高卒でもプログラミングを習得するとこんなにも稼げる

高卒でもプログラミングを習得するとこんなにも稼げる

高卒でもプログラミングを習得するとこんなにも稼げる

高卒だとあまりいい企業に入れないので、稼げないという先入観を持っていませんか?

プログラミングなどのITスキルを習得してしまえば、学歴など関係なく稼げることを本記事で解説していきます。

高卒でもIT業界で働くためには

コロナ渦の影響で新卒採用を見送る企業も若干ではあるけれども増えているなどからも、大学を卒業しても希望の会社に就職することができないなど、大学への進学をあきらめて専門学校に通って専門的な知識および技術を身につけて即戦力の形で働くなどの考え方を持つ学生さんも多くなっているようです。

また、専門学校に通うとなるとお金がかかるので独学で勉強して就職を考えるケースも多いようですが、そもそも高卒でプログラミングを学んで稼げるのだろうか、このように考える人も多いのではないでしょうか。

この記事では、高卒でIT業界で働くためのコツや基礎知識について解説することにしましょう。

今後ますます個で稼ぐ力を身につけるべきで、コロナでリストラされた女友だちが「高卒で資格も持たない私を雇ってくれる会社がない。生きていけない」と、うつになりかけてた。私もプログラミングを勉強し、案件取りまくった事がある。女性だって自分の力で稼げるし、お金の余裕か心の余裕を生み出すよ

— いわまい (@iwamai_positive) October 13, 2021

高卒でもプログラミングスキルあれば大卒よりも稼げる

高卒でもIT業界で働くことは可能、その理由にはエンジニアに求められることは学歴ではなくプログラミング技術などが挙げられます。

そのため、大卒の人でプログラミング技術が低いエンジニアよりも、高卒で技術が高いエンジニアの方が優秀であり大学に通うよりも高校を卒業する段階で技術を磨く努力をしている人の方が稼げる可能性があるわけです。

一般的な会社の給料は、最初の間は高校卒業の社員よりも大学卒業や大学院を卒業した写真の方が高くなりますが、エンジニアにおいて学歴は関係ないので高校を卒業して直ぐに入社した社員でも、技術が乏しい大学卒業の社員より給料が高くなる可能性があります。

これらのことからも、エンジニアを目指して人生を豊かにするために求められることはスキルになることが分かります。

 

東大にいけるにこしたことはないが、入って燃え尽きるよりは、たとえ、Fランク大学にしかいけなくても、そこで一生懸命勉強すれば、その経験は財産になる。稼ぐ、という点だけでいえば、独学で、WEBやデザイン、プログラミングをきっちり学べれば、実は、どこの大学卒でも大差ない。高卒でもいい。

— ユウサク (@yusaku_DQX) January 14, 2022

学力とプログラミングスキルは比例しないので高卒でも稼げる

ところで、エンジニアになるためには頭が良くないとなれない、このようなイメージを持つ人も多いようです。

これからエンジニアを目指そうとする人などは、第一線で活躍しているような人々は頭が良い人が多くてプログラムを書くことはとても難しいこと、パソコンが得意でなければなれない職業などのイメージを持っている人も多いといえます。

ただ、これらは全て正しいことではなく偏差値は50程度の普通の学力を持つ人であればエンジニアの道は遠くはありませんし、プログラムを書くことも最初の間は難しく感じることもあるけれども、弁護士や医師などの国家試験と比較した際にはとても簡単なもの、あくまでも1つずつ冷静になり紐解いて行くことで解決できますし理解力を高めることも可能です。

プログラミングを習得するのに必要なのは考え方

パソコンが得意でなければエンジニアになれないイメージですが、大学を卒業した学生さんの中には文系の学部でパソコンはあまり得意ではなかったけれどもエンジニアで活躍している人も少なくありません。

勉強している内にパソコンは自然と使えるようになりますし、最初は基本的なことしかできなくても、継続的に取り組むことで応用力が身について最初の頃には考えることができないような高レベルの操作などもできるようになります。

高校時代勉強が好きではなかった、むしろ苦手意識が強かったなどの経験を持つ人も多いことでしょう。

学校の勉強の多くは暗記によるもので、プログラムを書くことは暗記ではありませんし顧客に用語を丸暗記して顧客に説明するなどの仕事ではないため、勉強が苦手だった人でもエンジニアの道はあります。

要は考え方次第であること、分からないときにはネット検索を行えば良い、このような考え方で挑めば良いのです。

プログラミングの習得にはスクールがコスパ良し

プログラミングの勉強の方法ですが、一つは独学で行うやり方がありますが独学の場合は基礎的なことを学ぶときにはおすすめですが、応用力を身につけるとなったときには専門スクールに通うことをおすすめします。

高校時代から、独学でプログラムの基本を学んでおいて高校を卒業して段階で専門スクールに入学します。

この段階では他の学生さんとは違って基礎的な知識や技術を身につけているので、最初の間は退屈に思えても応用力を身につけるためのカリキュラムが始まれば他の学生さんよりも差を付けることもできます。

高いスキルを身につけるためにはスクール選びがとても大切なので、カリキュラムの内容や料金などを見てコストパフォーマンスが高い学校を選ぶと良いでしょう。

プログラミングだけでなく学び続けることが大切

社会人になってエンジニアの道に行くことになる、この場合も常に勉強は継続的に行うことが稼げるエンジニアになるコツです。

情報は常に変化し続けていて、新しいことへの取り組みも行われています。

これは以前と同じようなやり方をしているのではライバル企業に勝つことができない、差別化を図ることこそが競合する企業の差を作り出し受注案件が増えることになります。

新しいことへのチャレンジはエンジニアにとって有意義なものですが、これを成功に導くためには情報を常に収集できるようアンテナを張っておくこと、新技術がネットの中などで登場したときにはそれをしっかり把握して理解できるようにする、これもプログラミングで稼げるための秘訣に繋がって来ます。

仕事を始めると、自分で勉強するための時間が少なくなるけれども限られた時間の中だけでも良いので毎日少しずつ勉強を続けることをおすすめします。

高卒でもプログラミングを習得するとこんなにも稼げる
最新情報をチェックしよう!