高校生でもプログラミングスキルがあればクラウドソーシングでこんなにも稼げる

高校生でもプログラミングスキルがあればクラウドソーシングでこんなにも稼げる

高校生でもプログラミングスキルがあればクラウドソーシングでこんなにも稼げる

プログラミングスキルは今後更に重要性を増すことは確実です。

高校生でもプログラミングさえ習得してしまえば、クラウドソーシングで稼ぐことも可能です。

今回は、高校生がプログラミングで稼ぐにはどうしたらいいのかを紹介していきます。

高校生はプログラミングスキルさえあれば自宅から稼ぐことが可能

時代とともにそのお金の稼ぎ方は随分変わってきており、実は江戸時代から昭和の終わりぐらいまではそれほどお金の稼ぎ方は違いがありませんでした。基本的に対人関係で稼ぐことが多く、自宅にいながら稼ぐケースは内職位だったといえます。もちろん中には、ビジネスの仕組みを確立しており、自宅でのんびりと過ごしながら不労所得でお金を稼いでいた人もいるかもしれません。例えば株式投資などがこれに該当します。しかし、そのような稼ぐ風は異常に例外的な内容であり一般的に多くの人が実践しているやり方ではありません。

クラウドソーシングを利用して稼ぐ高校生も増えている

確実にお金の稼ぎ方が変わってきたのは、平成になってからと言えるでしょう。平成になってから変わったことといえば、インターネット網が全国的に広がってきたことです。インターネットの存在は、すでに1980年代からあったと言われていますが、企業間で使っていたものが一般的でした。ところが1995年以降は、一般庶民にも開放されており次第に浸透してきました。ポケベルの時代から、一気に折りたたみ式の携帯電話の時代になりその時インターネットが広まってきたといえます。これにより、クラウドソーシングなども発達して結果的に自宅で稼ぐことができるようになりました。もちろん会社でクラウドソーシングを利用しながら稼ぐ方法もありますが、最近はもっぱら自宅で稼ぐ人が多いです。

もし、僕がやりたいこと見つかってない高校生や大学生なら以下のことをやりたいな。

1, 語学(英語 ➕ 興味ある言語)
2,プログラミング
3,海外に行って見聞を広める
4,情報発信(ブログ、Twitterなど)
5,少額でも自分でお金を稼ぐ
6,興味あることの学習
7,趣味を突き詰める
8,恋愛

— Hana (@HKLKDK1010) July 2, 2018

高校生がクラウドソーシングで稼ぐ方法

クラウドソーシングで稼ぐ方法は様々なものがあり、そこに需要があればたくさんの供給をすることができます。結果的にお金が動く仕込みになりますが、代表的なものの1つがプログラミングになります。プログラミングは、パソコンがある以上は絶対に必要なものでこれがなくなる事はないと言えるでしょう。最近はAI等とロボットが合体して人間の仕事がいらなくなっていると言われています。実はプログラミングの仕事も、AIがもう少し浸透すれば少しずつ人間のやる内容ではなくなってくると言われていますが、それまでにずいぶんの時間があります。少なくとも、10年以上はプログラミングで食べていくことができるでしょう。

 

だからこそ今年プログラミングを始めた高校生が1ヶ月に2億円以上も稼ぐという快挙をやってのけた、ということを考えると学ぶものがありますね。
どのタイミングでどこにいるか、というのは労力に対するリターンを考える時に非常に重要。

— deg.eth (@DEG_2020) September 30, 2021

高校生は時代の流れに乗ってプログラミングを習得しておくべし

もし今高校生や中学生ならば、そのような時代の流れに敏感になっておきたいところです。いきなり高校生や中学生が、将来を先読みして時代の流れを読み職業を選ぶような事はないかもしれませんので、この場合には大人が忠告してあげる必要があります。学校の先生がそのような時代の流れになる事に対して敏感になっており、それを生徒に指導するのも1つの方法ですが、教育上難しいケースがあると同時に、学校の先生自体がそこまで詳しくない可能性もあるわけです。それならば、大人や自分の子供では無いけども身近に高校生がいる場合にはその大人が教えてあげる必要があります。

クラウドソーシングを使えば高校生でもサラリーマン以上の収入を得ることも可能

クラウドソーシングで、サラリーマン以上の給料を稼いでいる人は少なくありません。当然ながら、高校生でも今から準備すれば稼げる時間はあります。時代とともに稼ぐ方法は変わってくるものの、時代に合わせていけば問題ないと言えるでしょう。言うならば、その時代に合わせて少しずつ自分自身の仕事の仕方を変化させていくわけです。これにより、一生お金に困る事は無いはずです。

高校生がプログラミングスキルを利用してクラウドソーシングで稼ぐ方法

では実際に高校生がプログラミングスキルを所有し、クラウドソーシングで稼ぐ方法はどのようにしたらよいでしょうか。そのためには、資格等は特に必要ありませんが必要最低限のレベルに足しておくことが必要です。そうすると、学生のうちにできるだけ多くのプログラミングに関する勉強をしておき、平均化それ以上の能力に高めておくことが必要になります。おおむね1年から2年もあれば、その能力に達することができるでしょう。高校生の場合は、本業が学校の勉強になるためプログラマーになるための生活をすることは難しいです。ですが部活等をやっていなければ、放課後は家に帰りそこでスキルをコツコツと身に付け、刃を研ぎすますように技術を磨いていけば戦力になります。

高校卒業と共に独立して稼いでいる人も多い

学生のうちにお金を稼ぐ事は難しいですが、高校卒業した後ならば十分に稼ぐことができます。クラウドソーシングの方でも、身分証明書の提出等が必要になるため、年齢制限がかかってしまうのは仕方がないところです。そのため、学生の段階でお金稼ぎは難しいですが、高校卒業したと同時に仕事をスタートすれば将来的に大きな武器になるのは間違いありません。

ただし、個人で稼ぐ場合にはそれなりの信用が必要になるところです。いわゆる、信用を積み重ねていきそれを商売として利用していく方法が一般的です。そのためには、最初から単価の高い仕事などを狙ってもまずうまくいかないでしょう。まずはかなり安い単価がほとんどただ同様で良いので、とにかく経験を積んでいくことです。それがやがて血となり肉となり、多くの人から必要とされる人物になるのは間違いありません。お金を稼ぐためには、お金のことを最初から考えずにやっていくことが大事になります。

高校生でもプログラミングスキルがあればクラウドソーシングでこんなにも稼げる
最新情報をチェックしよう!