プログラミング学習にもう遅いというのはありません【その根拠を徹底解説】

プログラミング学習にもう遅いというのはありません【その根拠を徹底解説】

プログラミング学習にもう遅いというのはありません【その根拠を徹底解説】

今からプログラミング学習を始めても、もう遅いと判断する方はたくさんいます。

しかし、IT人材の不足から30代、40代で始めても遅くないというのが現状です。

その他、プログラミング学習にもう遅いというのは無いという理由を解説していきます。

プログラミング学習にもう遅いというのは無い

プログラミング学習は年齢によってもう遅いのではないか、そう諦めたり断念するケースが珍しくないですが、結論からいえばいつでも遅いということはないです。

プログラミングのスキルが求められる仕事は多く、若手だけでなく経験者も求められる職業が豊富ですから、挑戦しようと思えば何歳でも始めることができます。

大切なのは興味から意欲を持って取り組むこと、そして思い立ったらすぐに始めて学習を継続することです。

また近年はオンラインプログラミングスクールが充実しているので、仕事をしている人でも仕事とプログラミング学習が両立できます。

短期間でも基本から応用までスキルを習得することが可能ですし、転職を念頭におけばキャリアアップを目指すのも夢ではなくなります。

もう遅いというのは思い込みによるところが大きく、自分自身で可能性を否定していることに他ならないです。

そもそもエンジニアは人材不足の状況ですし、プログラミングができる人材は何かと現場で重宝されます。

特にAI分野は伸びていますし、他の分野もエンジニアが活躍できる場は多いです。

オンラインプログラミングスクールの殆どは、未経験者に対応していますし、数ヶ月という期間で一人前を目指すことができます。

転職サポートありのスクールだと、年齢制限を設けているところもありますが、全てがそういうわけではないので心配無用です。

■ プログラミングを始めない人にありがちな言い訳7選

1️⃣数学、英語ができない
2️⃣今から始めるのはもう遅い
3️⃣頭が悪いからできない
4️⃣パソコンが苦手
5️⃣新しいことに挑戦するのが怖い
6️⃣時間がない
7️⃣忙しい

大半の人はできない理由を探しますが
言い訳せずやるだけです。
やれば誰だってできます!

— しんしん|大和魂を受け継いだZ世代 代表🇯🇵 (@shinshin_godmt) November 26, 2021

プログラミング学習は何歳からでも大丈夫!もう遅いというのは言い訳!

むしろ、もう遅いということはなく、何歳からでも意欲がある人を歓迎するスクールも珍しくないです。

確かに未経験でいきなり転職して本業にするのは心理的なハードルが高いですが、副業から始めて経験を積めば自信がつきます。

自信がつけばやがて転職の道や可能性がひらきますし、そうすればより待遇の良い転職先を探すことができるでしょう。

プログラミング学習は何も転職や副業だけでなく、純粋に趣味としても始めることが可能です。

懐の深い学習テーマともいえますから、年齢を理由に興味があるものを諦めてしまうのは勿体ないです。

勇気を出して一歩踏み出し始めてみると案外簡単だったりしますし、楽しくステップアップするのも決して不可能ではないわけです。

重要となるのは興味があるかどうか客観的に自らを捉え、やってみたいと思ったらブレーキを掛けずに挑戦を始めることです。

それから自分にあった教材を見つけること、本格的な学習を考えるなら毎日続けられるように、学習環境を整えるのも大事なポイントです。

教材となるテキストはWebにも転がっていますし、無料で手に入る情報も少なくないです。

高年収狙うため今からプログラミングスクール行ってエンジニアに転職するのってもう遅いですか?ってよく聞かれる。大学からプログラミング一所懸命勉強してる人はなめんなよって気持ちあるかもしれんし、確かに遅いかもしれんけど、結局はやるかやらないか、その人の努力次第。

— 朝日 将 | United World (株) 代表取締役 | 採用&グローバル人材キャリア支援 (@AsahiMasaru) November 24, 2021

プログラミング学習はプログラミングスクールに通っての習得がオススメ

一定の期間で効率的に学習を進めたいのであれば、やはりオンラインプログラミングスクールなどが用意する、洗練された教材を使って学習することをおすすめします。

オンラインプログラミングスクールなら、その人にあったカリキュラムが用意されますし、いわゆるメンターに質問できるので理解が早くなります。

独学だと教材の良し悪しが学習のペースに影響しますし、何よりモチベーションを保つのが難しいという問題があります。

しかし、教材や質問できる人といった充実した環境があると、疑問をすぐに解消できて上達の実感が得やすいことから、モチベーションが保てます。

自分に適した環境でプログラミング学習に取り組むと、グングン上達して自分でも驚きます。

それは年齢に関係なくスキルを学び磨けることを意味しますし、もう遅いと自分に言い訳せずに済むわけです。

もし誰かにもう遅いと言われたとしても、結局は他人の一方的な言葉に過ぎませんから、気にする必要は全くないでしょう。

他人の言葉に影響されて諦めるのは勿体ないですし、それこそプログラミング学習のチャンス、ひいては転職などの可能性を逃すことにもなります。

キャリアアップにプログラミングのスキルを活かすなら、確かにプログラミング学習を早めに始めて、実践の中で経験やノウハウを蓄積していくのが理想です。

 

テレワークするなら、スキルが必要。おすすめは「プログラミング」と「ライティング」。僕も学んだおかげで稼げるようになった。それも始めたのは2,3年前から。もう遅いってことはない。これから学んでいけば、来年の今頃には、テレワークも実現できる。

— あひる | 稼ぎにつながる学び (@ahirunotweet) October 6, 2021

プログラミング学習にもう遅いというのは無い情報まとめ

若い人ほど可能性や選択肢が多く、早い段階で1千万円プレイヤーになれる可能性が高いのは間違いないです。

ところが、年収アップのペースが緩やかになるとしても、20代後半から始めたり30代未経験から挑戦するのも不可能ではないです。

子供のプログラミング教育が注目を集めていますが、プログラミング必修化で学んだ子供達が大人になって活躍し始めるのはまだ先のことです。

これは今こそ大人がエンジニアを目指すチャンスだといえますし、プログラミング必修化世代の子供が活躍するのに先んじて、今から活躍できることを意味します。

年齢の遅い早いというのは、エンジニアに限らず実はあまり関係ないですし、肉体的な年齢が重要なアスリートでもなければ何歳からでもチャンスがあります。

歳を取ると新しいことを覚えるのが遅くなったり、心理的に挑戦するのが億劫になることはあるでしょうが、それは諦める理由にはならないです。

意欲があってやってみたいと少しでも感じたのであれば、年齢に関係なく挑戦すべきタイミングとなるでしょう。

プログラミング学習にもう遅いというのはありません【その根拠を徹底解説】
最新情報をチェックしよう!