高校生でもプログラミングを体験できるのか

高校生でもプログラミングを体験できるのか

高校生でもプログラミングを体験できるのか

高校生がプログラミングに興味があっても環境構築などハードルが少し高い部分もあり、気軽に始めるのは少し難しいかと思います。

高校生が気軽にプログラミングを体験するにはどうしたらいいのかを解説していきます。

高校生がプログラミングに触れる機会は少ない

プログラミングに対して専門技術という印象を持っており、高校生が取り組むのはまだ早いと感じる人もいるでしょう。

しかし実際には、情報分野が必修科目に入るなど、子どもたちにとって身近な存在になっているのは確かです。

したがって、高校生でも体験できる環境が十分に整えられています。

とはいえ、どこで最初に学ぶのかよく考えなければなりません。

なぜなら、いきなり難解な印象を持ってしまうと、その後もずっと苦手意識を持ちやすいからです。

このようなリスクを避けたいなら、面白いと感じさせてくれる環境を吟味する必要があります。

さて情報Iの必修化で、文系・理系を問わず情報の基礎を高校からより学ぶようになるのですが、「情報学部」の学生はどうなるでしょうか?

おそらく、ますます情報学の深い学識が要求されるようになりますね。

つまり高校生ならだれでも、確率統計や機械学習プログラミングの基礎を習得するので。

— 片桐 孝洋 (@Taka_Katagiri) February 6, 2022

高校生がプログラミングに触れる方法は主に2つ

具体的には独学と講義の2種類があり、どちらにもメリットがあります。

独学というとハードルが高そうに感じるかもしれませんが、昔と違って自分だけで学習できる環境も充実してきました。

書店に行けば入門書がずらりと並んでおり、図表を使って分かりやすい解説が書かれています。

コンパイラをはじめとする実行環境も今は容易に入手が可能です。

かなり高性能なものも学習用として配布されています。

もちろん、本格的なソフトウェアを組むうえでは物足りませんが、初心者がプログラミングを試すなら十分です。

さらに、プログラミング言語も簡単なものが増えてきました。

小学生でも直感的に使えるような図柄を使うタイプもあります。

ブロックごとに変数や命令が割り振られているので、それらを繋げていくだけでプログラムが完成します。

そのため、最初から独学でスタートする人も珍しくありません。

とはいえ、やはりプロに習ったほうがスムーズに上達できます。

上記の簡易なタイプは、あくまでも本格的なコーディングを学ぶ前の訓練です。

高校生がスキルを磨いていくなら、やはりテキストベースの環境で勉強したほうが良いでしょう。

そうなると独学だけでは難しいと感じやすくなります。

ループに代表される文法について覚えるだけでなく、ある程度は英語についての知識も必要です、日本語でコメントを書くことも可能ですが、グローバルな市場を視野に入れると、英語で書く習慣を身につけるのが望ましいです。

そもそも命令に使われる構文も基本的には英語がベースになっています。

それに加えて論理的な思考も不可欠であり、そこでつまずいてしまうケースが多く見受けられます。

因果についてよく考える奥深さや、すぐフローチャートを脳内に描けるだけの想像力が必要です。

これらをいきなり独学で経験するのは不可能ですが、プロが指導する場合は段階を踏んで無理なく学んでいけます。

 

僕は身につけたいスキルが盛りだくさんです。

・Webデザイン
・Webマーケティング
・プログラミング
・コピーライティング
・動画編集

これを一日で身につけるなんてことは「神様」くらいにしかできないので人間の僕は一つずつ今できることを積み上げていく!
そこのあなたは?

— いっちゃん!高校生が100日後に社長に? (@MY_ityanhouse10) February 4, 2022

高校生が現役のエンジニアにプログラミングを教えてもらうには

そう言われても、プロに教えてもらう方法が分からないという人もいるでしょう。

その場合は、とりあえずプログラミングスクールを探してみるのが得策です。

需要の高まりを受けて、開校する新規スクールが増加しています。

とはいえ、どこを選んでも良いというわけではありません。

カリキュラムをしっかり見たうえで、自分に合っていると思えるスクールを選択しましょう。

体験だからといって甘く見ていると、無駄な時間ばかり使うことになります。

チェックするときのポイントは授業の題材であり、それに関心がなければ避けるのが無難です。

題材として最近多く使われているのがロボットです。

ロボットといっても大型ではなく、机上で動かせる小さなタイプです。

その動作のフローをプログラムで構築していきます。

1回の授業で行えるのはシンプルな動作だけですが、実際に動く様子を見て喜ぶ高校生はたくさんいます。

その後も通うなら複雑な動作を行わせたり、ちょっとしたAIを盛り込んでいくことも可能です。

高校生がプログラミング体験するにはオンラインのプログラミングスクールがおすすめ

一方、オンラインで体験できるところも急増しています。

ロボットのような物理的な題材は向いていませんが、アプリなら簡易なものを1回の授業で作れます。

たとえば家計簿アプリであれば、四則演算を行えるだけでの知識があれば十分です。

ゼロから制作するのはなく、初心者向けのフォーマットが用意されており、そこに基本的な構文を入力していきます。

そして仕上げたアプリは自分で使えるため、もっと作りたいという欲求が湧いてくるのです。

このように、さまざまなパターンで体験が可能であり、次に活かすための選択を行うことが求められます。

高校生の場合、部活や塾で忙しいことが一般的です。それゆえ、腰を据えてじっくり取り組む時間を確保できないケースもあるでしょう。

要点だけを手早く教えてくれるコースなどもあるため、オープンスクールなどを利用して詳細を確かめることが大切です。

プログラミングスクールの体験会に参加すると割引もあるので参加しないと損

なお、申し込む前に規約について確認することも欠かせません。

たとえば、体験会に参加した人は入会金が免除になるような特典を設けているところも多いです。

一方、入会を断りにくいスクールもあるので、事前に口コミサイトなどに目を通しておいたほうが安心できます。

あくまでも未成年であるため、基本的に入会には親の同意が必要です。

参加して自分に合っていると思ったら、資料をもらって親に説明すると良いでしょう。

高校生でもプログラミングを体験できるのか
最新情報をチェックしよう!