高校生でもプログラミングが出来れば在宅でバイト可能なのか

高校生でもプログラミングが出来れば在宅でバイト可能なのか

高校生でもプログラミングが出来れば在宅でバイト可能なのか

コロナが流行しているので自宅で安全に稼ぎたいと考えていませんか?

今回は高校生でもプログラミングを習得すれば、在宅バイトが可能かどうかを解説していきます。

高校生がプログラミングの在宅バイトは可能

高校生になって勉強や部活に忙しく、アルバイトをする時間が中々とれないと悩んでいる方は少なくありません。そこで自宅で空いた時間を活用して仕事ができる在宅バイトが注目されていますが、その中でもある程度のパソコンスキルを持っている人はプログラミングに関する仕事に挑戦したいという声も増えてきています。最近では自宅にインターネット環境とパソコンがあれば、誰でも始められる未経験者向けの在宅ワークも充実しているので初心者でも気軽に始めることが可能です。

高校生がプログラミングを習得するには300時間は必要

プログラミングの在宅バイトは基本的にアルバイトとなるので、最近では学生や主婦でも空いた時間を利用して気軽に始められるメリットがあります。ただしこの仕事は未経験者の場合、最初にある程度スキルを見つけていることが前提であり、基礎知識を習得するためには平均で200~250時間ほど必要といわれています。学生の場合普段の授業や課題をこなしながら勉強をする必要があるので、将来プログラマーを目指しているなど目標がある方なら計画を立てて確実にスキルを身につけることが求められます。

高校生がプログラミングの仕事を探す方法

実際に在宅バイトの仕事を探す方法とは、基本的にクラウドソーシングサイトを利用する方法と人材紹介会社を使うこと、求人サイトを使うことの3種類があります。まずクラウドソーシングサイトは様々な種類があり、サイトによって取り扱っている仕事内容は大きく異なります。数あるサイトの中でもプログラミングの求人を出しているのが、Crowdworkなどが有名で専門スキルを持っている人であれば仕事を請け負うことが可能です。
クラウドソーシングサイトの特徴は、時間や場所にとらわれない働き方を希望する個人と、企業がマッチングするサイトなので、誰でも自由に応募することができることが大きな強みであり、初めて在宅バイトを始めるという方にも非常に有効です。未経験歓迎といった条件で募集している案件もありますが、基本的に最低限の知識とスキルは求められる仕事なので、スキルを習得してから取り組むことが重要です。
人材紹介会社では最初に自分の実績やスキルを登録した上で、データを元に採用か不採用かを決めるという形を取っており、初心者で高校生の場合採用されにくいデメリットがあります。ただしスキルに精通しており、ある程度の実績を積んでいる場合には仕事が見つかる可能性もあるので経験者には仕事が探しやすい場所です。

高校生がプログラミングで稼ぐには徐々に難易度を上げていくこと

求人サイトは比較的多くの案件が掲載されているので、相場や条件の良い会社を見つけることができる可能性が高いです。ただし人材紹介会社と同様に初心者で高校生の応募者では、採用してくれる会社が少ないというデメリットがあります。そのためスキルを証明できるような実績を持っていることを前提に、仕事を探すことが必要です。
高校生で未経験者だけれど、プログラミングの仕事を目指したいと考えている人がまず行うべきなのが、仕事で欠かせないプログラミング言語を習得することにあります。仕事を募集しているクラウドソーシングサイトでは、一般的にホームページ作成やWordPressについての案件が多い傾向にあるので、始めはHTMLやCSSといったWeb系のプログラミング言語を勉強をしていけば、最終的に自分でホームページを作成できるといった、最低限の技術を身につけることが可能です。

高校生がプログラミングで稼げるようになるためにはスクールに通うこと

スキルを身につけるためにはある程度の時間をかけて勉強をする必要がありますが、高校生が独学で勉強を行うには時間も手間もかかるため、多くの人が専門学校やプログラミングスクールに通って勉強を行っています。
ただ高校生にとってスクールに通うのは金銭面的に難しいと感じるならば、無料で勉強ができるサービスを活用したり本屋で購入できる教本を元に地道に勉強をするという方法もあります。ただし学習を進める上では原因がわからないけれど、思ったようにプログラムが動かないといった自体が頻発するため、詳しい人の助けを得られない環境では、自己解決が難しく挫折してしまうリスクがぐっと高くなります。未経験でもスキルを習得し、在宅での仕事を狙いたいならばスクールに通うなど、先生のいる環境で学習を行うことが最も効率的といえます。
ある程度スキルがついたら、自分でWebサービスを作成してみることが大切で、自分で作ったサービスは技術の習熟度を示す資料となり就職活動や営業の際に役立ちます。クライアントや志望企業に技術レベルをわかってもらった上で契約できるので、スムーズに仕事を請け負うことができます。
専門スキルが求められる仕事は学生のうちでは難しいのではと諦めてしまう方は多いですが、若いうちから早めにスキルを身につけて実績を積むことで、自宅で行う仕事が請け負いやすくなります。また将来フリーランスのプログラマーとして活躍するきっかけにも繋がるので、バイトで仕事をしながら経験を積んでいくことが大切です。

高校生でもプログラミングが出来れば在宅でバイト可能なのか
最新情報をチェックしよう!