高校生がプログラミングを勉強するためにはどんなパソコンが必要なのか

高校生がプログラミングを勉強するためにはどんなパソコンが必要なのか

高校生がプログラミングを勉強するためにはどんなパソコンが必要なのか

高校生からプログラミングを勉強しようと思った後、必要になるのがパソコンです。

今回は、プログラミングに必要なパソコンとは何かを紹介していきます。

高校生がプログラミングを勉強する際に必要なパソコンのスペックとは

高校生がプログラミングを勉強するにあたり、どのようなパソコンが必要なのかわからない、自分が持っているものでも勉強することができるのだろうかと悩んでいる人も多いかもしれません。どのような作業を行うのかにより、必要なスペックは異なるでしょう。まずはプログラミングに必要となる最低限のスペックについて把握しておくことが大切です。
まずCPUの場合には最低でもCorei5は欲しいところです。もしも予算に余裕があるのであれば、Corei7にしておくことが望ましいです。Macを使いたい場合には、M1チップも良いですが、中には一部未対応のソフトウェアもあることから、事前に調べておく必要があります。メモリは8GB以上がおすすめであり、16GB以上にすると、マルチタスクなどの場合にも余裕をもって作業を行うことができます。ストレージに関してはSSDで256GB以上あれば問題はありません。このようなスペックを満たしているものは、Windowsの場合には様々なメーカーのエントリーからスタンダードモデルに含まれています。Macの場合には、現行モデルを選ぶことにより、全て満たしているので問題はないでしょう。

高校生がプログラミングを勉強するパソコンはMac?Windows?

プログラミングを始めるためには、作業を行うパソコンが必要になります。だからといってどのようなものでもよいというわけではなく、プログラミングに向いているものがあるのが事実です。パソコンによりできることが異なるため、何を作りたいのかにより、モデルを選ぶことが求められます。一言でパソコンといっても種類によりできることが根本的に違い、機械の中にはオペレーションシステムと呼ばれる作動させるための頭脳のようなシステムが動いています。この種類によりできることがかなり変わってくるのです。これから購入するのであれば、一般的にはWindowsかMacOSを選ぶことになりますが、世の中に出回っているものの多くがどちらかと言えるでしょう。ソフトウェアやシステム、アプリケーションにより、どちらかしか使えないこともあるため注意が必要です。具体例を挙げるとパソコンゲームソフトの場合にはWindowsでのプレイが大前提です。ゲーム開発を行う場合にはWindowsPCを使わなければならないことがわかります。反対にアップル製品向けのiPhoneのアプリなどの開発を行いたいと言うのであれば、WindowsPCよりもMacを選ぶべきです。Apple製品向けのアプリを開発するためにはXcodeと呼ばれるソフトを使うことになりますが、これはMacのみ使用が可能となっています。このようなことをあまり考えることなく購入してしまった場合には、いざ作業を始めた時に自分が作りたいと思っていたものの開発ができないという可能性も考えられます。まずはどのような開発を行いたいのか、自分がどのようなものを作っていきたいのかを考えた上で、購入するものを見定めることが大切です。そしてスペックは作業の効率にも大きく関わってくると言えるでしょう。スペックとはCPUやメモリー、ハードディスクなどのことを指しますが、スペックの高いものであれば動作が速く、一度に多くのアプリを起動させられたり、保存容量が大きになど数多くのメリットがあります。プログラミングを行う場合にも、このようなスペックの高さは大きく影響してくるでしょう。作業のしやすさもかなり変わってくることがわかります。値段が安くスペックの悪いものは、開発が思うようにできずストレスを感じながら作業をすることにもなります。

高校生がプログラミングを勉強するパソコンはノートPCであれば何でもいい

このようなことから、高校生がプログラミングをするにあたり選ぶパソコンの基準としては、まず最初にノートタイプを選ぶようにしましょう。キーボードと一体型で持ち運びができ東天紅性能のものも多く、どこでも手軽に着手することが可能です。デスクトップ型の場合には自宅やオフィスなどと言うように決まった場所でしかできないので、不便に感じることがあるかもしれません。近年では勉強会やセミナーなども盛んに行われていて、このような時に自分のノートを持っていき、いつもと同じように使うことができるのは非常に便利です。セミナーの内容を保管できるだけではなく、教わったことをすぐに確認できる点は無駄がないことです。それに加え後にスクールに通いたいと考えている場合には、自分専用のものを使うことになるため、持ち運びできるものを選ぶべきです。そして画面の大きさについてですが、一般的には画面が大きい方が作業がしやすくなります。ノートタイプであれば13インチはあると便利です。そして予算も考える必要がありますが、一台の値段が高いので点々できるだけ費用を抑えたいと思うものです。複数の機種で迷った場合には、値段の安い方を選ぶのも良いですが、その際にもSPECをしっかりと比較しましょう。このように自分がやりたい作業に対してどれぐらいのスペックが必要なのか、また値段を考えた時にどの辺りを妥協するのかなどをしっかりと定めておくことが大切です。

高校生がプログラミングを勉強するためにはどんなパソコンが必要なのか
最新情報をチェックしよう!