高校生がプログラミングで稼ぐにはどうすればいいのか

高校生がプログラミングで稼ぐにはどうすればいいのか

高校生がプログラミングで稼ぐにはどうすればいいのか

高校生でプログラミングを習得して将来稼げるようになりたいとか、中には高校生のうちに稼げるようになりたいと考える方もいるかと思います。

今回は、そんな高校生の方のために、高校生がプログラミングで稼ぐにはどうすればいいかを解説していきます。

高校生はプログラミングのような専門知識を持っていれば稼げるチャンスが激増

最近の日本の学生は小学校や中学校の時、学校でプログラミングを学ぶケースがあったため、それに興味を持っている学生が多いです。

例えば高校生などを見ても、自分は将来プログラマーになりたくてプログラミングを学びたいと考えている人もいます。

この場合には、ある程度具体的に将来のことを考えステップアップしていくことが大事です。

では、現在ある未熟な知識から将来プロとして役立てるために、そしてお金を稼ぐためにはどのように階段を上っていったらよいでしょうか。

まず1つ目のポイントとしては、技術をより身に付けることです。

現在高校生ならば、まず専門的な勉強することが必要です。

世の中は、上位2割で成り立っていると言われており、これはどの世界でも共通している部分です。

これはどのような意味かと言えば、ある特定の分野の仕事であっても、本当に稼げている人は上位2割しかいないわけです。

残りの8割は、同じ会社員であっても対して会社に貢献をしておらず、大抵の場合その会社に貢献している人は上位2割です。

1つの会社であってもそのような状況ですので、会社の中で重要な人物はより良い待遇となっていき、出世をしていくわけです。

僕が中学生・高校生でプログラミングを覚えて稼ぐなら、自分でサービスやアプリを作って稼ぐ。学生ができるプログラミングアルバイトはないし案件もないので、アフィリエイトや課金を活用して自分で作って稼ぐ。少し稼げたらやり方をブログやYouTubeで発信して、また稼ぐ👍 #プログラミング初心者

— こばやしよしのり🍎iOSエンジニア転職・オリジナルアプリ開発スクールCodeCandy (@yoshiii514) April 1, 2020

高校生が将来有望なプログラマーになるための初めの一歩

会社単位でなく個人単位であっても、やはり同様のことが言えるでしょう。

例えばプログラミングの仕事をする場合でも、本当に能力のある人は上位2割程度しかいません。

残りの8割は、たいしてお金を稼ぐことができないか、全く役に立たないレベルの能力しかないことが考えられます。

このような事実が世の中にあるとすれば、まず将来プログラマーとして食べて行きお金を稼ぐためには、上位2割に入ることが必要です。

上位2割に入るためのコツとしては、まず基本的なことを身につける事は当然です。

そもそも基本ができていないと、そこから応用していく力は絶対に出てきません。

高校生の段階ならばいきなり高いレベルのことを考えるのではなく、まずは基礎をしっかりと学び、どのような応用でもできるようにしておくことが重要です。

高校生が稼げるレベルまでプログラミングを学習する方法

この時、独学で学ぶ方法もありますがそれよりやはり人から学んだ方が良いかもしれません。

人から学ぶとは、詳しい人に直接学びに行くと言うよりも、スクールに入ることです。

最近は、専門学校等でなくてもインターネットのオンラインの授業で比較的安く基礎を学べるところもあります。

専門学校の場合には、1年間で1,000,000円以上のお金が必要になるため金銭的な負担も大きく、当然ながら通学しなければいけません。

ですが、高校生のうちに専門学校に入るわけにはいかないため、自宅で学べるオンライン授業を選び、そのスクールの受講生になるのが近道です。

オンラインのスクールの場合は、3ヶ月から6ヶ月程度で基本的なことが学べるコースも存在しています。

大抵の場合学習の内容はパッケージングされており、3ヶ月コースで20万円あるいは半年コースで300,000円などと料金設定がされており、カリキュラムも既にできあがっています。

オンラインの場合であれば、学校のテスト勉強の妨げになるような事はないでしょう。

何故かと言えば、いつでも好きな時間に学ぶことができるからです。

オンラインの場合、学校のテスト勉強が終われば今まで溜まっていた分の学習を一気に空いている時間ですることもできるわけです。

 

最近は中学生・高校生も
ブログやプログラミングやってる!😲

時代は令和
個人で稼ぐ働き方に
シフトするのは間違いないね!

今の若者は
自分で稼ぐ力を持った状態で
社会人となる訳ですから

会社員って
今後減っていくよね。。

今でこそ人手不足ってなってるのに😱

取り残されないよう行動しよ!

— ラテ王子 (@dreamers_cafe8) May 20, 2020

高校生でもプログラミングに一定以上のスキルがあればかなり稼げる

次に必要になるのは、基本ができたのは実際に仕事をしてみることです。

いきなり応用の学習をしてさらに深い学習を押すしても良いですが、実際に仕事をしてお金を手に入れてみることがより実践的でありお金を稼ぐためには重要です。

高校生のうちにお金が手に入らないケースもありますが、クラウドソーシングのサイトなどに登録すればお金を稼ぐことができるケースもあります。

学生であっても18歳を超えていれば、お金を稼ぐ事は難しくないでしょう。

よく、プログラマーなどで年収5,000,000円を超えている人がいますが、高校生の段階でそこまでいくかと言えばやはり難しいです。

なぜなら、クラウドソーシングに登録した場合は個人として登録するのであり、給料をもらうわけでは無いからです。

給料をもらわないと言う事は、基本的に特定の会社の中に所属しているわけではないため仕事が回ってきにくいです。

だからといって、クラウドソーシングで稼げないかと言えばそのような事はありません。

なぜなら、実際にそのようなサイトでたくさんのお金を稼いでいる大人もいるからです。

プログラミングで稼げるかどうかは高校生かどうかよりもアレが大事

稼げる人と稼げない人の違いは応用力の有無もありますが、何よりその人の信用が重要になります。

クラウドソーシングにおける信用とは、今までどれだけのプログラミングの仕事をしてきたかといった結果の部分に注目されるでしょう。

クライアントの関係で、仕事を引き受けて、満足できる内容のものが仕上がれば加えクライアントのほうも良い評価をつけてくれます。

この評価がそれこそその人の信用になるわけです。

評価は1つか2つ付けただけではほとんど役に立ちませんが、これが50個になり100個になるとそれがやがて高い評価となり、単価の高い仕事を引き受けることが可能です。

高校生がプログラミングで稼ぐにはどうすればいいのか
最新情報をチェックしよう!