侍エンジニアプラスは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか

侍エンジニアプラスは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか

侍エンジニアプラスは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか

侍エンジニアプラスの受講料金は月額3000円程度なので、かなり安いです。

しかし、入学金や教材費などでさらに高くなるのではないか、学習内容のレベルが低いのではと懸念される方がいらっしゃるかと思います。

今回は、そのような方に向けて記事を作成してみました。

侍エンジニアプラスには教材費も含まれている

安いと評判のプログラミングスクール侍エンジニアプラスは、月額3278円税込からと破格ともいえる価格設定ですが、気になるのは教材なども入っているのかどうかです。

結論からいえば教材も月額料金に含まれているので、その点の心配は無用です。

安さを実現する為に様々な工夫が行われていますから、安くても内容に妥協はなく、物足りなさを覚える心配もないといえるでしょう。

そもそも、教材をベースに学習を進めるスタイルなので、教材が用意されていないことは考えにくいです。

教材は課題と共に30種類以上が用意されていますから、充実の内容の自分に合う教材を活かしてしっかりと学習できます。

侍エンジニアプラスはこの価格で教材数も豊富

侍エンジニアプラスは挫折しないことを重視していますから、未経験者であっても、スキルの習得に繋がる最後までやり抜く学習が実現します。

プログラミングスクールというと、月額が高めに設定されていたり、入学金だけでもかなり高額なイメージです。

しかし、入学金無料で教材を問わず質問できたり、質問し放題で質問に対する回答が早いなど、安い月額料金からは想像できない高品質の内容となっています。

勿論、講師は現役のエンジニアですし、マンツーマンレッスンが受けられるので、費用対効果を考えるとまさに破格です。

その注目度の高さは大手を含むメディアに取り上げられていることからも分かりますし、プログラミングスクールといえば侍エンジニアプラスという人も増えているほどです。

教材の種類は厳密には28ですが、これは他社と比べても十分に多く、数種類しか選べないスクールもあることを考慮すればむしろ多いです。

12個という課題数も他社と比べてかなり多めですから、決して少ないということはないでしょう。

侍エンジニアプラスの教材内容は基礎から応用まで幅広い

肝心の誰もが気になる教材の内容ですが、プログラミングの前提となる知識やHTML、CSSを使ったWebサイトの構築、JavaScriptやjQueryもあります。

Ruby on RailsやPHPに関する教材も用意されていますから、基礎的な内容だけでなく、応用に繋がるより高度なスキルも身につけられます。

実践的な内容の教材も多く、既存の大手Webサービスをお手本にしたアプリの制作も学べます。

データベースの知識も身につきますから、一通り学習して基礎と応用をマスターすれば、自分でサービスやアプリを開発する実力が手に入ります。

安いという事実にばかり注目が集まりますが、実際のところ侍エンジニアプラスの内容は濃くて質も高く、こんなに安くて良いのかと思ってしまうほどの安さです。

基本的なコースには転職支援のサポートこそ含まれないものの、教材にはエンジニア転職の成功に向けた内容のものも用意されています。

つまり、転職を見据えた学習環境を提供しているプログラミングスクールだといえますし、1つ1つ教材や課題をクリアしていけば、将来的にエンジニアを目指すのも夢ではないわけです。

Web方面ではデザインやPhotoshopの使いこなし、WordPressの基礎と応用など、こちらの内容も充実です。

#今日の積み上げ
侍エンジニアさんのWeb制作上級編後半に入ってjavascriptの学習を始めました。面白い。今まで動画を好んで選んでたけど静的サイトで勉強する方が自分には合ってるかもしれない。侍さんの教材にここ1週間浸かってます。#侍エンジニアプラス

— Rio M (@40sprogramming) August 18, 2021

侍エンジニアプラスが安いのはサポートを最低限にしているため

プログラミングスクールの侍エンジニアプラスをおさらいすると、価格の安い破格の定額料金制で、教材や課題を含めて月額3278円税込です。

侍エンジニアプラスは本家にあたる侍エンジニアの流れを汲むものですが、本家は3ヶ月の受講で40万円以上と高額です。

むしろ、プログラミングスクールはこのくらいの価格が相場ですし、1ヶ月あたりの金額に換算すれば安い方です。

本家との違いは1ヶ月単位のいわゆるサブスクリプションを採用していることで、本家には転職支援サポートがついています。

本気でエンジニア転職を目指すなら最初から本家を検討するのもありですが、転職を迷っているならサブスクリプションのプラスが狙い目です。

取り敢えず1ヶ月だけお試ししやすいですし、何より月額3278円税込と破格ですから、続けるのもやめるのも難しくないです。

続けるとなると6ヶ月、1年の合計金額を考えたり費用の負担を考慮する必要がありますが、1年間続けても合計4万円以内に収まります。

言うまでもなく税込でこの金額ですから、年間数十万も100万円以上にもなるスクールと比べれば、圧倒的にお得です。

教材を自分で買う必要がなく、追加料金も発生しないので、本当に受講する人のことが考えられていることが分かります。

卒業後にエンジニアになれるかどうかは、結局のところ実務経験によるので、そこは自分の努力次第ということになるでしょう。

とはいえ、ここまで安い費用で多くを学べることを考えれば十分ですし、就職や転職支援までを求めるとしたら贅沢です。

それほど未経験者や初心者に嬉しい内容が充実で、他社を圧倒する破格のスクールだといえます。

コスト削減と利便性を考慮してオンラインのみの提供ですが、仕事をしている人でも学習に取り組みやすく、自分のペースで無理なく続けられるので合理的です。

 

#侍エンジニアプラス を利用して半年PHPの知識ほぼ0から、まだ作りかけですが下記お天気サイトを制作する事が出来ましたhttps://t.co/kf4ijZEJrz
分からないことやエラーがあれば、講師の方々がヒントをくれたり行き詰るまで考えると答えをくれたりします #エンプラ #駆け出しエンジニアと繋がりたい

— 🌌BlueMoment🌌 (@BlueMom81253601) December 8, 2021

侍エンジニアプラスは安いプログラミングスクールだが教材なども入っているのか
最新情報をチェックしよう!