれば大学生でもプログラミングで稼げる

大学生がプログラミングを始めるのは授業の中でカリキュラムで覚えたり、副業として仕事に携わることから始まるかもしれません。

稼ぐ力は技術が上がるほどに飛躍してゆき、やがて社会を動かすほどの能力に育ちます。

5万円が稼げるようになれば10万円や20万円、さらに多くの収入を稼ぐことも夢ではありません。

人生はどこからでもやり直すことができます。勿論スタートは早ければ早いほど良いですが、「もう遅いから無理」なんてことは絶対ないです。60歳で定年後に起業したり、70歳からプログラミングを学ぶ人だっています。年齢を理由に挑戦しないのは勿体ないです。とりあえずやってみましょう。

— かずくん@億稼ぐ大学生 (@Kazu_Consult) January 12, 2022

大学生がプログラミングで月5万円稼ぐには
最新情報をチェックしよう!