なぜプログラミングスクール侍エンジニアプラスはこんなに安いのか

なぜプログラミングスクール侍エンジニアプラスはこんなに安いのか

なぜプログラミングスクール侍エンジニアプラスはこんなに安いのか

侍エンジニアプラスでは月額3000円程度で受講可能なプログラミングスクールです。

あまりにも安いので、裏に何かあるのではないかと勘繰る方のために記事を作成してみました。

侍エンジニアプラスは月額の利用料が3000円強という破格の安さ

不況が30年以上続いている日本では、正規の仕事だけでは生活が苦しくなり、副業を認める会社も増えてます。

副業と言っても仕事の後にアルバイトやパートタイムでスーパーのレジ打ちなどを行ったり、運送屋の宅配倉庫で働くのもありですが、仕事に支障が出るデメリットもあります。

そういった理由で、帰宅後に家で内職的に出来て高収入のプログラミングの仕事が人気があります。

だけど全くの素人がいきなりプログラミングの仕事は出来ないので、初心者でも効率よく短期間で学べるオンラインのプログラミングスクールで学んで副業を始める人が増えてます。

プログラミングスクールの中には、高い授業料を取ってより高度な授業やサービスを受けられるスクールもありますが、副業をやるぐらいお金が必要な人がそういったスクールに通うのは勿体ないと安いスクールを探す人も多いです。

プログラミングスクールの中で特に授業料が安いスクールに、侍エンジニアプラスがあります。

どのぐらい侍エンジニアプラスが低料金化と言うと、通常の侍エンジニア塾の場合は、3ヶ月で40万円以上の受講料が掛かります。

それに比べて月額のサブスクリプションサービスの侍エンジニアプラスの場合は、月額の利用料が3000円強という破格の安さで利用できます。

でもこれだけ料金の差があると、普通に考えたら余程講義の質が悪いのかや、ちゃんとプログラミングのスキルが付かないんじゃないかと疑ってしまいます。

SAMURAI ENGINEER Plus+(侍エンジニアプラス)に入学。
独学で勉強しているので、モチベーションが続くか心配だったので始めました。

— iwamoいきいき記録|プログラミング・筋トレ (@ikiiki_iwamo) May 18, 2021

侍エンジニアプラスが安い理由

これだけの安い料金で講義を受けられるには理由があり、講義などの教材を提供されて独学で学ぶ必要があるからです。

つまり大学受験予備校で例えるならば、塾に行って講義を受ける事と、通信学習教材が送られて来てそれを自宅で学習して添削指導されるのと似ています。

施設を使ったり、授業を行う講師がいない分安く受けられるというカラクリです。

だから講義ならば疑問点が出たら質問して答えて貰えますが、サブスクサービスなので掲示板などに質問してすぐに答えて貰えず時間が掛かったり、自力で能動的に解決する必要があります。

そしてマンツーマンの講義も受けられますが、専属の講師が付く侍エンジニア塾と違って、マンツーマンの講師は毎回誰になるのかが解らず、そのためキメの細かい生徒それぞれに最適の学習メニューを受ける事が出来ません。

高額の料金が掛かる侍エンジニア塾は、僅か3ヶ月で転職できるぐらいの高度なプログラミングスキルが付きますが、侍エンジニアプラスの場合は、働きながらゆっくりとスキルを学んでいく事を想定していて副業で稼ぐ事を目標としてます。

侍エンジニアプラスは副業やバイトで稼げるようになるのがメイン

そういった理由から、侍エンジニア塾ならば、転職する所まで責任を持って行ってくらますが、プラスの場合はあくまで副業レベルの初心者エンジニアになって、クラウドワークなどを使って依頼を受けて報酬を経られるレベルにしかなれません。

何故転職まで出来る程のスキルを身に付ける事が出来ないのかと言うと、実務経験を一切積んでいないからです。

侍エンジニアプラスの料金が安い理由を知っていただいた上で、それで学習するメリットについて幾つか紹介します。

専属の講師が付いて、短期間のうちにしっかりと生徒の理解度に合わせて指導してくれる高額の侍エンジニアに比べて、大幅に安い料金で受講できる事です。

これだけ安いと始める初期費用が少ないので、簡単に気軽に始める事が出来ます。

今日の積み上げメモ#ポートフォリオ 作成
形になった瞬間ってかなり嬉しい。そして、どんな形であっても、勉強していて良かったと思えた。独学でもスクールでもまずは気持ちが大事。その次は継続が大事。これからも頑張ろう。#侍エンジニアプラス#エンプラ#駆け出しエンジニアと繋がりたい

— PCroad@PHP&VBA勉強中 (@pcroad_ln_nl) December 23, 2021

侍エンジニアプラスは安いがすぐに質問できる環境なので身に付きやすい環境

通常は独学で学ぶスタイルですが、解からない事をすぐに解決したい時にはチャットでも質問する事が可能です。

24時間365日年中いつでも講師陣がスタンバイしていて、チャットで質問するとすぐにその疑問を答えて貰えます。

それに加えてサブスクで独学が基本ですが、月に1回はオンラインレッスンを受ける事が出来て、その時に1カ月間溜め込んだ疑問点を直接聞く事も出来ます。

そして月に1回のマンツーマンレッスンでは講師を選ぶ事は出来ませんが、侍エンジニア塾を同じように現役の実務経験豊富なエンジニアに疑問や副業などの相談をする事が可能です。

通常の侍エンジニア塾ではマンツーマン授業を希望した場合は別料金で1万円強掛かりますが、サブスクのサービスでは月額の3000円強の中に1回マンツーマンのオンラインレッスンを受けるサービスが含まれてます。

侍エンジニアプラスには部メリットもあって、半年間学んだとしても実務経験をほとんど詰めないので副業は出来ても転職する事は難しいです。

転職を考えているならば、授業料が高い侍エンジニア塾に行くか、転職保証や斡旋が付いているプログラミングスクールを選んだ方が良いです。

それ以外にも何度もキャンペーンなどでSNSで炎上した経験のあるサービスで、批判的な意見も多数あります。

そういったSNSの炎上や誹謗中傷を気にするユーザーは、利用していると不安を感じる事があり、それがデメリットと言えます。

サービスが始まった当初は炎上する事もありましたが、現在ではサービスやキャンペーンが改善されて、批判や炎上が起こる事が無くなりました。

侍エンジニアプラスでwebの勉強を始めました。サブスク型でとても手軽に始められ自分で勉強だけど、わからなければ質問ができきちんと分かりやすい答えがもらえるんです!答えは1回だけではなく何度でも受講者が分かるまでできるんです
#侍エンジニアプラス#エンプラ#駆け出しエンジニアと繋がりたい

— Mikako (@mikakoAO) December 6, 2021

なぜプログラミングスクール侍エンジニアプラスはこんなに安いのか
最新情報をチェックしよう!