高校生がプログラミングを独学で学習するのは厳しい

高校生がプログラミングを独学で学習するのは厳しい

高校生がプログラミングを独学で学習するのは厳しい

高校生で稼ごうと思うと、プログラミングの習得を目指して独学を始める方も沢山いるかと思います。

しかし、独学ではかなり厳しいという理由とどうやってプログラミングの勉強をすべきかを解説していきます。

高校生でも稼ぐという価値観

高校生にもなると、自分の将来がおぼろげながらわかってきます。もちろん全ての高校生が自分の将来を明確に描くことができるわけではありません。むしろ明確に描くことができる人は少数派と言えるでしょう。ただそうであっても、自分が何をしたいかあるいは何ができるか等は小学生や中学生の頃に比べてより明確になってきます。いわゆる、自分の能力を客観的に見る力が少しだけ出てくるわけです。そして年齢的にも、高校卒業して働く人が何割かいることを考えれば、近い将来自分もいずれ働かなければならないと感じるわけです。高校生ならば、学生の間にアルバイトをしている人もおり、お金を稼ぐという事はどのようなことなのかを肌でわかっている人もいます。

高校生でも稼ぎたいならプログラミングがオススメ

そのような人ならば、将来に関してより真剣に考える準備はできているといっても言い過ぎではありません。もし将来プログラミングの勉強したい場合には、専門的な知識を身に付けるべく資格等を取得することも必要です。仮に資格を取得しなくても、戦力となるならばそのまま就職が独立をしても良いかもしれません。一般的にすぐ独立してもうまくいかず、3年から5年ぐらいは赤字が続くためいきなり独立するのはやめた方が良いですが、それでも独立したい場合はその道を目指すのも悪くはないです。無難な道は、大学を出て就職するか高校や専門学校を出て就職する事ですが、いずれにしても即戦力になる位の力をつけておきたいといえます。

プログラミングを学習して高校生でも即戦力になるには

プログラミングで即戦力になる力を身に付けるためには、基本を確実に身に付けていることが重要です。この基本に関しては、本などで学ぶこともできますがいわゆる独学で行っても限界があるでしょう。もちろん中には、独学の勉強だけで非常に人より優れた結果を出す頭の良い人もいますので、必ずしも1人で学習することが悪いわけではありません。しかし独学で飛躍的に伸びるような人はかなり才能がある人です。それこそ100人に1人の人材かそれ以上の人材と言えるかもしれません。ほとんどの人は残念ながら、自分自身の力では基礎を十分に学ぶ事は難しいです。

プログラミングの専門学校はコスパが悪い

そして仮に基礎を学んだとしても、実際に即戦力として使えるだけの力を身に付ける事は難しいでしょう。この場合には、独学で学習するのではなく専門学校やスクールなどに通った方が良いです。お金の問題を考えたとき、専門学校とスクールの場合にはスクールの方が安くなるケースが多いです。専門学校の場合は、1年間で1,000,000円以上のお金がかかることもあり、大きな負担になりかねません。一方スクールの場合は、その半分位の金額で学ぶことが可能です。

高校生でプログラミングを学習するならプログラミングスクール

金額だけを比較した場合、専門学校よりもスクールに通ったほうが良いのではないかと考えるはずです。ただ、専門学校とスクールの違いは学校法人になっているかなっていないかの違いと言っても良いかもしれません。学校法人の場合には、法律に定められた決まりがあり、例えば校舎が必要になるわけです。つまりオンラインだけでできる専門学校と呼ばれるものは存在しません。もちろん時期的に、オンラインにせざるを得ない場合もあり、この場合にはオンラインになりますがそれ以外の時期は基本的に通学することになります。また、生徒の人数に対する建物の面積等も決まっています。例えばいくら狭い専門学校であっても、生徒が500人いるのに敷地が全くないようなところはありません。それでは、学校法人として大きな問題があるからです。まず法律に引っかかってしまうでしょう。

高校生でプログラミングを独学で習得するのは東大受かるよりも難しい

一方でスクールの場合は、特に学校法人と言うわけではないとすれば基本的に登校する必要はありません。そうすると、経営する側もオンラインだけで授業をすることもできるわけです。よくネット上でオンライン通信講座等と紹介しているところもありますが、そのようなところは間違いなく学校法人ではありません。信用で言えば、学校法人の方が上になりますが、かといってスクールと呼ばれるところが完全に信用がないかと言えばそのような事はないです。基本的に、スクールであっても多くの人から愛されて信用されているところもあります。これに関しては、ネット上の情報で判断するしかありません。いずれにしても、校舎がなくても経営できるため、授業料をそこまで高くする必要はありません。とはいっても全く建物がないわけではなく、たいていは経営者がどこかのビールなどを借りています。そこが本部となっており、そこからオンラインの講座の動画を排出したりするわけです。
このようにそれぞれ違いはあるものの、できるだけお金をかけたくないならばスクールで充分といえます。学生が何を目標にするかにもよりますが、基本的には最低3ヶ月ぐらいはかかります。特に高校生の場合は、学業が他にあるためそちらをおろそかにしてプログラミングばかりをしない方が良いです。あくまで学校の勉強をした上で、プログラミングの勉強をしていくのが基本になるはずです。

高校生がプログラミングを独学で学習するのは厳しい
最新情報をチェックしよう!