仕事をしている様子

大学生からプログラミングを学習するとお金に困らない人生を歩める!?

仕事をしている様子

プログラミングが必修化されている今、大学生から勉強するべきか迷っている人もいると思います。

大学生活は充実していて楽しいけど、そろそろ将来のことも考えて勉強する必要があるかな…と考えることも。

大学生からプログラミングを学ぶメリットにはどんなものがあるのでしょうか。そもそも大学生からでもプログラミングについて学ぶ必要はあるのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

大学生からプログラミングを学ぶメリットは

大学生になると就職など将来のことに真剣に悩むものです。でも自分の進む道がはっきりしていない、どんな就職先になるかわからないなどの理由で迷っている人もいるかもしれません。

まず、結論から言うと大学生でプログラミングを学ぶのはメリットだらけです。これからの時代、生きていくためにも、プログラミングを身に付けておいて損はありません。

プログラミングを学ぶメリット1. 選択できる仕事の幅が広い

仕事をしている様子

プログラミングというとSEなどの専門職でなければ、必要のないスキルだと思っていませんか。IT化が進んでいる現代において、プログラミングの知識はさまざまなところで活かせます。

会社員として働くもよし、メーカーやブランドのECサイト等の管理、役所でもプログラミングの技術を持っている人を募集しています。どの企業もHPを所有している今、プログラミングの知識を持っているかどうかで採用される基準も変わりますし、就職したあとの仕事の幅も広がります。

大学生からプログラミングの知識をつけておけば、20代からキャリアが積めるので長く活躍したい人にもおすすめです。

プログラミングを学ぶメリット2. 自由な働き方を手に入れる

屋外で仕事をしている様子

プログラミングの技術は企業に属して活かしキャリアアップを目指すもよし、独立しフリーランスとして自由に働く選択肢もあります。自分で起業し事業としての成功を収めることもでき、将来は社長として仕事ができるかもしれません。

社長になれば年収1,000万円以上も夢の話ではないのです。特に終身雇用が崩壊している今、企業に勤めているだけで年収がUPするにも限られてしまいます。プログラミングはPCさえ持っていれば好きな場所で仕事もできるので、時間や場所にとらわれずに国内外で働くこともできます。

これからの時代、自由な働き方を求める人も増えていくのではないでしょうか。大学生から自由な働き方のための準備=プログラミングと考えるとわかりやすいですね。

プログラミングを学ぶメリット3. 就活に活かせる

就活で面接をしている様子

大学生からプログラミングを学ぶメリットのなかに、就活の強みになるのは言うまでもありません。大学生にとっても大きな山場の一つが就活です。大学での就活はどこの大学に通っているのかなどの関係もありますが、基本的にはポテンシャル採用になります。

そのため、適切なリーダーシップが発揮できるのか、また他の就活生とのコミュニケーションが重視される傾向にあります。なかには人見知りをしてしまう人、緊張して内気になってしまう人もいると思います。

就活でいかにアピールできるかの世界で、埋もれてしまうこともあります。日本人は特に自分をアピールするのが苦手なのもあり、就活になって悩む人も少なくありません。

大学生からプログラミングの知識や技術をつけておけば、他のライバルにも差をつけることができます。就活で希望の企業に就職できるか不安だな…と思っている人にこそ、プログラミングの知識をつけておくのをおすすめします。

プログラミングを学ぶメリット4. 将来性のあるスキルだから

本からアイデアが出ている様子

なにかスキルを身につけたいと思うときに、将来性のあるものを学ぶのはとても重要です。どれだけ勉強してもスキルとして活かせなければ、意味がありません。

大学生は比較的自分の時間を取りやすい時期ですし、いかにこの時期を上手に使っていたかが人生に影響することもあります。20代で活躍している人の多くが、大学生から将来を見据えた行動をしています。

プログラミングが今後も需要が高く続くことが予測されています。そのため、プログラマーとして活躍するのではなかったとしても、希少価値の高いスキルとして学んでおくべきです。

特にこれからはAIが私達の生活に入ってくる時代です。スキルのない仕事に就職してしまうと、将来仕事がなく生活できない…なんて自体を招きかねません。今後も必要とされる仕事に就くこと、またそのためのスキルを大学生から身に付けていくべきです。

プログラミングを学ぶメリット5. 給料面が期待できる

プログラミングでお金が沢山ある様子

プログラミング関連の仕事は、他の仕事に比べて時給や給料が高めに設定されています。例えばアルバイトでプログラミングの仕事をするにしても、一般的な時給が1,000円のところ、3,000円程度まであげることもできます。

時給が高い=生活の安定にも繋がりますし、もし副業でスキマ時間になにかしたいと考えているのであれば、短時間でも十分な稼ぎになるのでおすすめです。

月給でもプロのSEとして仕事をしていれば専門職になりますし、会社員の倍以上の給料が手に入ります。できるだけ高級料で仕事をしたいと考えている人にとっても大きなメリットになります。

大学生からプログラミングを学ぶならどの言語?

大学でプログラミングを勉強している様子

これだけのメリットがあるとわかれば、大学生からプログラミングを学ぼう!と考える人も増えるのではないでしょうか。実際に学ぶうえで、どんな手順で進めたらいいのか、知っておくことも、効率的に学ぶ上ではとても重要なことです。

まずは、どのプログラミング言語にするのかを決めていきます。一言にプログラミングといっても言語によって、学ぶ方法が変わります。プログラミングの知識は、簡単なものではありませんし、一つ一つの言語にしっかりと向き合っていくことも重要です。

そのため、最初から複数の言語に挑戦するのではなく、一つに絞っていきましょう。言語選びに失敗してしまうと、需要が少なく仕事に繋がらなくなってしまうリスクも考えられるからです。今後も需要の高い言語を選び、学ぶことがとても重要です。

例えば、SEとしてシステム開発に携わりたいのであれば、「Java」を選択するのをおすすめします。学びやすく需要の高いもので選ぶなら「Ruby」などを選んでも失敗はありません。まずはプログラミングでどんなことをしたいのかを考え、言語を選ぶようにしましょう。

大学生からプログラミングを学ぶならスクールがおすすめ

プログラミングを勉強している様子

大学生からプログラミングの勉強をするのに、独学にするべきか、また専門のプログラミングスクールに行くべきか、迷う人も多いのではないでしょうか。なかには独学で専門書などを見ながら学ぶ人もいます。

ただ、今までまったくプログラミングの経験がない大学生であれば、プログラミングスクールに通って学ぶのをおすすめします。プログラミングは専門用語も多く、なかには途中で断念してしまう人もいます。

スクールなら同じ目標に向かって頑張っている人が身近にいるので、モチベーションの維持にも繋がります。効率的に基礎から応用までしっかりと学べるのもあり、スキルとして十分の力が身につきます。

大学生活のなかでもやらなくてはいけないことがたくさんありますし、時間を効率的に使えるプログラミングスクールをおすすめします。

プログラミングスクールに通いたいと考えていても、コロナを懸念されている方も多いかと思います。

TechAcademy(テックアカデミー)のようにオンラインで完結出来るプログラミングスクールもありますので、興味があればまずは無料体験を受講してみて下さい。

無理な勧誘は一切ありませんでしたので、気軽に受講できますよ!

まとめ

プログラミングを学習して満足している様子

大学生からプログラミングを学ぶのにいかにメリットがたくさんあるのか、わかっていただけましたか。どれも、将来のためになる知識や技術であり、企業に勤めて働くもよし、自分で起業したり、フリーランスとして仕事をするなど、幅広く活躍できるはずですよ。

スポンサーリンク
仕事をしている様子
最新情報をチェックしよう!