高校生がプログラミングをオンラインで学習出来るスクール

高校生がプログラミングをオンラインで学習出来るスクール

高校生がプログラミングをオンラインで学習出来るスクール

高校生がプログラミングを習得したいと思っても、プログラミングスクールが多すぎて、どのようにして選んだらいいかが分からないかと思います。

今回は、プログラミングスクールを選ぶ際の選定基準から紹介していきます。

高校生のなりたい職業にプログラマーがランクインする時代になった

高校生には様々な人がいる中で、将来を見据えて仕事を考えている人も少なくありません。最近の子供は夢がないので、将来に対して何も考えていないあるいは全く夢を持っていないと批判する大人もいるかもしれません。しかし実態はそのような事はなく、1部の人を見れば確かにそうかもしれませんが確実に夢を持って前進している人もいます。この場合には、親等を始めとする身近な大人としてもその子供が将来希望している仕事につけるように支援をしてあげる必要があります。
高校生が将来なりたい仕事の1つに、プログラマーがあります。プログラマーになりたいと考えている子供の多くは、プログラミングを学校で習ったからかもしれません。今の小学生から実は学校でプログラミングの授業があり、それを学ぶことでパソコンの楽しさを知ることができます。結果的に、将来そのような仕事につきたいと考えるでしょう。

プログラミング学習で最も難しいのは『継続すること』継続出来れば、スキルが積み上がっていく。

プログラミング自体が難しいのではありません。実際に高校生でもバリバリ開発しています。

挫折しそうな人は環境を変えましょう。オンラインでも良いので、仲間がいて強制的に学べる環境に飛び込もう。

— ゆーや@ITスキルで2拠点生活(福島⇄東京) (@yu_nocode) January 29, 2022

高校生のうちからプログラミングを学習しておけば仕事はいくらでもある

ただ実際には、何もないところからいきなり就職をしてそのような仕事に就く事は若干難しい部分があります。全く条件などを考えていなければ資格を取得していなくてもあるいは技術がなくても採用してくれるところがあるかもしれませんが、やはりしっかりとした職場に入りたいならばある程度技術や資格が必要なところです。そこで、学生のうちからプログラミングを学んでおくことが必要です。

 

【プログラミング言語 Pythonとは?】
オブジェクト指向の言語。読みやすく書きやすいと言われています。
コードが読みやすいといったメリットがあります。
AI(人工知能)の開発に最適な点が大きな特徴で、Webサービスの開発、データ解析・分析ツールの開発も。
徐々に導入企業が増加中#python

— 関西の高校生向けプログラミング情報 (@kansi_hs_eng) February 2, 2022

高校生がプログラミングを学習する方法

これを学ぶ方法は2種類あり、1つは独学で勉強する方法です。独学で勉強するメリットはなんといっても、お金がかかりにくいことです。そのため、金銭的に大きな負担が難しい高校生やその親にとっては、独学で学ぶ方法は確かに有利な方法と言えるかもしれません。しかしその反面デメリットがあることも認識しておかなければいけないでしょう。デメリットの1つは、独学で学んだ場合に正しい内容を知ることができないケースがあることです。間違えた方向で勉強してしまえば、その時間が無駄になってしまうかもしれません。もう一つのデメリットは、わからない時に質問ができないことです。そのため、モヤモヤした状態で勉強を続けなければいけません。
独学で学ぶ以外の方法の1つは、プログラミングスクールに通うことかもしれません。スクールと言えば、専門学校などをイメージする人も多いです。確かに専門学校を卒業してそのような資格を取得している人は少なくありません。しかしながら、最近は比較的短期間であまりお金をかけずに取得できるスクールも存在しています。そのようなところならば、高校生活で学校の勉強しながら放課後か土曜日や日曜日等の空いてる時間にプログラミングに関して学ぶことは可能です。

高校生でも通えるプログラミングスクールの探し方

ではどのようなスクールが良いかは気になるところですが、概ねいくつかの選び方のポイントがあります。ポイントの1つは、料金に関してです。お金が無尽蔵にある家庭ならば、それでも良いかもしれませんが実際には平均的な家庭の場合だとそこまで十分なお金がないケースがほとんどです。特に、私立高校に通っている場合やこれから大学受験をする場合には大きなお金が出ていく可能性も考えなければいけません。
そのように考えるならば、金銭的な負担の少ないが後に通うのが1番です。金銭的な負担が少ないオンラインの学校に通うのが魅力的かもしれません。数学の学校になると、電車賃だけでなく学校側が教室を用意しなければいけないため、テナント代等の経費がかかってしまいます。最初から学校側が教室を所有しているケースは少ないため、やはり学校側もテナント代があることを考えれば学費を安くすることは難しいです。やはり、金額の面で言えばオンラインが1番といえます。

高校生がプログラミングスクールを探す際に大切なこと①講師の質

次に、講師の質が重要になるところです。学校によっては、講師の質があまり良くないところもあります。とりあえず講師の人数だけを揃えてオープンしたようなところもあるのが事実です。そのようなところに通っても、本当の学習をすることができないかもしれません。そこで、ある程度経験が豊かで教え方の上手な先生がいるところを選択してみましょう。入学する前に、そのようなところを選ぶならば、事前に情報を得ることが必要です。例えば、最近はインターネット上で口コミや評判などを知ることは大事になります。口コミ等は、あくまでその学校のオンラインの授業に参加した人の主観でしかありません。同じ講師であっても、相性が良ければ良いイメージの内容を書くでしょう。逆に、相性が悪い場合にはネガティブな書き込みがあります。一方的にどちらかを信じるのではなく、両方をバランスよく信じて判断するのが1番良い考え方と言えるかもしれません。

高校生がプログラミングスクールを探す際に大切なこと②アフターフォローの質

それ以外に気にしておくべきことが1つは、アフターフォローが充実しているかどうかです。スクールによっては、十分にフォローしてくれるところもあり、わからないところなども講師に直接質問できるケースがあります。しかしそこまで配慮していない学校も存在しており、その場合は何か分からないところがあっても質問すら受け付けてくれないケースもあります。入学する前にその点をよく調べておくことです。

高校生がプログラミングをオンラインで学習出来るスクール
最新情報をチェックしよう!