ポテパンキャンプでプログラミングを勉強

ポテパンキャンプでは学習時間をどれくらい確保すれば大丈夫?

ポテパンキャンプでプログラミングを勉強

ポテパンキャンプはレベルの高いプログラミングスクールとして知られていますが、週にどれくらいの勉強時間が必要なのでしょうか?

仕事をしながらでも、この勉強時間を確保できればポテパンキャンプを卒業できるかも!

ポテパンキャンプは週に15時間勉強しておけば大丈夫!?

ポテパンキャンプは、多くのプログラミングスクールの中でも近年非常に評価の高いものとなっている特徴があります。

受講生にとっては完全オンラインで非常に受講がしやすく、時間を有効に利用することができると言うメリットがあるほか、その内容が充実しておりレベルが高いため、効果的に高いスキルを身に付けることができると言うメリットもあると評価されているのです。

また企業からはスキルの高い人材を輩出するスクールと注目されており、受講生は様々な問題解決能力や対応力が非常に高く、優秀な人材が揃っているプログラミングスクールと考えている印象があります。

このような優秀な人材を次々と生み出すポテパンキャンプは、カリキュラムの内容もレベルが高いことから多くの時間を受講生は学習に費やさなければならないと考えられる面が少なくありません。

そのため、非常に厳しい環境の中で学習しなければならないと思われることも多いのですが、実際に多くの受講生に調査を行ったところ、平均的には週に約15時間から20時間と言う結果を得ることとなりました。

この数字を見る限りでは、一般的なプログラミングスクールに比べても決して多いとは言えず、完全オンラインであることを考えると逆に効率の良いスクールであることが伺えます。

 

プログラミングスクールとかで合計の勉強時間の目安が書いてあるが(例えばポテパンキャンプで400時間)、ほんとにこれだけである程度エンジニアとしてやっていけるようになるの?という疑問がある🤔

個人的な感覚としては少ない気がするけど、実際どうなのか。。

— yuki 英語×仕事・ビジネス (@yuki_LIFE_NOTE) March 27, 2021

概ね週に3時間と言う計算となるため、平日働いている人であっても上手に時間の融通をつければ行うことができない時間ではなく、場合によっては適度な学習時間と考えられる部分も少なくありません。

ポテパンキャンプで勉強時間を確保できないと?

ポテパンキャンプは通学型のプログラミングスクールとは違い、オンラインで様々な学習を全て行うことができる仕組みとなっていることから、自宅にいながら学習をすることができると言うメリットがあります。

しかもビデオ学習であるため自分の好きな時間を選ぶことができると言うメリットもあるのです。

自宅で1日23時間の時間を確保すればよく、そのため通学型に比べてもその自由度が大きいことが学習のしやすさにもつながっています。

これが継続をすることができる理由ともなっており、集中して学ぶことができることにつながるため、非常にスキルの高い受講生が数多く排出されると言う効果を生んでいるのです。

しかし週に15時間から20時間と言う学習時間は、上手に確保すればそれほど苦にならないものでもありますが、意識をしないとなかなか確保できないと言う難しいものでもあります。

 

ポテパンキャンプに向いてる人の特徴🥺

・絶対にやり切る決意がある
・残業しない時の周りの目に耐えるメンタル
・東京で就職することができる
・最低でも週に20時間の勉強時間を確保
・プログラミング経験あり(できればオブジェクト指向)
・すぐに質問しない人、質問しても精査した上での内容

— i筋トレ (@n4nol6gu5UxWN7j) February 5, 2020

特に仕事で残業が多く、平日ほとんど学ぶことができないと言う人にとっては、これは土日に集中することになり非常に厳しい状況となってしまうことが少なくありません。

そのため、できるだけ分散させるために、特に平日の時間の確保の方法に十分に配慮することが必要となります。

ポテパンキャンプの学習時間を確保するコツ

そのポイントの1つが、現在の仕事で無駄な残業を行わないようにするということです。

現在ポテパンキャンプを利用していると言う事は、エンジニアへの転職を目指していると言うことであり、現在の仕事に魅力を感じていないと言うことになります。

自分が魅力を感じない仕事でこれを長時間行い、エンジニアになるための学習ができない状況となってしまうのは本末転倒と考えることです。

様々な状況で残業を辞するすることができないと考える人も多いのですが、このような考え方ではなかなか転職をする事は難しいと思われる面も少なくありません。

あくまでも転職をすることが優先であると割り切る、平日はできるだけ残業して入るようにすることが効果的な時間の確保の方法となります。

加えて、朝の時間を有効に活用し学習時間を確保することも大切です。

 

Day3

1.学んだこと:rails 8 章 
2. 疑問点:before action の使い方は理解できたけどそのあとのコードの書き方が曖昧。特に@current_user.id != params[:id].to_iがよくわからん…頭パンクしたから仕事から帰ってきたら整理しよう
3.勉強時間:2時間半#ポテパンキャンプ#学習記録#転職活動記録

— しょうた@プログラミング修行 (@egg_shota) March 20, 2020

仕事が終わってから夜の時間を有効に利用しようとする人は多いものですが、実際には体が疲れていると言うこともあり、さらには断り切れない残業が入ってしまったり、またその他の予定が入ってしまったりと、夜間に学習時間を確保することは意外と難しい面が少なくありません。

朝であれば比較的自由にすることができるので、集中して学習をするには最適なものとなっています。

はじめは生活のリズムが大きく変わることもありなかなか難しい部分もありますが、慣れてくると非常に効率的な時間を過ごすことができるようになるためこれを習慣づけることが大切です。

ポテパンキャンプで技術を吸収しやすくするコツ

ポテパンキャンプは与えられた時間を学習すれば良いと言うものではなく、短時間でより多くのことを吸収することがポイントとなっています。

そのためより多くの学習時間を確保することが成功の秘訣となっていますが、平日だけではこれを十分に確保することができません。

そのため休日はできるだけしっかりと予定を立て、可能な限り学習を進めることが重要となります。

効率的な転職を行うためには、15時間から20時間と言う平均的な学習時間は最小限であり、実際はそれよりもより多く時間を確保する方が有利です。

この点を意識して効率よく様々な事柄を習得し、効率的な転職を行うことが重要です。

ポテパンキャンプでプログラミングを勉強
最新情報をチェックしよう!